こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は熊本編。九州の熊本へ2泊3日で行ってきました。この企画も40回を超えておりますが、地図を見れば一目瞭然ですが、熊本は初!僕自身は毎年、熊本へ取材で伺いますが、熊本市内が殆ど。今回は熊本市と阿蘇市周辺を回ったので、都会あり、自然あり。最近では“くまもん”が超有名な熊本ですが、歴史も古く、古代では「火の国」または「肥の国」と呼ばれています。さらに、7世紀頃から「肥後国、そして安土桃山時代から江戸時代初期にかけて加藤清正が肥後熊本藩主となり、熊本城を築城し、さらに発展しました。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 熊本でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

重厚なトンコツスープに自家製麺。冷めにくい器にもびっくり

今回は熊本空港でレンタカーを借り、1軒目へと向かいます。 まず向かった先は、ラーメン『火の国 文龍 総本店』。熊本空港から約10km。20分ちょっとくらい。県内でも屈指の人気店です。さて、何はともあれ、ラーメンをいただきましょう!代表的なのは「とんこつ黒こってり」。でも、背脂たっぷりすぎるので、最初でしたら「とんこつ黒ふつう」をオススメします。豚の頭やゲンコツなどを"よびもどし"という、いわゆる継ぎ足しスタイルで作ったスープは濃厚で重量感があり、髄まで溶けだし、まさにトロトロ。また、こちらは麺も自家製なのです。多加水麺といって、加水率の高いタイプ。長さ30㎝と九州では長いタイプなので、啜りがいもあります。しかもウェーブがかかっているので、スープともよく絡みます!さらに、器にも秘密があって、ステンレスの2重構造のなかに中空断熱層を設けることによって、スープの熱伝導が抑えられる、"冷めにくく""持っても熱くない"特殊な器を使用しています。

火の国 文龍 総本店 (ひのくに ぶんりゅう そうほんてん)
住所熊本県熊本市東区戸島4-2-47
電話096-388-7055
営業11:30~15:00、17:30~22:30(22:00L.O.)
定休日火曜日
料金とんこつ黒ふつう650円、餃子 6ヶ入350円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

天草直送の活き活き魚貝類を、熊本市内で味わう

熊本一の繁華街にある銀座通り。ホテルエクストールイン熊本銀座通りの隣の建物、銀座ビル地下一階。こちら『海鮮家 福伸 銀座通り』は、海鮮の宝庫"天草"直送の新鮮な魚貝類をはじめ、旬の食材が味わえる1軒です。ランチのイチオシは「福伸ぜいたくご膳」『福伸』は本店が天草にあって、その本店の人気メニューをこちらでも満喫できるというわけ。熊本市内の繁華街にいながらにして、"天草"の食材を堪能できる、まさにぜいたくな海鮮料理店なのです。ちなみに食材は旬にもこだわっているので、都度、変わります。例えば、天草地魚のあら炊きは、お膳の真ん中にドーンと鎮座していて、まさに圧巻。この日は鯛のあら炊きでした。また、お刺身の合わせ2種や海老や野菜の天ぷらもついています。また、「海鮮丼」も人気の一品。旬の海の幸を、いろいろ少しずつ。魚介類のおいしい競演が、わがままに楽しめます。『海鮮家 福伸 銀座通り』には、海産物などが朝と夕方の2回届くそう。また、店内にも"いけす"があるため、新鮮な魚を提供できるのだとか。

海鮮家 福伸 銀座通り
住所熊本県熊本市中央区下通1-9-8 銀座ビルB1F
電話096-227-6800
営業11:30~14:30(L.O.)、17:00~22:30(L.O.)、金土祝前日11:30~14:30(L.O.)、 17:30~23:00(L.O.)
定休日不定休
料金福伸ぜいたくご膳1,600円+税、鮮丼1,800円+税

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

熊本ならではの天草大王を用いたやきとりを堪能

『焼鳥 とさか』のコンセプトは、自然派ワインと日本酒そして熊本の地鶏である天草大王を用いたやきとり。「天草大王」は熊本の地鶏で、明治から大正まで飼育された、日本最大級の大きさを誇る鶏です。今回は「おまかせ五種」をオーダーしたのですが、ささみは、柔らかく、あっさりとした味わい。また、稀少部位のソリレスは、とても大きくて旨味が凝縮されています!さらに血肝(いわゆるレバーですね)は、外が香ばしく、中がしっとりとした焼き上がりで、濃厚な美味しさが広がります。そのほか、つくねやふりそでなどもお見事。そんな5本で1,500円は超お値打ち!!びっくりしました!!僕は東京・大手町のご当地やきとりテーマパーク『全や連総本店 東京』の名誉館長も務めていて、全国のやきとり店を回っていますが、実は熊本に"やきとり"というイメージが無かったんですね。でも、熊本には「天草大王」がある。地鶏によるやきとりの違いも追求しなくては、と再認識させられた夜でした。

焼鳥 とさか
住所熊本県熊本市中央区上通町7-35 熊本和数奇司館1F奥
電話096-325-8323
営業18:00~23:00ごろ、土日祝17:00~23:00ごろ
定休日月曜日
料金お通し(サラダ、スープ、小鉢) 750円、自然派ワイン 4,000円台、5,000円台など、おまかせ五種1,500円、たたき1,000円、白子ぽん酢400円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.