こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は箱根編。神奈川県の箱根へ2泊3日で行ってきました。いつもは羽田空港から各地へと向かいますが、今回は逆パターン。各地からJALで羽田空港、そして小田急電鉄などで首都圏屈指の温泉地、箱根へ。江戸時代、“天下の剣”と呼ばれた箱根峠の麓には関所などが置かれました。そして近年は観光地としても大人気。ほかの温泉地とちょっと違うのは、一口に箱根といっても湯本、宮ノ下、小涌谷、強羅など広域にわたり、また芦ノ湖も7.03㎢と広大で、各地でさまざまな顔を持っています。それゆえに、何度も足を運んでも魅力いっぱい、そんな箱根。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 神奈川・箱根でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

クラシカルな富士屋ホテルでいただく、長く愛されるビーフカレー

箱根、宮ノ下。『富士屋ホテル』は1891年(明治24年)に建てられました(本館)。社寺建築を思わせる瓦葺屋根、唐破風の建物。クラシックなフロントやロビーに時代の流れ、そしてゆったりとした時間を感じます。まさに歴史に彩られたクラシックリゾート。その本館の隣が食堂棟で、1930年(昭和5年)の建築。ディナータイムにはフランス料理がいただけるメインダイニング「ザ・フジヤ」で、今回はランチのカレーコース(ビーフカレーセット)を。まずはコンソメスープが運ばれてきました。(ポタージュスープも選べます)。まさに本物のコンソメスープです。優しく、そして奥行きのある味わい。サラダもフレッシュで彩りも豊かです。そしてメインディッシュのビーフカレー。通常、カレーはブイヨンを使用したりしますが、こちらではキチンとコンソメを用いて作ります。仕上げをした後にさらに寝かせ、驚くほどまろやかな味わいに仕上がっています。欧風カレーともいうべき方向性で、まさに長く愛される味。国内・国外の著名人も召し上がれた伝統の逸品。

富士屋ホテル ザ・フジヤ
住所神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359 富士屋ホテル
電話0460-82-2211
営業7:30~9:30、11:30~14:00(土日祝~14:30)、17:45~20:30(予約制。予約は17:45~/20:00~)
定休日無休
料金カレーコース(ビーフカレーセット) 4,480円(税別)(ランチのみ提供)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

芦ノ湖畔の箱根町港に和カフェ&お土産処がオープン!

2016年(平成28年)1月23日、芦ノ湖畔の箱根町港に「和カフェ」と「お土産処」などの施設として、茶屋本陣「畔屋」(ほとりや)がオープンしました。今回ご紹介するのが、2階の『cafe KOMON「湖紋」(こもん)』。 芦ノ湖と富士山を眺めながら、喫茶はもちろん、食事も楽しめるとあって、早くも人気スポットとなっています。メニューを拝見して、一番、気になったのが「本陣だんご」。熱々の炭が入った七輪とともに登場し、自分で焼くスタイルです。また、「特製パンケーキ」もおすすめ。抹茶ベースで、そのまま味わっても、添えられた抹茶アイスや生クリームとともにいただくのもGOOD!さらに、『cafe KOMON「湖紋」』ではコーヒーにもこだわりが。 スペシャリティ珈琲 畔屋ブレンド。 日本スペシャルティコーヒー協会のカップ評価基準に基づく、畔屋が自信をもっておすすめする風味豊かなコーヒーです。

cafe KOMON「湖紋」
住所神奈川県足柄下郡箱根町箱根161-1 茶屋本陣 畔屋 2F
電話0460-83-6711
営業10:00~16:00(15:30L.O.) ※食事は10:30~15:30
定休日無休
料金本陣だんご950円、特製パンケーキ950円、スペシャリティ珈琲 畔屋ブレンド750円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

珍しき「豆腐かつ煮定食」を、強羅でいただく

箱根登山鉄道強羅駅から徒歩2分のところに『田むら銀かつ亭』があります。一見、新進気鋭店に見えますが、案外と歴史があり、1973年(昭和48年)の創業。日本料理出身の初代、田村音松氏が、小料理店としてスタートし、後に、とんかつ・焼き鳥・鰻・季節の一品料理もあるとんかつ店に。現在は息子である2代目の田村洋一氏を中心に、スタッフが切り盛りなさっています。こちらの名物は「豆腐かつ煮定食」。2代目の洋一氏が地元で懇意にしていた『銀豆腐』というお豆腐やさんと話していくうちに、まず「豆腐かつ」が誕生し、それをかつ丼のようにして煮込んで母親に出したところ、とても喜ばれたそう。それをヒントに、『銀豆腐』さんと一緒に研究を重ねて、今のスタイルが完成したのだとか。簡単にいえば、豆腐の間に国産豚のミンチが挟まった玉子とじ煮ですが、旨いです。サバ節などの深みや、玉ねぎの甘さなどで構成された、甘じょっぱい味付けも相まって、ごはんとの相性も絶妙。しかも熱々なので、より美味しさが伝わってきます!

田むら銀かつ亭
住所神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-739
電話0460-82-1440
営業11:00~14:30(L.O.)、17:30~19:30(L.O)
定休日水曜日、火曜日の夜
料金豆腐かつ煮定食1,330円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.