こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編。2泊3日で、宮城県の石巻市と気仙沼市、南三陸町を巡りました。2011年3月11日に発生した東日本大震災から、ちょうど10年。僕も炊き出しや取材&撮影に伺わせて頂いたりと、あれから石巻6回め、気仙沼3回め、南三陸3回めの訪問です。津波で甚大な被害を受けた地ですが、復興が進み、明日に向かって希望が満ち溢れています。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 宮城(石巻、気仙沼、南三陸)のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 宮城(石巻、気仙沼、南三陸)のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は1万軒を超える。

画像3: 宮城(石巻、気仙沼、南三陸)のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

スパイス&マーボー麺で大評判。石巻の「しぇんろん」

JR石巻駅から徒歩約2分。白を基調とした清潔感ただよう麺料理店です。
ご主人の地紙慎二さんは宮城県の出身で、福島・郡山の中国料理店「珍満」や仙台の「中国酒家」で腕を揮い、独立。東日本大震災の1年前である2010年にオープンしました。「あの時は水道とガスが止まってしまって、再開までに2か月弱かかりましたね」と地紙さん。
実は以前にも伺った事があるのですが、数年ぶりに訪問すれば、ソーシャルディスタンス万全に。例えば入口と出口が分かれていて、一人用のカウンターは「麺集中カウンター」と称された、仕切りのあるブース仕様に改装されておりました。

メインはマーボー麺とスパイスラーメン。「カラシビスパイスマーボー麺中辛」をいただきました。通称“メタル丼”という冷めにくい丼で提供されるそれは、通常のマーボー麺に、さらに数種類の山椒や唐辛子、ハバネロなど10種類以上のスパイスを効かせた1杯で、香り豊かでピリ辛テイストですが、挽肉や甜面醤の甘さも活きるコクのある味わい。濃い豆乳を用いた太子食品工業の豆腐ブランド「一丁寄せ」という豆腐を、約0.7丁も使用しています。そして麺も自家製にシフト。金沢製粉の波動粉で打った中太麺は、程よい縮れともちっとした食感で、スープに絡みます。

しぇんろん

住所宮城県石巻市鋳銭場3‐6
電話0225-90-3889
営業時間11:00~14:30、16:30~20:00(仕込みの関係で、夜営業無い事も。電話確認推奨)
定休日第1、3、5日曜日
価格カラシビスパイスマーボー麺 中辛 950円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

石巻で独特の二度蒸しやきそば

石巻駅の目の前にあるピンク色の大きな建物。かつて百貨店がありましたが、建物を利用して現在は石巻市役所となっています。その南側の国道398号線の向かいにあるのが「麺舗かのまたや」。創業が明治8年という、まさに老舗の製麺所で、直営の食堂的な店舗も当地にて営業なさっています。
見るからに重厚な作りですが、伊藤康社長曰く「東日本大震災の時は1階部分の高いところまで津波が入った」そう。幸い、建物自体は無事で、以前の雰囲気そのままです。

メニューを拝見すれば、うどんが主体で、焼きそばや蕎麦、おにぎりなども。その中からいただいたのはご当地グルメとしても名高い「石巻焼きそば」。麺自体を拝見してびっくりしました。通常よりもずっと茶色いのです。伺えば、昭和20年ごろに石巻地方で出来上がった麺で、蒸し工程と水洗いを二度行うそうで、手間がかかるので大量生産には向かないけれど、独特の食感があるとか。こちらでは“だし”“ソース”の2種類を提供なさっていたので、“だし”でオーダー。おお、独特の香ばしさと歯ごたえを兼ね備えた断面の丸い麺です。だし醤油を加えて焼くため、和風的な風味の良さもプラスされています。他にもイワシのすり身を練り込んだ「いわしうどん」などもあり、興味津々です!

麺舗かのまたや (めんぽかのまたや)

住所宮城県石巻市穀町6-19
電話0225-95-0468
営業時間11:00~14:30
定休日土日祝
価格石巻焼きそば 540円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

石巻の食材の良さも集結した寿司割烹「竹乃浦」のスペシャル

有限会社飛翔閣。宮城県石巻市の企業で、寿司割烹やブライダルなどを経営。金華山沖のとりたての新鮮な素材をぞんぶんに使用した、石巻ならではの美味しいお料理を提供しています。
それにしてもお城のような建物にびっくり。「近くの日和山にお城を建てるプロジェクトがあったのですが、古墳が発掘されて中止になったんです。なら、私が自ら建てようと思って」と創業者の伏見不二雄会長が笑います。

今回は寿司割烹の「竹乃浦」にご訪問。といっても「みんなが楽しめるように」と和食、洋食、中華、寿司と幅広きメニュー構成です。その中から看板メニューの「竹乃浦スペシャル」を。金華山沖や近海の大トロと中トロ、白牡丹海老や穴子、雲丹など、まさに石巻の良さが集結した12貫。近海で採れたクジラ、アワビ、フカヒレ、仙台牛まで載るのも、大ぶりなサイズ感なのも嬉しい限り。

実は伏見会長は“笑福仙人”という名で日本笑い学会石巻支部の“福”支部長も。「金華山」として山ちゃん(山内チヨプミさん)と共に年の差34歳の漫才コンビもなさっていたり、歌手としてCDデビューしていたり。そんな楽しさが、お店にも反映されるのでしょう。素敵な雰囲気に溢れています。

寿司割烹 竹乃浦 (たけのうら)

住所宮城県石巻市山下町1-19-6
電話0225-95-2424
営業時間11:00~14:00、16:30~21:00
定休日年中無休
価格竹乃浦スペシャル 3,800円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.