こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地のさまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤コラボ企画!今回は福井編。福井県の越前市、福井市、坂井市に2泊3日で行ってきました。人口約77万人を有する福井県は、石川県&富山県と共に北陸3県に位置づけられ、日本海や若狭湾に面した地。小松空港から越前市も福井市も坂井市も車で1時間以内 と便利です。江戸時代は越前国と若狭国があり、北前船の運航で活況を呈したそう。近年のグルメは、ボルガライス、越前おろしそば、ソースカツ丼などのご当地グルメなどが人気。山や海がある利を活かして食材が豊富なため、素敵な飲食店も数多く存在しています。さて、今回も旅が始まります。
画像1: 福井でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 福井でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

フレンチ出身の2代目が作るボルガライス

小松空港からクルマで1時間弱。越前市の武生には珍しきご当地グルメが存在します。それが「ボルガライス」。オムライスの上にトンカツが載ったような料理で、昭和60年前後に誕生したのだとか。誕生の由来も料理名もいくつかの説があるようですが、今では約20軒で提供されています。そのなかから今回は「ヨコガワ分店」へ。創業は約50年前ですが、2010年に建て替えたこともあり、明るい雰囲気。料理を作って下さったのは2代目の佐藤渉さん。創業者であるお父様、そして奥様などとともに切り盛りなさっています。お目当ての「ボルガライス」は、上品にまとまった味わいという第一印象。バランスの良さを感じます。トンカツは、地元の豚肉を使用していて、豚肉自体の旨みが伝わってきます。と同時に、コクがあるのに意外とサクッとした衣にびっくり。続いて玉子に包まれたライスを。軽やかな味付けで食べやすく、トンカツとの相性もぴったり。個々が主張するというよりも、全体としての一体感を重視した作りになっています。

ヨコガワ分店 (よこがわぶんてん)
住所福井県越前市京町1-4-35
電話0778-22-7172
営業11:30~23:00(22:30L.O)
定休日火曜日
料金ボルガライス930円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

江戸時代から続く越前おろしそば

全国各地のご当地蕎麦のなかでも、歴史がありながらも、一風変わったスタイルで知られるのが、福井の「越前おろしそば」と呼ばれる系統です。「三井屋」も、その1軒。創業は1837年(天保8年)。
でも14年程前に建て替えたので、店内は平成の空気が。ご主人の三ッ井章久さんは6代目。その蕎麦打ち人生は長いです。小学校高学年から蕎麦を捏ねていて、中学3年生の時にはすでに打てるようになっていたとか。さて、メニューを拝見すると、あまりの安さにびっくり。「おろしそば」500円。でも三ッ井さんは「特に安いとは思いません」と。福井、凄いな。細麺と太麺が選べますが、定番なのは細麺。平打ちで薄くて細いタイプの蕎麦はススっとのど越しの良い仕上がりです。福井県産蕎麦粉を使用した手打ち。これに、大根おろしが入ったツユをかけて味わうのが一般的な福井スタイル。いわゆるぶっかけです。青首大根を使用したツユは、そんなに辛味がなく、食べやすい味わい。自ら削る花ガツオも良くアクセントに。ちなみに太麺タイプは、麺自体の存在感をより重視したタイプ。どちらも捨てがたい魅力あり。

三井屋 (みついや)
住所福井県福井市つくも2-4-8
電話0776-35-3007
営業11:00~麺がなくなり次第終了
定休日水曜日
料金おろしそば500円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

料理もパフォーマンスも驚きの連続!

シーフードレストラン「OCEANS」のコンセプトは「一年中、カニや牡蠣が味わえる」。さて、最初に味わったのが「幸せの蟹一杯丸ごと唐揚げ」。ソフトシェルという脱皮したての蟹で、殻が皮膚状でふにゃふにゃ柔らかいため 、殻ごと全部食べることができるそう。おお、甲羅が香ばしさとともに柔らかい新食感。蟹肉も旨みたっぷり。若い蟹なので内蔵系もそのまま味わえます。続いては、生牡蠣が2つ登場。愛媛県御庄湾の生牡蠣、岩手県釜石の生牡蠣。御庄湾の方はとても大きく、そこにスコットランドのアイラ島最古の醸造所であるBOWMOREのシングルモルトスコッチをかけて味わいます。おお!しっかりとした深みを感じるウィスキーテイストが、ミルクのような旨みを携えた大きな岩牡蠣に、さらに華やかさを加えます。もうひとつの釜石の真牡蠣も美味。こちらはポン酢で。さらに「今、チーズ祭りなんですよ」と大坂さんがおっしゃいながら登場したのは「復刻 焼きチーズリゾット」。濃厚なチーズのコクがライスをホールドした贅沢な味わいです。料理のレベルも演出も、まさにサプライズ。楽しさも溢れた素晴らしきシーフードレストランでした。

OCEANS (オーシャンズ)
住所福井県福井市西開発3-111
電話0776-53-5455
営業17:30~24:00(23:30L.O.)
定休日月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金幸せの蟹一杯丸ごと唐揚げ900円,愛媛 御庄湾 岩牡蠣690円、岩手 釜石 真牡蠣 390円、復刻 焼きチーズリゾット 900円(いずれも税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.