こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・
JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は種子島編。
2015年に一度訪れておりますが、4年ぶりの訪問です。鹿児島空港からATR社もしくはSAAB社の飛行機に乗り、約40分。あっという間に着いちゃいます。そして、相変わらず風光明媚で雄大な自然に囲まれた、日本の島の中で10番めの広さである面積445.05km2、南北の距離57.2kmの種子島が、温かく迎えてくれました。
画像1: 種子島でおすすめの美味しいお店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

画像2: 種子島でおすすめの美味しいお店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

種子島の中種子町でジャマイカを感じる

鹿児島県種子島の中央部にある中種子町の中心部のロードサイドにありながら、リゾート感満載の一軒家。それが『STEPPIN′LION』です。店内へ入れば、木目を活かした作りで、テーブルが並んでいます。そして壁には「MORE STEP MORE LION」という文字とともにPOPな色調のライオンの絵が。扉を開け放てば、心地よい風が入り込む、そんな開放感も大切にしたレストランです。マスターの米澤龍二さんは、福岡県福岡市の出身。種子島に魅せられて移住してきました。提供なさっているのはジャマイカ料理。イチオシは「ジャークチキンボール」。木の器の中には“ライス&ピース”という、ココナッツミルクで炊いた金時豆入りのご飯が。そして上には生キャベツやトマト、チーズ、ジャークチキン、目玉焼きが載っています。さらに「アボカド入り」にすれば、アボカドの風味もプラス。ホットペッパーソースで辛味を加えるのもGOOD。また「HAMBURGER」も評判です。いくつか種類がありますが、特に「ロワイヤルチーズ」が一番人気。チーズバーガーにパテとベーコン、トマト、焼き玉ねぎが加わった贅沢な一品。ともにテイクアウトもできるのも嬉しいです。

STEPPIN´LION (ステッピンライオン)
住所鹿児島県熊毛郡中種子町野間5293-1
電話0997-27-0502
営業11:30~19:30、日曜11:00~17:00
定休日火曜日
料金ジャークチキンボール アボカドトッピング 1380円(税込)
HAMBURGER ロワイヤルチーズ 780円
ポテトと飲み物セット 500円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

魚を知り尽くした店主による、こだわりの華会席

種子島は海産物の宝庫です。季節や時期ごとに旬の魚などが次々と採れ、通年に渡ってその時の良さが光ります。そんな種子島ですから各地に素敵な海鮮料理やさんがあります。特に西之表市は随所に。その中で、まるで料亭のような外観を携えているのが「なごみ」です。以前の場所では約4年、こちらへ移転して約1年半。地元の「一条」「井元」で修業を積んだと聞けば、確かな腕なことは一目瞭然です。しかもお父様が仲買人。というわけで、子どもの頃から確かな魚を食してきたと聞けば、美味しさが想像できますね!しかも「種子島の魚など食材の良さをアピールしたい」という意気込み、自ら市場に一番良い食材を仕入れにいく真面目さ、どれを取っても真剣。そんな「なごみ」では「華会席」がイチオシです。あかばら(カンパチ)やタコなど種子島で採れた海産物の刺身や、六白黒豚のしゃぶしゃぶなど、付出、姿盛り、蒸し物、八寸、揚げ物、煮物、ご飯物がついて、3000円!びっくりのお得な価格設定です。もちろんコース料理以外にもこだわりの一品料理も。そして種子島といえば、焼酎。地元の焼酎が、いくつも味わえます。

なごみ
住所鹿児島県西之表市西町7027-1
電話0997-23-2751
営業18:00~23:00(22:30L.O)
定休日不定休
料金華会席 3000円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

種子島を代表する海鮮料理店で、さまざまな鮮魚を

昭和63年創業。種子島を代表する海鮮料理。それが『魚匠 一条』です。軒先には“緑提灯”が飾られた、かごしま地産地消推奨店。和の雰囲気がふんだんな1軒です。店内はカウンターと個室が数室。落ち着いた中にアットホームさもあります。ご主人は徳永正秀さん。「種子島の魚をたくさん召し上がっていただきたくて」と笑うので、とりあえず「地魚鮮魚お刺身盛り」の小をオーダー。種子島のさまざまな魚や方言の載った、大きなテーブルシートを眺めながら待ちます。しばらくすると登場です。うわぁ、小なのにこのボリュームと種類。まさに驚愕。今回はとびうお、くびおれサバ、キハダマグロ、しょうぶダイ、イシガキダイ、マダイ、スジアラ、コショウダイ、カンパチ。それぞれに脂のノリや旨み、食感が違うので、楽しいし勉強にもなります!醤油も九州の甘口と本州の辛口があり、さらに自家製出汁ポン酢も。3種類の味でいただけるのも良いですね。それと、地元で採れた「とびうおの唐揚げ」も美味。ふっくらとした身の部分と、香ばしく揚がった外側。まさに“ふわサク”な食感と旨みがたまりません。アルコールはビールも良いですが、種子島なので、やはり焼酎。まさに今夜も至福です!

魚匠 一条 (いちじょう)
住所鹿児島県西之表市東町23
電話0997-23-1838
営業17:00~23:00(22:00L.O)
定休日日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休み)
料金地魚鮮魚お刺身盛り 小 1500円(税別)
とびうおの唐揚げ 800円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.