今回は福岡編。福智町、川崎町、北九州市、飯塚市、そして福岡市へ2泊3日で行ってきました!
福岡県も広いですね。面積的には47都道府県の29位ですが、福岡空港と北九州空港の2空港あり、大都市的にも福岡、久留米、小倉が。そしてJALと包括連携協定を締結している福智町などもあり、都会&自然の素晴らしさが随所に。
さて、今回も旅が始まります(^^)

今回は福岡へ2泊3日で行ってきました!

こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。

題して・・・
JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!

画像1: 福岡県でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

川崎町の果樹園で地元旬野菜中心のランチバイキング

川崎町の大ヶ原の山を分け入った先に、『ラピュタファーム』は、あります。運営なさっているのは杉本利雄さん。両親が営んでいる果樹園の中に、観光農園を作ったのが最初だそう。今では自然いっぱいの癒し空間で、美味しいランチバイキングが味わえると大評判です。クルマを停めて、お店へと向かえば、店内には数十種類の手作り料理が、ずらり。モロミのクリームパスタなどのパスタ系から果樹園の梨カレーなど定番のほかに、今月のピザや月替わりの料理がたくさん並んでいます。料理は牛・豚・鶏もゼロではないものの、ほぼ野菜や穀物で構成させています。というのもコンセプトが「旬の野菜を使用した創作的料理」というもの。なるほど!と思う一品ばかりで、レシピも提供なさっているそう。そんな食材は8割が地元で、直売所に直接に杉本さんが買い付けに行くのだとか。他にもたとえば揚げ物類は福岡の平田産業の昔ながらの圧搾法による無添加の菜種油を使用したり、パンは園内の『IKURI』で、白ぶどう種や巨峰種などの発酵酵母や福岡県産を中心とした国産小麦を用いて作られていたり。調味料・卵・豆腐などは筑豊で食の安心や健康を大事にする仲間から購入するなど真面目さが光ります。

ラピュタファーム
住所福岡県田川郡川崎町大ヶ原
電話0947-47-4000 (予約優先)
営業11:30~14:45(土日祝~15:45) (80分制) 受付は10:30~13:30(土日祝~14:30)
定休日月曜、木曜日(祝祭日は営業し翌日振替休、木曜日は振替休なし)
ショップ&カフェは10:00~16:00
夜の貸し切りバイキングや、外でBBQも予約で受付

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

小倉駅至近で創業以来60余年、変わらぬ人気を誇る

JR小倉駅にほど近い魚町の銀天街にある『酒房 武蔵』。1953年の創業当時から殆ど変わらぬ外観&店内で、60余年もファンを魅了し続けています。1階のカウンターも良いですが、2階の掘りごたつスタイルのお座敷も、昭和の空気そのものといった風情を残し、それでいて古さを感じさせない接客&料理が見事です。伺うのは当企画でも2回め。約5年ぶりに訪問しましたが、時の経過を感じさせないのも老舗の凄さです。まずはお酒を。今回は純米酒の「九州菊」(くすぎく)にしました。屋号の入ったマスが良いですね~。そして料理メニューを拝見すれば、相変わらず種類豊富で、リーズナブルで敬服します。と思ったら、以前には無かった「ごま鯖」が。さっそくオーダーすれば、サッと特製ダレにくぐらせた新鮮な生鯖の良さが全面に出たごま鯖が登場しました。と共に、やっぱり「串カツ」は外せませんね。250円でこのボリュームで大丈夫なのでしょうか?小倉名物の、糠みそを煮付けのだし汁として、新鮮な鰯を炊いた「じんだ煮」も酒の肴にぴったりです。他にも「真ふぐのカマ唐揚」もふぐが採れる地ならではの良さを物語っています。そして鮮度抜群の「刺身盛り合せ」。もう、たまりません!

酒房 武蔵 (しゅぼう むさし)
住所福岡県北九州市小倉北区魚町1-2-20
電話093-531-0634
営業16:30~22:30(21:45L.O)
定休日日曜、祝日

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

小倉で人気のスペイン料理&バル

小倉駅から北九州モノレールで1駅の平和通駅から徒歩約1分。『Volver』は、東京都内&大阪6店舗のグループ店をもつ新宿老舗の姉妹店。1階は開放感溢れる空間。2次会はもちろん、各種宴会も可能なスペースです。そして2階には4名の雰囲気抜群でラグジュアリーな空間にゆったり座れるソファ、最大14名までの小~中人数宴会に人気の、周りを気にせず楽しめる個室空間などがあるスペイン料理&バルです。イチオシはラムの概念を変えるニュージーランド産ラムチョップのグリル。また、お店自慢のラムチョップをラックで丸ごと香草をまぶしてローストしたラムラックのローストも。またパエリアも自慢で、店内でたっぷりのオマール海老から丁寧に作った自慢のダシを使用した海の幸たっぷりのパエリアや、季節ものなどもラインナップ。他にもタパス3種盛り合せやお皿いっぱいの生ハム、海老のアヒージョ、自家燻製フランス産鴨胸肉のパストラミなど一品料理も数多し。さらに全8品~10品といった各種コースや飲み放題プランも。ドリンクはほとんど手作りで、モヒートに使われるミントはなんと自家栽培!その他、サングリアなどもフルーツたっぷりで手作りと随所にこだわっています。

SPAIN Bar Volver (スペイン バル ボルベール)
住所福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-19
電話093-967-3677
営業月~土、祝前日: 17:00~翌2:00
日、祝日: 17:00~23:00
定休日不定休

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.