こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は屋久島編。鹿児島県の屋久島に2泊3日で行ってきました。
鹿児島空港から約30分のフライトで気軽に行けちゃう屋久島。大阪空港や福岡空港からも直行便が飛んでいます。でも、近隣の種子島や口永良部島などとともに大隅諸島を形成し、世界自然遺産にも選定。縄文杉や大王杉に代表される樹齢が1,000年を超える屋久杉をはじめとして、中央部には日本百名山の一つで九州地方最高峰の宮之浦岳 (1,936m) があったりと、雄大な自然に満ち溢れています。実は僕も初めての屋久島で、ワクワク。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 屋久島でおすすめの美味しい店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

画像2: 屋久島でおすすめの美味しい店9選。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

安房の隠れ家そば。屋久島特産の「やくとろ」は期間限定 きらんくや

「隠れ家」。そんな言葉がぴったりのお蕎麦やさんが、屋久島にあります。安房地区にクルマを走らせ、エコタウンあわほ(Aコープ安房店・安房漁協)の第2駐車場のある小路を進めば、民宿まんまるの約300m先。そこからさらに小路を曲がれば、まさかの場所に店舗が。ご主人の吉良和斗さんは高知県の出身。大学を卒業後、広島や東京で会社員をなさっていましたが、脱サラし、約11年前にご夫婦で屋久島へと移住されました。「屋久島は新婚旅行で来た時から、いいところだなと思っていて、念願叶ったという感じです」と吉良さん。今回いただいたのは、「“やくとろ”のつけとろ」。“やくとろ”とは、期間限定販売の、屋久島特産の山芋とろろのこと。鹿児島産の蕎麦をゆっくりと石臼で挽いた蕎麦粉を丹念に手打ちなさっています。二八そばですね。風味も爽やかで、のど越しも良いです。屋久島で採れたサバを用いたサバ節、枕崎産の本枯れ節などを用いたつけ汁も秀逸で、このまま東京などでお店をなさっても、充分に高レベルな仕上がりですが、実は東京の「一茶庵」系列の学校で習ったのだそう。さらに、“やくとろ”の粘りともちもち感は噂どおりで、蕎麦とよく絡みます。最後は、蕎麦湯でツユを割って、ごちそうさま!屋久島で蕎麦、充分に満喫させていただきました。

きらんくや
住所鹿児島県熊毛郡屋久島町安房540-234
電話0997-46-4610
営業11:30~14:30(14:00入店まで)、18:00~21:00(20:00入店まで)
定休日火曜日
料金“やくとろ”のつけとろ1,000円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

地元の食材を使ったおかずが選べる、セレクト式バリ風ランチ Warung Karang

「Warung Karang(ワルンカラン)」。インドネシア語でWarungは食堂とか小さいお店、Karangは珊瑚。屋久島は山のイメージもありますが、海も青く、珊瑚も。珊瑚には小魚がたくさん集まってきます。そんな雰囲気をレストランで再現できれば、と名付けたそう。料理は京都の飲食店で働きながら料理の勉強をしてきた奥様の担当。店内はインドネシアのバリの雰囲気も漂っています。広々した空間で、天井も高く、自然豊かな眺めも素敵です。そして店内には、数十種類の料理がずらりと並んでいます。バリではライスを盛ったプレートに、お好みでおかずをセレクトして載せる形式の料理があるそう。東南アジアを旅している時にそれに出会い、セレクトスタイルに決めたのだとか。ランチプレートは1,200円で、5種類の料理を選ぶシステム。季節の野菜のバジルソテー、生春巻、レモンバームのオムレツ、しめ飛魚のエスニックマリネなど。東南アジア的な味わいもありますが、地元の魚や野菜もふんだんに取り入れて、健康的な見た目&味わいです!料理はエスニックだけではなく、創作的な一品もあります。お客さんは地元の方が7~8割だとか。しっかりと地元に根付いている1軒です。

Warung Karang (ワルンカラン)
住所鹿児島県熊毛郡屋久島町安房103-2 2F
電話070-4416-4567
営業11:30~15:00(14:30L.O.)
定休日水曜日、木曜日、ほか不定休
料金ランチプレート1,200円(ドリンクとのセットで1,400円)、テイクアウト750円など※ディナーは予約でオードブルなども受け付け

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

オーベルジュ型リゾートホテル「サンカラ」で優雅なディナーを sankara hotel & spa屋久島 okas

屋久島の東南、山を背に海を臨む緑深き高台は、亜熱帯雨林と亜高山気候の交差するエリア。その地に、真のホスピタリティサービスと世界遺産・屋久島への貢献を経営理念とするオーベルジュ型リゾートホテル「sankara hotel & spa屋久島」(サンカラ)があります。サンカラには2ヵ所のディナーレストランがありますが、今回ご紹介させていただくのは「okas」。エグゼクティブシェフは武井智春氏、シェフは林謙児氏。料理は、日々変わりますが、メインコンセプトは「地産地消」。昔の屋久島では「海に10日、里に10日、山に10日」といわれ、人々は里で田畑を耕し、海と山からも豊かな恵みを得て暮らしてきました。サンカラではこの島の恵みをサンカラ・キュイジーヌとして昇華させ、ここでしか味わえない味覚を提供なさっています。しかも敷地内に農園を持ち、自ら育てた野菜も使用するほど。今回いただいたのは、シマアジのタルタルをよもぎ餅で包んだ「カカラン団子 シマアジ」や屋久島ならではの飛魚のコンフィ「飛魚 ズッキーニ ラッキョウ 金蓮」、肉質のジューシーさもさることながら、脂身の甘さが特筆ものの「ふくどめ牧場サドルバック種ロース肉」など、一品一品に丁寧な仕込みが伺えました。まさに一流の仕事ぶりという表現がぴったりです。

sankara hotel & spa屋久島 okas (サンカラホテル&スパ 屋久島 オーカス)
住所鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生字萩野上553
電話0800-800-6007(代表)
営業18:00~20:30L.O.
定休日無休(予約制)
料金ディナー14,600円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.