こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は宮古島編。沖縄県の宮古島へ2泊3日で行ってきました。人口約55,000人の宮古島市は、2005年(平成17年)に平良市と宮古郡伊良部町・上野村・城辺町・下地町の5市町村が合併して誕生した市です。東京から約2,000kmの距離にも関わらず、羽田空港からだと宮古空港まで直行便があり、約3時間で着いてしまいます。那覇空港からでも約1時間。思いのほか近くてびっくり。まさに自然豊か。リゾート。そんな言葉がぴったりで、地下水を守ることと環境作りのため、「エコアイランド宮古島」も宣言しています。全日本トライアスロン宮古島大会などスポーツでも人気ですね。さらに、1月31日には伊良部島まで、日本の無料で通行できる橋としては最長の、全長3,540mの伊良部大橋も開通!ますます人気が高まっています!!さて、今回も旅が、始まります。
画像1: 宮古島でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

宮古島で珍しく島タコを使った料理を提供

「狩俣地区が、宮古島で一番古い部落といわれています」と、『すむばり』の狩俣ハツ子さん。凄いです。狩俣の狩俣さんだ! 『すむばり』とは「隅っこの畑」という意味だそうで、この場所がまさに地域で一番端っこの畑があったあたりなんだとか。なのでそれを店名にしたというわけ。もちろん食堂なので定番のメニューも多いですが、こちらは特に“タコ料理”で有名。タコ丼、タコご飯、墨入りタコそば・・・。タコ料理は旦那さんのお母さんから習ったそう。最初は炒め物(タコちゃんぷるー)だけだったけれど、お客さんが「丼にしたほうがいいよ」とアドバイスしてくれて「タコ丼」がメニュー化されたそう。「タコ丼」を味わえば、しっかりと、刻まれたタコが、至る所から顔を覗かせます。新鮮なタコの美味しさが伝わってきます。これまた想像よりも、柔らかい。贅沢な料理です。タコは“島ダコ”といって、ウミンチュ(漁師)さんが採ってきたものを、生で仕入れて茹でているそう。

すむばり
住所沖縄県宮古島市平良字狩俣768-4
電話0980-72-5813
営業11:00~17:00(冬)、11:00~19:00(夏)
定休日無休(悪天候時はお休み)
料金タコ丼780円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

優雅なリゾートで、至福のピザ&カフェランチを

宮古空港から車で約15分。宮古島の南岸に位置する「シギラリゾート」は、珊瑚礁に囲まれた美しい海を望み、色鮮やかな花々に包まれた広大な敷地を誇るリゾートです。全室に温水プライベートプールを備える最上級ヴィラ「ザ シギラ」をはじめ、上質で洗練された大人のためのオールスイート「シギラベイサイドスイート アラマンダ」など4つのホテルとゴルフコース、ビーチ、天然温泉もあり、リゾートの醍醐味すべてが味わえます。 幾色にも織り成すエメラルドグリーンの海、水平線まで降るような満天の星。鳥や蝶たちが軽やかに舞うゆたかな自然を楽しみながら過ごせる敷地内には、一軒家のレストランも随所に。そのうちの1軒。宮古島の海を一望する格好のロケーションにあるのが『スターダストガーデン』。ランチは宮古ブルーの海を180度見渡しながら、ピザやスイーツを楽しめます。

カフェ&ピッツァレストラン スターダストガーデン
住所沖縄県宮古島市上野字新里1405-226
電話0980-74-7225
営業ランチ11:30~14:00(13:30L.O.)、カフェ14:00~16:00、ディナー18:00~22:00(最終入店20:30、21:30L.O.)
定休日不定休
料金30品目サラダ1,400円、マルゲリータM1,800円、L2,000円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

真っ当な割烹料理を、宮古島で

※このお店は現在閉店しております。

沖縄は本島の他に、約160もの島があります。その中でトップクラスの観光人気を誇る宮古島ゆえ、本州などからの移住組もいらっしゃいます。そのひとりが、西田樹夫さん。料理歴約20年。「もう、宮古島に来て10年くらいになりますね」 知り合いの知り合いが宮古島の有名料理店『郷家』の社長さんだった縁で、こちらへ移住したそう。西田さん自身も『郷家』で働き、独立したというわけ。独立して『割烹 まる山』を始めて4年目。 「社長には、とても良くしていただいたんですよ。今でも、お店に来てくださいますよ」と、西田さん。それにしても、宮古島に、こんな真剣な割烹があるなんて。店内に入れば、島にいることを忘れてしまいそう。カウンター9席、4名様と6名様程度の個室が2つで、調理をおひとりでなさっています。このまま東京や、大阪の新地に持って行っても違和感の無い雰囲気です。

割烹 まる山※このお店は現在閉店しております。
住所沖縄県宮古島市平良下里596-1
電話0980-72-1324
営業18:00~23:00(コースは21:00まで、料理は22:00まで)
定休日日曜日、他1日連休
料金鍋島 純米吟醸 グラス1,000円、コース料理3,200円、5,200円、席料300円

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.