こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は熊本編。九州の熊本へ2泊3日で行ってきました。この企画も40回を超えておりますが、地図を見れば一目瞭然ですが、熊本は初!僕自身は毎年、熊本へ取材で伺いますが、熊本市内が殆ど。今回は熊本市と阿蘇市周辺を回ったので、都会あり、自然あり。最近では“くまもん”が超有名な熊本ですが、歴史も古く、古代では「火の国」または「肥の国」と呼ばれています。さらに、7世紀頃から「肥後国、そして安土桃山時代から江戸時代初期にかけて加藤清正が肥後熊本藩主となり、熊本城を築城し、さらに発展しました。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 熊本でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

イタリア帰りのオーナーシェフによるイタリア料理

今日はイタリア料理店からスタート!熊本電気鉄道藤崎線の終着駅、藤崎宮前駅から約200mの上乃裏通り沿い、ちいさなイタリアン『Piccolina(ピッコリーナ)』。オーナーシェフの宮内崇司さんは、鹿児島出身。アメリカはサンディエゴの大学を出たあと、イタリアで航空貨物の仕事に就き、その後、イタリア料理店で修業ののちに、奥様の出身地である熊本に戻り、お店をはじめたそう。ランチタイムには、パスタランチコースが1,100円。今日は、イタリアのピザ風サンドイッチPIADINA(ピアディーナ)がついた1,600円バージョンを頂きに来ました。この日、登場したのは、新鮮野菜のシーザーズサラダ、PIADINA、たっぷり野菜のスープ、3種類から選べる本日のパスタ、食後のコーヒー。この日のパスタは、フジッリのプーリア風。小さく厚いらせん状のパスタであるフジッリを、トマトや海老とともに、ガーリックや鷹の爪など、ペペロンチーノベースで仕上げています。ディナーも大評判です。コース料理3,000円からあり、4,000円くらいのが一番出るとか。

ちいさなレストラン Piccolina (ピッコリーナ)
住所熊本県熊本市中央区南坪井町5-18 サウスファイブセカンドビル1F
電話096-356-4745
営業11:30~14:00(13:30L.O.)無くなり次第終了、18:00~21:00(L.O.)
定休日日曜日・祝祭日(祝祭日が金・土の場合はOPEN)
料金パスタランチコース PIADINA付き1,600円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

歴史ある「長崎次郎書店」2階が演奏会もできる喫茶室に

熊本市電新町停留所の近くに文化庁登録有形文化財『長崎次郎書店』があります。建ったのは、大正時代。外壁をレンガで固めた木造2階建て。設計は保岡勝也氏。もともとは1800年代初期に細川家の指物師として京都より熊本へ。明治5年の学制発布を受けて、長崎家次男、次郎が教科書を扱う書店を開業しました。そして最近まで政府刊行物を扱う書店として営んできましたが、2013(平成25年)に休業。2014(平成26年)10月26日に、1階が一般書店、2階が喫茶として復活しました。今回は喫茶で、「水出しアイス珈琲」と「ビーフ・ハヤシ スープ付き」をいただくことに。「水出しアイス珈琲」は、スペシャルティ豆で一滴ずつ作られるため12時間かかるそう。一日限定15杯。「ビーフ・ハヤシ」はオリジナルで、玉ねぎの甘さも加わった優しい味わい。滑らかなルウの風味に癒されます。「スープ」は、今回はミネストローネでした。いろいろ変わるそう。あまりの居心地の良さに、何時間も居られそうな気分になりました。

長崎次郎喫茶室
住所熊本県熊本市中央区新町4-1-19 長崎次郎書店2階
電話096-354-7973
営業11:26~18:26(L.O.)、土日祝11:26~18:00(L.O.)
定休日水曜日
料金水出しアイス珈琲※<一日限定15杯> 702円、ビーフ・ハヤシ1,026円 (食事の際の飲み物は※が付いているものは216円安くなる)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

熊本下通りの雑居ビル3階で、極上の馬肉料理に出会った

熊本の名物料理は数多くありますが、馬肉料理もその一つ。特に馬刺しは有名で、「熊本に来たら必ず味わう」という方も多いです。そんな方にぴったりなのが『さくら食堂』。マスターの坂井雄二さんは、元々は洋食のコックさん。大阪でも店を構えていましたが、熊本に戻って、さまざまな飲食店を経営していたそうですが、今は一番好きな馬肉料理だけに絞ったとか。例えば、特選馬刺し(大)は人気メニューのひとつ。霜降りです。口に入れた瞬間、馬肉特有の甘味が広がります。そして、『さくら食堂』が大評判なのは鉄板焼きの"馬焼料理"。僕も、馬肉を焼いていただくことはめったにないので、ドキドキワクワク!まずは、バラひも。ほどよく脂が乗っていて、美味しそう!これを塩ダレで味わえば、ジューシーな脂と爽やかな塩ダレが共存!続いて、ロースひも。しっかりと焼くと肉々しさが出ますね。焼くことで旨味が中にギュッと詰まります。さすが噂通りの高レベル。知る人ぞ知る、そんな隠れ家的な馬肉料理店。

さくら食堂
住所熊本県熊本市中央区下通り1-6-21 下通りセンタービル3F
電話080-3988-6147
営業18:00~23:00ごろ
定休日不定休
料金特選馬刺し(大)1,980円、ロースひも680円、バラひも 780円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.