こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地へと伺います。 題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は沖縄の久米島編。久米島へ2泊3日で行ってきました。那覇空港から久米島空港までは飛行機で僅か35分と、気軽に行ける離島としても有名です。沖縄本島から西方向へ約100km。島内をクルマで一周すれば約40分、人口も約8,000人という小さな島ですが、はての浜やイーフビーチなどの青く透き通った海、五枝の松などの自然はもちろん、アットホームな雰囲気や、こだわりの飲食店も随所に見られ、一度ハマると抜け出せない魅力に溢れた島。 さて、今回も旅が始まります!
画像1: 久米島でおすすめの美味しい店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

水着でもOK。イーフビーチ近くのメイン通りにある沖縄そば屋 スリーピース

イーフビーチ近くのメイン通りには、さまざま飲食店があります。そのなかで、ちょっと異才を放つというか、オリジナリティあふれる店舗が「スリーピース」。写真をご覧いただければわかると思いますが、かなり開放感のある1軒です。「海の家のような雰囲気のお店を作りたかったんです」と、女将さん。確かにこの雰囲気なら、ビーチ帰りに水着のまま寄れて便利。また、地元の学生とかも気軽に寄っていくのだとか。ちなみに、夏はかき氷やぜんざいなどもよく出るそうです。メニューも麺料理を中心に、思ったよりもバリエーションあり。「ピリ辛味噌そば」「焼きそば」「タコライス」などにも惹かれますが、まずは基本形の「久米島そば」をオーダー。こちらの「久米島そば」は、スープが、やや白濁していますね。伺えば、トンコツ風味のカツオベースなんだそう。優しいトンコツのまろやかさと、ほんのり広がるカツオ味。美味しい!!麺も久米島の製麺所のものを使用しているので「久米島そば」と言うそう。むちむちっとした太いちぢれ麺は、スープとよく絡みます。また、「焼きそば」も同じ麺を使用しているそうで、気になります。

スリーピース
住所沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-3
電話098-985-7037
営業11:00~16:00
定休日不定休
料金久米島そば 650円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

ジェラートやケーキなどスイーツが充実。奥武島にあるバーデハウス久米島内の休憩所 なかゆくい処

久米島の東側にちょこんと存在する奥武島。もともとは干潮時は徒歩で行き来できたものの、満潮時は船で往来していたそう。1983年に新奥武橋が開通し、気軽に行けるようになりました。そんな奥武島にある『バーデハウス久米島』。久米島空港から車で約25分。海洋深層水を使用したバーデプール、スチームサウナ、屋外ジャグジーなどが楽しめる施設です(バーデプール 大人2000円など)。でも、それらを利用しなくても、休憩所だけでもOKということで、訪れたのがハウス内にある『なかゆくい処』。ガラス窓から明るい日差しが差し込む、琉球畳を用いた休憩所。沖縄そばをはじめ、各種軽食メニューのほか、ケーキやジェラートなどデザートも取り揃えられています。というわけで、ジェラートをいただく事に。シングル、ダブルが選べます。今回オーダーしたのは、マンゴーとバニラのダブル!そして、紅いも!これは、バーデハウスを利用した後には、もう、たまらないでしょう。今回はジェラートのみですが、それでも、温かい部屋でいただくと、格別です。バーデハウスは、屋外ホットタブや沖縄スパ・リラクゼーション体験のできるスパサウナゾーンも。一日を通して楽しめるスポットになっています。

なかゆくい処
住所沖縄県島尻郡久米島町字奥武170-1 バーデハウス久米島内
電話098-985-8600
営業10:00~21:00(最終入館20:00)
定休日無休
料金ジェラート シングル350円、ダブル380円(プラス20円でワッフルコーンに変更可)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

久米島の新鮮な食材を堪能できる人気居酒屋 食菜鮮魚 たか家

人口約8,000名の小さな久米島ですが、食材が豊富なためか素晴らしき料理店が、随所に。特に、海に囲まれた立地ゆえに海産物のおいしさは格別です。というわけで、今宵、向かった先は『食菜鮮魚 たか家』。ご主人の高山朝辰さんは、東京の日本料理店でも腕をふるっていた実力派です。まずいただいたのは、名物の「レインボーロール」。カリフォルニアロール的なお寿司で、フォトジェニックな美しき見た目も良いですね!また、「久米島産お刺身」は、車エビやミルユー、夜光貝、赤マチ、キハダマグロ、甲イカなど、新鮮なお刺身が勢揃い。イキの良さがしっかりと伝わってきます。伺えば、漁師とのつながりが強くて、直接に仕入れているのだとか。ほかにも、「海ぶどう」や「活車エビのフライ」、「活車エビの塩焼き」、「久米島赤鶏 大手羽 塩焼き」など、美味なる一品がたくさん!丁寧な仕事ぶりと豪快な味わいが一体となって楽しめる、そんな1軒です。人気店なので、予約推奨。

食菜鮮魚 たか家 (たかや)菜鮮魚
住所沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-41
電話098-985-7175
営業18:00~翌1:00
定休日火曜日
料金レインボーロール1,000円、久米島産お刺身2,800円、海ぶどう550円、車エビのフライ一尾500円、活車エビの塩焼き一尾450円、久米島赤鶏 大手羽 塩焼880円 (いずれも税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

■久米島の関連記事

魅力に溢れる離島の旅に出かけましょう。

※2019年10月16日に一部内容を更新しました。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.