こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は宮古島編。沖縄県の宮古島へ2泊3日で行ってきました。人口約55,000人の宮古島市は、2005年(平成17年)に平良市と宮古郡伊良部町・上野村・城辺町・下地町の5市町村が合併して誕生した市です。東京から約2,000kmの距離にも関わらず、羽田空港からだと宮古空港まで直行便があり、約3時間で着いてしまいます。那覇空港からでも約1時間。思いのほか近くてびっくり。まさに自然豊か。リゾート。そんな言葉がぴったりで、地下水を守ることと環境作りのため、「エコアイランド宮古島」も宣言しています。全日本トライアスロン宮古島大会などスポーツでも人気ですね。さらに、1月31日には伊良部島まで、日本の無料で通行できる橋としては最長の、全長3,540mの伊良部大橋も開通!ますます人気が高まっています!!さて、今回も旅が、始まります。
画像1: 宮古島でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

看板すらない一棟型ヴィラのレストランは、まさに隠れ家

2015年1月31日、宮古島と伊良部島を繋ぐ伊良部大橋が開通しました。日本の無料で通行できる橋としては最長の、全長3,540m。今までは宮古島の平良港から伊良部島の佐良浜港まで、フェリーで行かねばならなかったのが、気軽に往来できるように。というわけで、今回の宮古島2泊3日グルメ旅は、これからますます変わる、伊良部島からスタート!まずは、伊良部島にあるリゾートホテル『ヴィラブ リゾート』へとクルマを走らせます。こちらは、お目当てのレストランがある、沖縄初のオールヴィラリゾートホテルです。つまりは、各棟が、全て独立したヴィラになっているのです。レストランも、もちろん独立した一棟です。基本的にヴィラのレストランなのですが、ランチは宿泊の方でなくてもOK。ディナーも空いていれば大丈夫との事ですが、なにぶん6棟で、6卓しかないので、宿泊の方が優先です。コース料理は要予約。アラカルトでもOKとの事ですが、ロケーションがロケーションなだけに、ランチですら予約したほうが無難だと、僕は思います。

ヴィラブ リゾート レストラン
住所沖縄県宮古島市伊良部字伊良部817
電話0980-78-6777
営業12:00~14:00(13:30L.O.)、18:30~20:00(19:30L.O.)※ディナーは宿泊客優先。コース料理要予約
定休日無休
料金近海魚のカルパッチョ1,600円など、ペスカトーレ1,900円(サービス料10%別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

製麺所直営ならではの、高レベル宮古そば

沖縄に来たら、「そば」(いわゆる沖縄そば)は欠かせませんね。でも、地域によって、そばは特徴が違います。宮古島には「宮古そば」が存在します。そう聞いて訪れたのが、平良公設市場近くの『じんく屋』。地元の有名な久松製麺所の直営で、こちらでお店を開いてからすでに30年以上という大御所の食堂です。店内に足を踏み入れると、そこは典型的な沖縄の食堂。そばも食べたいし、ご飯ものも食べたい・・・そう思って、じっと壁のメニューを眺めていて、とてもお得と思われるものを発見してしまいました。「そば・チャーハンセット」。これは、お得ですね! まずは、宮古そば。ストレートで、平打ち麺のため、ちぢれ麺よりも跳ねが少なく、するりと食べやすいのも特徴のひとつ。自家製麺ならではの活き活きとした仕上がり。伺えば朝4時ごろから作り始めるそう。茹でて油をまぶしてあるので、オーダーが入ったら、湯通しするだけで良いのも沖縄そばの面白さです。

じんく屋
住所沖縄県宮古島市平良字下里84
電話0980-73-4017
営業11:30~18:00
定休日火曜日
料金そば・チャーハンセット550円、ケチャップ味の焼きそば500円(裏メニュー)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

歴史あるリゾートホテルで和中華会席を堪能

宮古島のリゾートホテルの歴史は『宮古島 東急リゾート(2015年5月1日より宮古島東急ホテル&リゾーツに名称変更)』から始まります。今から約30年前の昭和59年創業。しかも建設に着手したのは今から約40年前。というのも、敷地内の“やしの木”などは移設ではなく、育てたもの。眼前には、東洋一とも称される与那覇前浜ビーチ。施設充実のリゾートホテルで美しい大自然、新鮮な海の幸、宮古島独自の歴史と文化、そして海外の高級リゾートにもひけをとらない最上のサービス。 異国情緒あふれた南国のバカンスが、思う存分満喫できます。今夜は、こちらの、和風ダイニング「やえびし」で会席料理をいただいたのですが、さすがは宮古島を代表するリゾートホテルのダイニングでいただく“和中華会席”です。地元の食材を用いる事はもちろん、きちんとした丁寧な仕事がなされた、まさに“料理”。でも素敵なのは料理だけじゃないんです。ゆったりとした空気の流れる店内、笑顔が溢れるスタッフ、そして大自然。

和風ダイニング「やえびし」
住所沖縄県宮古島市下地字与那覇914 宮古島 東急リゾート(2015年5月1日より宮古島東急ホテル&リゾーツに名称変更)
電話0980-76-2109(代表)
営業17:30~22:00(21:00L.O.)
料金和中華会席 八重干瀬(やえびし)7,000円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.