こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題し JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は仙台編。宮城県の仙台へ2泊3日で行ってきました!仙台市は東北で一番、人口の多い市。約107万人が暮らしています。もちろん宮城県の県庁所在地で、政令指定都市でもあります。周囲には広瀬川や青葉山などの自然があり、市内にも街路樹も多い地ゆえ、別名「杜の都」とも呼ばれています。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 宮城・仙台でおすすめの美味しい店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

仙台の新名物グルメ「マーボー焼きそば」に舌鼓 まんみ 泉店

仙台には冷やし中華や牛たんなど様々な名物がありますが、今、最も注目されているご当地グルメといえば「マーボー焼きそば」でしょう。おそらく元祖で、ブームの火付け役と言われているのが『まんみ』。こちらのマーボー焼きそばは、もともと、まかないだったそう。五目焼きそばが有名だったので、麻婆豆腐と焼きそばを組み合わせたとか。実際に「麻婆炒麺(マーボー焼きそば)」を味わえば、とてもオーソドックスな味付け。お子様からお年寄りまで幅広い年齢層に支持されていることにもうなずけます。辛さもとても控えめで、マイルド。バランスの良さもピカイチ!豆腐は木綿豆腐を用い、大きさも工夫されています。マーボー焼きそばは、SNSなどのインターネット効果で広がったそう。特にサッカースタジアムが近いおかげで、全国からサポーターの方々が来るので、県外にも広がりやすかったみたい。3年前には会も発足し10軒でスタートし、今や39軒に。マーボー焼きそば、どんどん盛り上がっています!

まんみ 泉店
住所宮城県仙台市泉区泉中央1-22-3
電話022-371-911
営業11:00~15:30(15:15L.O.)、17:00~21:00(20:45L.O.)
定休日無休(年末年始のみ)
料金麻婆炒麺(マーボー焼きそば)820円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

仙台で食べるキャベツたっぷりの広島風お好み焼き ねぎぼーず

仙台でお好み焼き屋さんは時々ありますが、広島風お好み焼きを提供なさるところは珍しいです。それが『ねぎぼーず』。一戸建ての可愛らしい店舗で、周りには田園地帯が広がっています。仙台と言っても郊外ですね。都会の喧騒から離れ、ゆったりとした空気が流れています。さて、さっそく広島風お好み焼きを作っていただきましょう。今回オーダーしたのは「ミックス そば」。鉄板に、クレープ上の薄い生地をのばし、その上に山盛りのキャベツ。中華麺は乾麺を仕入れてあらかじめ茹でてから、冷蔵庫で寝かしているそう。それを鉄板の上で再度温めます。さらに重しを使って、上からぎゅっ。再び蒸し焼きにした後で、卵を加えていきます。すべてが一体化したら、器に盛ってソースなどをかけて完成!野菜が多くて爽やかな味わいです。ソースはお好みで種類が選べます。今回は定番のオタフクソース。ほかにも、旨辛コチュジャンの辛ソース味、特選醤油のしょうゆ味、ピリ辛のキムチ味があります。

ねぎぼーず
住所仙台市太白区茂庭字中ノ瀬中20-7
電話022-281-0025
営業11:00~20:30(L.O.)
定休日水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金ミックス そば 834円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

話題沸騰中!囲炉裏焼きがウリの居酒屋 居酒屋ちょーちょ

東北一の大都市、仙台なので、市内には数多くの飲食店が存在します。夜の街という側面も強いため居酒屋も1,000軒以上。そんなにたくさんあるなかで、話題沸騰中、予約困難と言われるのが『居酒屋ちょーちょ』です。こちらの一番のウリは、囲炉裏焼きです。備長炭を用いて、遠火の強火という昔ながらのスタイルで20~30分かけて焼き上げます。塩にもこだわり、モンゴル、沖縄、宮城の天然塩を黄金比でブレンドして、炒っています。「きんき塩焼き」、「大トロいわし塩焼き」、「甘鯛(松笠)焼き」など、どれもおすすめです。また、名物の「3点盛り」もぜひ!3点盛りなのに、5点盛りになっています。今日は、しまあじ、本まぐろ、活たこ、まこがれい、金目鯛。毎朝仕入れに行って、良いものを石巻のものを中心に仕入れるそう。このほか「お茄子の揚げびたし」などの和食もハイレベルです。あまりの人気ぶりに予約システムが変わりました。たとえば、8月の予約は1か月前の7月1日から受け付けるスタイルになっています!

居酒屋ちょーちょ
住所宮城県仙台市青葉区国分町3-4-27 テラスハウス定禅寺1F
電話022-395-9150
営業17:00~24:00(金土、祝前日は25:00)
定休日不定休
料金お通し 400円(税別)、きんき塩焼き1,999円、大とろいわし塩焼き600円、甘鯛(松笠)焼き1,650円、3点盛り1,280円、お茄子の揚げびたし400円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

仙台空港でおすすめのお土産は、空港限定の日本酒 地酒や 華の蔵 空港店

さて、今回も番外編です。ご紹介させていただくのは、仙台空港ターミナル2階で購入できるお土産です。まずは『地酒や 華の蔵 空港店』。宮城県大崎市松山にある一ノ蔵本店の姉妹店。宮城の地酒『一ノ蔵』の定番品はもとより、季節や県内限定商品、金龍蔵の会商品を中心に、ここでしか買えない一ノ蔵の限定酒を販売しています。たとえば「一ノ蔵 純米大吟醸 蔵の華」は、宮城県産の酒造好適米「蔵の華」と、宮城県が開発した酵母「ほのふく」を使用した純米大吟醸で、仙台空港限定商品。華やかな香りと雑味のないピュアな味わいが特徴。世界最大のワインコンテストI.W.C. SAKE部門 純米大吟醸 酒の部で金賞も受賞しています。

地酒や 華の蔵 空港店
住所仙台空港ターミナル2階
電話022-382-2223
営業9:00~19:00
定休日無休
料金一ノ蔵 純米大吟醸 蔵の華(720ml)2,571円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

仙台空港でお土産選びに迷ったら。ご当地グルメからスイーツまで品揃え豊富の売店へ 総合売店 萩

次のお店が『総合売店 萩』。東北を代表する銘品からB1グルメまで、種類豊富に取り揃え。各県自慢のご当地郷土料理や、ご当地麺、ここでしか買えない限定商品、隠れた一品など、多数用意しています。おすすめの「仙台空港フロランタン」は、モナカのような皮の中に、フロランタンが加わっているという、いわばフロランタンサブレの進化バージョンです。

総合売店 萩
住所仙台空港ターミナル2階
電話022-383-6205
営業6:45~19:45
料金フロランタン、小12個入り918円、大20個入り1,512円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

JALで行く東北・北陸旅行ツアー

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.