こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は箱根編。神奈川県の箱根へ2泊3日で行ってきました。いつもは羽田空港から各地へと向かいますが、今回は逆パターン。各地からJALで羽田空港、そして小田急電鉄などで首都圏屈指の温泉地、箱根へ。江戸時代、“天下の剣”と呼ばれた箱根峠の麓には関所などが置かれました。そして近年は観光地としても大人気。ほかの温泉地とちょっと違うのは、一口に箱根といっても湯本、宮ノ下、小涌谷、強羅など広域にわたり、また芦ノ湖も7.03㎢と広大で、各地でさまざまな顔を持っています。それゆえに、何度も足を運んでも魅力いっぱい、そんな箱根。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 神奈川・箱根でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

箱根ラリック美術館のモーニングで、朝から優雅なひとときを

アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けた宝飾とガラス工芸作家、ルネ・ラリック。彼の生涯を綴った美術館が箱根にあります。それが『箱根ラリック美術館』。今回訪れた「CAFE&RESTAURANT LYS(リス)」は、美術館に入らずとも、レストランだけの利用もOK。「フランス・パリ郊外の明るいレストラン」をイメージしてつくられたそう。ちなみに“LYS”とはフランス語で“ユリ”という意味です。 新緑や紅葉が美しい中庭、テラスから続く一年中さわやかな緑を携えた洋芝を眺めながら、「自然の恵み」をテーマにした料理を楽しむことができます。今回いただいた「モーニングセット」は、サラダやヨーグルト、ジュース、コーヒーのほか、メインの“卵料理”を、スクランブルエッグ、洋風茶碗蒸し、LYS風リゾット の3種類から選ぶことができます。また、メインのプレート、オードブル、パンが付く「ランチセット」も人気です。

CAFE&RESTAURANT LYS
住所神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1 箱根ラリック美術館
電話0460-84-2255(代表)
営業モーニング9:00~10:50(L.O.)、ランチ11:00~16:00(L.O.)
定休日無休
料金モーニングセット1,300円、ランチセット1,950円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

箱根湯本駅にある、ホテルプロデュースのベーカリー&デリカテッセン

箱根登山電車の箱根湯本駅。駅周辺にはさまざまなお土産店、飲食店などが軒を連ね、まさに観光の玄関口としての雰囲気。2009年には新駅舎となり、ペデストリアンデッキも配置されるなど、従来とはガラリと変わりました。改札口も2階になったわけですが、その改札外すぐにあるのが『箱根カフェ』。小田急グループのホテルがプロデュースする、いわば駅ナカのカフェです。店内に入れば、美味しそうなパンが並び、テイクアウトのほか、64席ある店内でもいただくことができます。こちらに並ぶのは、小麦・酵母・水、素材にこだわったパンなのです。バゲット、ブリオッシュ、デニッシュなど個々のパンにとって相性のよい「小麦」を国内外問わず選定。「酵母」は箱根の風土・気候、小麦に適した酵母を、それぞれのパンの個性を活かし、店内で焼き上げています。また、『箱根カフェ』のおすすめデリは、小田急グループホテルのシェフがプロデュースしています。上質なデリ、そして当店の定番的なデリなど、こだわりが詰まったとっておきの料理が並んでいます。さらに、改札内にはテイクアウトの「スイーツショップ」が。電車を利用しない方でも、駅員さんに言えば中に入れて買えるそう!

箱根カフェ
住所神奈川県足柄郡箱根町湯本707 カフェ 箱根湯本駅2階改札外 スイーツショップ 箱根湯本駅2階改札内
電話0460-85-8617
営業カフェ8:00~19:00(季節により変動あり)、スイーツショップ10:00~18:00(商品なくなり次第終了)
定休日無休
料金フォンデュパン290円、もっチーナ210円、シチューポット 290円、コーヒー370円、箱根ふあとろチーズケーキ980円、箱根ロース1,340円、箱根プリン320円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

芦ノ湖や箱根海賊船を眺めながら、セルフスタイルのレストランでゆったり

箱根ロープウェイ西側の起点となる桃源台駅は、芦ノ湖・湖畔にあります。箱根海賊船、小田急箱根高速バス、箱根登山バスの発着所でもあるので、駅構内にレストラン、売店などの施設が充実しています。そんな桃源台駅のレストランが『桃源台ビューレストラン』。いわゆるフードコートのような作りで、カウンターでオーダーするセルフスタイル。店内は広々としていますが、それでも繁忙期には満席&たくさんの待ち客となる人気レストラン。カウンター席の前には雄大な芦ノ湖が広がっています。こちらの一番人気は「ふわとろオムライス」(サラダ付き)。まさにふわふわとろとろな卵の食感。彩りの綺麗さも、さらに美味しさを惹きたてます。そして二番人気は「朝霧高原豚のカツカレー」(サラダ付き)。辛口でスパイシーに仕上げた、コクのあるカレーのルウです。カツには朝霧高原ヨーグル豚という銘柄豚を使用しています。ドリンクもコーヒー、紅茶、山梨ぶどうジュース、そのほか、御殿場高原ビールなどアルコール類もあり、カフェ的に利用できるのも嬉しいです。

桃源台ビューレストラン
住所神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
電話0460-84-8887
営業9:00~17:00
定休日無休
料金ふわとろオムライス(サラダ付き) 1,200円、朝霧高原豚のカツカレー(サラダ付き)1,300円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.