こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は沖縄編。沖縄県の那覇市&沖縄市に2泊3日で伺いました。冬とはいえ、本州の鹿児島県から約600㎞も離れています。緯度も約26度とあって、暖かい地域。特にこの冬は約100年ぶりの気温の高さだそうで、僕が伺った時も日中は半袖で充分だったり。個人的には大好きなのもあって、年に何度も伺う沖縄です。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 沖縄・那覇市でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 沖縄・那覇市でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

画像3: 沖縄・那覇市でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

那覇オーパ「大山畜産ヌードル&ポーク」でラーメン&トンテキ

ゆいれーる旭橋駅前のショッピングモール「那覇オーパ」に2019年10月12日にオープンしたのが「大山畜産ヌードル&ポーク」です。大山畜産は大阪府大阪市で唯一(鶴見区)の養豚場で1952年の創業。高級パン粉等を飼料にして肉質、脂質を追求した優れた豚「なにわ星の豚」(商標登録済)を作りあげました。その大山畜産が沖縄にラーメンとポーク料理の店舗を構えたので話題です。

伺えば店内はカフェダイニングのような洒落た雰囲気が広がっています。まずは「ブラックラーメン」をいただきました。4種類の醤油を駆使したスープは、いわゆる“ブラック系”と呼ばれる系統で、一見すると醤油が濃そうですが、醤油感はもちろんですが、意外にも甘みも広がるバランスの良さ。そこにツルリとしたストレート麺を合わせています。

豚バラチャーシューは、さすが自社の美味なる豚肉。とろける食感と旨みがありますね。そして「トンテキ定食」。ある程度、焼きあがったトンテキですが、固形燃料と共に登場した温められた器の上でジュージューと音を立てております。これも美味!肩ロースの柔らかさと旨みが秀逸!

テイクアウトのお弁当もあったり、アルコールも揃っていたりと、重宝間違いなしの1軒です。

大山畜産 ヌードル&ポーク
住所沖縄県那覇市泉崎1-20-1 カフーナ旭橋A街区 那覇オーパ2F
電話090-7221-1817
営業時間10:00~21:00(20:30L.O)
定休日那覇オーパに準ずる
価格ブラックラーメン 750円(税別)
トンテキ定食 800円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

那覇・県庁前で、玉那覇味噌醤油の良さを伝える「味噌めしや まるたま」

安政年代(尚泰王時代)の頃に創業し、琉球王家御用達だった「玉那覇味噌醤油」。約170年も支持されるのは、100%の丸大豆だけを使い、沖縄の天然シママースを合わせ、昔ながらの天然醸造でじっくりと作成する真面目さなのでしょう。

その味噌を用いているのが「味噌めしやまるたま」です。店主は甥にあたる中西武久さん。「私自身が一番の玉那覇味噌のファン」と笑う中西さんは、その販売を手掛けるとともに、味噌を用いた飲食店も始めたというわけ。「味噌ってこんな使い方も出来るんだ、ということを知ってほしい」という気持ちからさまざまな味噌料理をメニューに取り入れています。「

朝・昼・夜それぞれの”味噌めし”が味わえますが、中でも、いつでも味わえる一番人気が「具だくさん味噌汁定食」。沖縄の料理メニューに“味噌汁”があり、初見の方はびっくりしますが、具だくさんの味噌汁が主役で、ご飯などがつく定食。

こちらもそのタイプで、味噌汁には島豆腐や紅豚、卵、しめじ、青菜などがたっぷり。味噌は「王朝」という味噌を使用。もちろん無添加天然醸造なので、自然な味噌の甘さが。ごはんは鹿児島県湧水町の有機農法の玄米か、北陸産コシヒカリの白米から選べます。

味噌めしや まるたま  (みそめしや まるたま)
住所沖縄県那覇市泉崎2-4-3 1F
電話098-831-7656
営業時間7:30~22:00L.O
定休日日曜日、第2、4木曜日
価格具だくさん味噌汁定食 900円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

「TAIRA」は、おもろまちの創作フレンチ

沖縄県那覇市の北部に位置する再開発地区、那覇新都心。おもろまち駅を中心として大型ショッピングモールや総合運動公園などがあり、再開発ならではの整然とした爽やかな雰囲気が広がっています。店舗は駅から徒歩約8分、スカイガーデンビルの2階。

シェフの平良朝政さんは、沖縄県立八重山高校を卒業後、さまざまなホテルでフランス料理の修業を積み、料理長を経て、2015年10月に自らの店舗を立ち上げました。「カジュアルフレンチ」と伺ってたので、本格的な料理にびっくり。

月替わりで内容は変わるそうですが、アミューズからして箱に入っていたり器にこだわっていたり。ドーム型のオードブルも色とりどりのニンジンがロール状にあしらわれていて、中にはタイラ貝や北海道産ズワイガニ。ポアソン(魚料理)は沖縄の魚である黒ミーバイを使ったポワレですし、アントレ(肉料理)はやんばる産豚肉を使用し、低温調理。しかもデセール(デザート)は目移りするほど15種類も載ったトレイが登場し、その中からいくつでも!

さらに驚きなのは、今回のディナーで4500円というお得ぶり!「年に2回は大阪や東京にもフレンチを食べに行きます」という平良さん。研究熱心ぶりもあって、何度伺っても新しい楽しさがありそうです!

Dining chez TAIRA おもろまち (ダイニング シェ タイラ おもろまち)
住所沖縄県那覇市おもろまち4-10-38 スカイガーデンビル2F
電話098-987-9777
営業時間12:00~14:30 18:00~22:00 (完全予約制)
定休日月曜日
価格ディナーコース 今回は4500円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.