こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は長崎編。2泊3日で、長崎県の長崎市&島原市を回ります。いわずと知れた県庁所在地である長崎市は、江戸時代から国際貿易港として知られ、出島や天主堂など数々の名所も点在。一方の島原市は長崎県南東部の島原半島にある市で、島原城や武家屋敷など旧城下町で、やはり歴史を感じさせる地。それぞれに個性豊かで、回れば回るほど魅惑の長崎の虜(とりこ)に。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 長崎ご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 長崎ご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は1万軒を超える。

画像3: 長崎ご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

ボリュームたっぷり&優しいスープのちゃんぽんを「共楽園」で

長崎のご当地グルメといえば筆頭に挙げられるのが、ちゃんぽん。明治中期に市内の中華料理店が中国・福建省の料理をベースに考案したのが最初と言われ、今や約70軒で提供されています。まさに全国区の知名度ですが、中でも眼鏡橋至近の「共楽園」は、観光客のみならず地元の方々にも大評判。

創業者は許 徳金氏。やはり福建省の出身で、行商などを経て、昭和20年代に独学で店を構えたそう。現在は三代目である許 龍樹さんが店を守ります。もともと袋橋にあって道路拡幅のために約20年前に現在の地に移転したそう。

そんな「共楽園」の「ちゃんぽん」は鶏ガラがベースで、もともとは清湯系。それを麺や具を茹でるうちに、やや茶濁した色合いに。豚肉やイカ、かまぼこ、キャベツ、もやし、ネギなど約10種類の具が入り、まさにボリュームたっぷりの仕上がりです。それらの旨みが優しくスープに溶け込んだ、身体によさそうな1杯。通常はあさりなのですが、11月~4月くらいは牡蠣に変わるそうで、なんとも贅沢な雰囲気です。でも770円とお値打ち!老舗・瑞泰號製麺所の唐灰汁(とうあく)を用いた王道のぷるぷるとした麺との相性もぴったりです。

共楽園 (きょうらくえん)

住所長崎県長崎市古川町5-4
電話095-822-8257
営業時間11:00~14:30L.O 17:00~19:30L.O
定休日火曜日
価格ちゃんぽん 770円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

東坡肉が進化した「岩崎本舗」の「長崎角煮まんじゅう」

観光地でもある長崎で、気軽に食べ歩きしたい時にぴったりなのが「岩崎本舗」の「長崎角煮まんじゅう」です。創業は1965年(昭和40年)。初代は岩崎博孝氏。

長崎独特のコース料理である卓袱料理のなかの一品に東坡肉(とんぽうろう)があります。いわゆる豚の角煮のことで、その東坡肉を「もっと手軽に食べたい」「もっとおいしく」と願って考案したそう。市内随所にありますが、今回は西浜町店に伺いました。

新地中華街の目の前なので、観光・ショッピングのついでに寄れる、便利な立地です。店先には三段に重なった蒸し器があり、湯気とともに美味しい香りが漂っています。こちらではイートインのスペースがあるのも嬉しいです。さっそくひとついただきました!

まずは生地がふわっとしていて美味。独自の小麦粉の配合で、ベーキングパウダー不使用というこだわりぶり。季節や製造する時間帯を考えて水温や発酵時間なども細かく調整しているとか!

そして豚の角煮。こちらは2代目社長が10年かけて探し出したチリのアンデス高原豚のメスを使用しているため、臭みもなく、ジューシー。チョーコー醤油と協力した独自の醤油で化学調味料不使用の優しい豊かな味わいが楽しめます。

岩崎本舗 西浜町店 (いわさきほんぽ)

住所長崎県長崎市銅座町3-17
電話095-818-7075
営業時間10:00~21:00
定休日無休
価格長崎角煮まんじゅう 450円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

最高級焼肉を味わうなら長崎「大阪屋 濱町店」へ

OnTrip JALの企画でも全国各地でさまざまな焼肉店に伺いました。そして長崎市でも超こだわりの1軒が。それが「大阪屋」です。浜口町が本店で、2代目の山口真一郎さんが、濱町店、肉バルOsakayaなどを展開しています。

今回伺ったのは濱町店。外観からして真剣さが伝わってきますね。店内も個室スタイルで、隠れ家的な雰囲気も随所に。それより、入口に掲げられた盾やトロフィーが凄い! 生産者さんが受賞するものですが、ここにあるということは一流の生産者さんとの繋がりを物語っています。

個別の価格はありますが、「7000円くらいで」とかお任せでオーダーなさる方が殆どだそう。というのも牛肉が素晴らしすぎです。産地は都度変わりますが、伺った日はサーロインが鹿児島黒牛、リブが佐賀牛、ヒレが北さつま高崎牛、ランプが鹿児島黒牛、しんたまが博多和牛。

昨今は熟成が流行ってたりしましたが、それよりこちらは産地と鮮度の本流。それを最高の状態で焼き上げて下さるのですから、「最高」という表現がぴったりです。しかもホスピタリティも抜群。東京なら数万円するレベルを、この価格帯で提供なさる心意気に敬服します。

大阪屋 濱町店 (おおさかや)

住所長崎県長崎市浜町11-11
電話095-820-9198
営業時間17:00~24:00(23:30L.O)
金土17:00~翌2:00(1:30L.O)
定休日無休

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.