こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は長崎編。長崎市へ2泊3日で行ってきました。江戸時代の鎖国の頃から出島を介して外国と触れ合えた長崎は、市内随所に歴史を感じさせる建築物が数多く残っています。そして料理的にもカステラやちゃんぽん、トルコライスなど、ご当地グルメがたくさん。もちろん美味しい飲食店もたくさんあり、しかも幅広き方向性もあり、回れば回るほど奥深さを感じます。というわけで、今回も旅が始まります!
画像2: 長崎でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

江戸町に輝くまろやか白湯ラーメン。夜はもつ鍋も!

つい最近まで長崎の麺料理といえば、ちゃんぽんが席巻しておりました。今でももちろん人気ですが、最近どんどん増加しているのがラーメン。市内には100軒を超えるラーメン店が存在し、しかも味も千差万別です。その中から向かったのは「BABAKE」(ババケ)。メニューを拝見すれば、ラーメンが3種類。まずは「白」。ベースはトンコツ&鶏ガラ。丁寧に下処理したのちに、長時間煮込んだスープ。そのため、臭みがなく、濃厚かつまろやかな仕上がりです。白は、塩だれで、ネギ油を少し効かせています。つぎに「黒」。白と同じ白湯スープですが、こちらは醤油だれ&マー油(焦がしニンニク油)で仕上げているので、より濃厚なコクと旨みが。そして「汁なし担々麺」。広島などでは一大ブームを巻き起こしている汁なし担々麺ですが、長崎にあるとは思ってもみなかったので、びっくり。とはいえ、味付けはオリジナル。温泉玉子的な半熟玉子が載っているので、割ってよく混ぜ合わせていただけば、まろやかな辛さを堪能できます。さらに、「麻辣担々麺」(マーラータンタンメン)や夜限定メニューの「らーめん屋さんのこだわりもつ鍋」もあります!

BABAKE (ババケ)
住所長崎県長崎市江戸町6-13
電話095-820-8801
営業12:30~14:00 18:00~スープなくなり次第終了
定休日祝日の夜・日曜の夜・ほか不定休
料金BABAKEらーめん 白650円、BABAKE らーめん 黒650円、汁なし担々麺700円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

パスタが人気!築町の隠れ家的なイタリア料理店

長崎県庁に程近い築町で、白を基調としたレンガが素敵なトラットリア「LA VENTURA」(ラ ベントゥーラ)。オーナーシェフの本田光義さんは、東京のイタリア料理店で腕をふるい、長崎に戻ってからもイタリア料理店を経て、こちらを任され、今年2016年に引き継いだそう。奥様と2人でなさっていることもあり、ランチはカジュアルな感じですが、ディナーは1日4~5組のみ。ゆったりとしたスタイルです。ランチは「Espresso」と名付けられた、自家製フォカッチャ、スープ、サラダ、パスタ、カフェのコースで900円。ほかにも1,200円、1,500円、2,800円のコースあり。今回味わった「ツナと長ねぎのカチョ・エ・ペペ」は、ランチの一例。カチョはチーズ、ペペはブラックペッパー。シンプルですが人気があります。ディナーは、4,500円、6,000円、その他、オーダーで、変えることも可能。「あさりのトマトソーススパゲッティ」や「季節野菜とアンチョビのペペロンチーノ」などがおすすめです。食材は国産にこだわっているそう。近くには有名な築町市場があるので、自ら魚を仕入れたり、島原の食材を扱う八百屋さんから仕入れたりするそうです。

TRATTORIA LA VENTURA(トラットリア ラ ベントゥーラ)
住所長崎県長崎市築町1-5 クレール築町1F
電話095-801-5455
営業11:30~15:00(14:30L.O.) 18:00~23:00(21:30L.O.)
定休日不定休
料金ランチ900円~、ディナー4,500円~

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

美味しくてリーズナブルで深夜まで営業!大評判の寿司店

長崎随一の繁華街、特に夜になればネオンがきらめくのが銅座町周辺です。その銅座観光通りの春雨交差点から銅座橋へと曲がってすぐの通り沿いにあるのが「すし処 小吉 銅座店」。ご主人は入江俊尚さん。店舗を構えてもう25年目だそう。「東京の板橋に「栄寿司 小吉」というお店があって、そこで修業したんです」と入江さん。なんでも、会長が寿司業界ではとても凄い方だったとか(現在は閉店)。もちろん、こちら銅座店も有名店で、企業の社長さんや先生なども足繫く通う寿司店として知られています。今回、握っていただいたのは、上1,700円。長崎の繁華街で社長さんクラスが訪れるお寿司屋さんと聞けば、数万円なイメージだったかもしれません。でも、こちらは美味しくて、しかもリーズナブル!ひらす(ひらまさ)やマグロ、鯛など。一貫が大きくて食べ応えがあります。ちなみに醤油は、地元のチョーコーの刺身醤油。さすが、長崎ですね~。そんな美味なる上寿司をいただいていると、つぎに登場したのが「くじらの自家製ポン酢」1,000円。“さえずり”と言って、くじらのタン(舌)の部分。かつおだしの効いた自家製ポン酢で。生を仕入れて湯がいているそうで、柔らかくて美味!素敵な1軒に出会えました。

すし処 小吉(こきち) 銅座店
住所長崎県長崎市銅座町6-8
電話095-821-9482
営業18:00~翌3:00
定休日日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、祝日休み)
料金上 1,700円、福鶴 生650円、VALDIVIESO(スパークリングワイン)1,300円、BOLLA SOAVE(白)1,500円、くじらの自家製ポン酢 1,000円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

もっとおトクにJALダイナミックパッケージ

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.