こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地へと伺います。 題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は沖縄の久米島編。久米島へ2泊3日で行ってきました。那覇空港から久米島空港までは飛行機で僅か35分と、気軽に行ける離島としても有名です。沖縄本島から西方向へ約100km。島内をクルマで一周すれば約40分、人口も約8,000人という小さな島ですが、はての浜やイーフビーチなどの青く透き通った海、五枝の松などの自然はもちろん、アットホームな雰囲気や、こだわりの飲食店も随所に見られ、一度ハマると抜け出せない魅力に溢れた島。 さて、今回も旅が始まります!
画像1: 久米島でおすすめの美味しい店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

久米島のおすすめランチ。ボリュームたっぷりの定食にびっくり 波路

食材の宝庫とも呼ばれ、グルメアイランドとも称される久米島ですが、沖縄そばやホテルを除くと、案外とランチがいただけるところは少なかったり。でも、そんな時は『波路』がオススメです。こちらは居酒屋さんですが、珍しくランチ営業もなさっていて、特に定食が大評判。創業してから40年弱。実はもともとお刺身屋さんだったそうで、途中から料理も提供するように。3回くらい増築して、今の広さになったのだとか。今回いただいたのは「海産物定食」。登場した瞬間に「わぁっ!」と声を上げてしまうほど、たくさんの料理。ミーバイやイラブチャー、マグロ、シイラ、フエダイなど、その日にある新鮮な海産物のお刺身は、もちろん鮮度抜群。ミーバイの煮つけも、爽やかな甘じょっぱさで、美味です。さらに、フエダイの素揚げは、サクサクで香ばしく、白身の旨みも秀逸です。(あげ魚、エビフライ、魚フライから選べます)。中味汁は、具だくさんで、深みのある味わい。(中味汁、もずく酢、アーサースープから選べます)。ほかにも、もずく酢やご飯なども付き、なんとも贅沢な定食です!

波路 (なみじ)
住所沖縄県島尻郡久米島町謝名堂548-32
電話098-985-7046
営業11:00~14:00、17:00~23:00 (L.O.)
定休日昼は日曜、夜は月曜
料金海産物定食2,500円、車えび塩焼き500円、自家製イカぼこ500円、日替りお弁当500円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

カフェで沖縄の名物スイーツ「氷ぜんざい」を食べて一休み ちぃとぅ処 福屋 (カフェ がじゅまる)

久米島銘菓「元祖みそクッキー」を手掛ける株式会社島福の本社兼工場には「ちぃとぅ処 福屋」というショップがあり「元祖みそクッキー」をはじめ、いろんな久米島のお菓子などを販売しています。もともと島福はケーキ屋さんからスタート。創業したのは35年くらい前だそうで、当時は久米島では生クリームもフランスパンも浸透していなかった時代。先見の明があったというか、久米島の洋菓子の先駆けとなりました。そして、こちらのショップ「福屋」を立ち上げたのが、2007年。その「福屋」の一画にある「カフェがじゅまる」は、ブラウンのテーブル&チェアが並ぶ、ちょっとしたイートインスペースです。こちらの名物が「氷ぜんざい」。いわゆる「かき氷」ですが、沖縄ではこれを「ぜんざい」と言います。ふわふわの氷に、黒糖も用いたシロップで、沖縄的な味わいが広がります。金時も上品な甘さに仕上がっていて、美味しい!(各+50円で、ミルク、きな粉、バニラアイスがトッピングできます)。ほかにも「しろくま」「レインボーくまさん」なども。夏場には「マンゴーかき氷」も評判。久米島でのお土産購入&休憩スポットとして重宝する1軒なのです。

ちぃとぅ処 福屋 (カフェ がじゅまる)
住所沖縄県島尻郡久米島町仲泊427-1
電話098-985-5345
営業10:00~18:00L.O.(日曜は17:00L.O.)、(夏季) 13:00~18:00L.O.(日曜は10:00~15:00L.O.)(夏季以外)
※時間は流動的
定休日無休(地域の行事があるときはお休み)
料金氷ぜんざい350円、久米島珈琲500円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

久米島を眺めながら楽しめるコンテナカフェ YUNAMI FACTORY

街中に佇んでいるだけでも癒しの気分を味わえる久米島ですが、高台からの眺めは、さらに格別。しかも美味しい一品料理があったりすれば、もう、最高です。そんな素敵な気分になれるのが「YUNAMI FACTORY」。アメリカ(L.A.)やカナダでビジネスマネジメントなどを学び、地元に戻ったオーナーは摺木 陽介さんが、「もっと、車エビなど久米島の良さをPRしたい、活性化につなげたい」という思いからオープンしたのが、このお店です。名物は、「ガーリックシュリンプ」。いわゆる、プレートランチ的で、敷地内にあるテーブルでいただいても良し、テイクアウトしても良し。ブラックタイガーではなく車エビを使用していますが、違和感なく、美味しい!パリパリっとした殻の食感、旨みたっぷりでプリっとした車エビも良いですが、味付けがかなり奥深いですね。実はこれ、「ガーリックオリーブオイルソース」という自社商品なのです。オリーブオイルベースで、にんにく、バジル、ローズマリー、シークヮーサー、塩などが合わさったソース。ライスやサラダ、デザートなども付いています。

YUNAMI FACTORY
住所沖縄県島尻郡久米島町字兼城1146-1
電話098-996-5087
営業11:00~17:00
定休日水曜日
料金ガーリックシュリンプ1,200円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

久米島みやげを買うのにおすすめ。地元の方も御用達の大型スーパー A・COOP久米島店

さて、今回も番外編です。いつもは空港などからとっておきの一品をご紹介させていただいておりますが、今回は地元のスーパー「A・COOP久米島店」から。お馴染み農協系の大きなスーパーで、品揃えも豊富です。産直野菜のコーナーに行けば、クガニー、サクナ、島とうがらしなどの地元野菜や果物が充実。久米島の製麺所で作られた“そば”や泡盛、「みそクッキー」も販売しています。そして、今回、特にオススメなのがブルボンの「エリーゼ 久米島の紅いも」。ブルボンは新潟の会社ですが、この「エリーゼ 久米島の紅いも」を2017年に発売したところ、大評判に。今、久米島のお土産として人気が超急上昇中なんだとか。28本入り、56本入りなど種類がありますが、56本入りだとたくさんの人にお土産としても配れるとあって、特に評判。スティックタイプ。ウエハースの中には久米島の紅いもを使用した紅いもクリームが。この手の商品って、なんとなく風味がついているだけのものも多いじゃないですか。いやいや、ひと口で、まさに紅いもの味わいが一気に広がるスティック。独特の甘さとねっとりとした後味は、美味しさにも真剣さにも驚きます!久米島に来たら、ぜひGETしたいお土産です。

A・COOP久米島店 (Aコープくめじまてん)
住所沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂905-15
電話098-985-7788
営業9:00~23:00
定休日無休
料金ブルボン「エリーゼ 久米島の紅いも」864円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

■久米島の関連記事

魅力に溢れる離島の旅に出かけましょう。

※2019年10月16日に一部内容を更新しました。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.