こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は鎌倉・江の島編。神奈川県の鎌倉、七里ガ浜、江の島へ2泊3日で行ってきました!  源頼朝により鎌倉幕府が置かれ、鎌倉大仏や鶴岡八幡宮など歴史的建築物なども随所に見られる鎌倉、相模湾が広がり、湘南という言葉がぴったりで日本の渚百選にも選出された七里ヶ浜、湘南海岸から橋で繋がる、陸繋島の江の島。それぞれに趣がある、人気スポット。というわけで、今回も旅が始まります。
画像1: 鎌倉・江の島でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

生産者とタッグを組んだ奇跡の海鮮料理

最初に訪れたのは、江の島の手前。水族館側に位置する『江ノ島小屋』へとやってきました。こちらは、単に魚が美味しい飲食店というだけではありません。食材へのこだわりが、凄いんです。例えば魚は、石川県鹿渡島定置網「海幸丸」の栗原智章さん。米は、埼玉県北葛西郡杉戸町の「アールキューブエコ」網本欣一さん。味噌は、神奈川県海老名市東の「泉橋酒造」橋場友一さん……など。「生産者さんのところにも、スタッフやその家族みんなで定期的に訪問して、実際に農業体験や漁業体験などを経験しているんです」とのこと。素敵な飲食店です。さて、料理を。「小屋のまかない丼」は、新鮮なお魚数種類のタタキ(なめろう)をお味噌で和えて秘伝のゴマダレをかけた名物丼。「まかない丼」というコンセプトですから、魚は都度、変わります。今日は、イナダとカンパチ。「海幸丸」の栗原さんから届くのですが、栗原さんも真剣な漁師さんで、船上で生け簀に移して、脱血&神経締めを施しているそう。なので美味しさが格別なんですね。ちなみに「アールキューブエコ」の網本欣一さんから届くお米も、もちろん無農薬。美味しさだけでなく、安心安全なども考えた飲食店運営。のっけから素晴らしい1軒に出会えました。

江ノ島小屋
住所神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 江ノ島小屋1F
電話0466-29-5875
営業8:00~15:00、16:00~22:00
定休日12月31日・1月1日・不定休※従業員研修等で不定休となる場合あり(電話要確認)
料金小屋のまかない丼1,430円、漁師汁定食1,360円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

生け簀もあるから海産物の鮮度抜群!

江の島へと向かうと右手に聖天島公園が見えてきます。その公園を抜けたあたりに佇むのが、海鮮料理で話題の『きむら』。「戦前は、さざえやはまぐりなどの貝類の卸だったんです」と、2代目の木村紘一さん。今回いただいたのは、「つぼハマ定食」。さざえのつぼ焼きと、はまぐりが4つ。汁もはまぐり(あさりのことも)が登場しました。さざえのつぼ焼きは、朝から仕込むんだとか。今日のは大ぶりなので1個。小さいときは2個だそう。さざえは地元の七里ヶ浜で採れます。はまぐりは、外房から。注文が入ったら水槽から採り、醤油や出汁昆布、カツオ、酒などで作成した特製の醤油ダシと共に焼いて完成。もう、ぷるぷるでふっくらで香ばしくて熱々で、美味しい! また「きんめ煮付け定食」もおすすめ。きんめは小田原とか伊豆あたりで採れるそう。新鮮なきんめが朝に届いて、うろことか内臓を丁寧に取るのだとか。それを、やはり注文が入ってから大鍋で醤油、砂糖、味醂、酒などで作成した自家製の煮汁を加えて十数分煮付けて完成。旨みたっぷりの肉厚きんめは、ほんのり甘めな仕上がりで、もう、素晴らしいとしか言いようがないです。

きむら
住所神奈川県藤沢市江の島1-6-21
電話0466-22-6813
営業11:50~20:00(18:00以降は電話要確認)
定休日不定休
料金つぼハマ定食1,500円、きんめ煮付け定食2,200円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

とにかく、しらす三昧。しらすが随所に活きる料理店

「しらす問屋 とびっちょ」は、オープンから夜までずっと行列が続く、大の人気店です。こちらは生しらすが有名なのですが、実は取材に伺ったときは禁漁期間(1月~3月中旬)。ご紹介するのは生しらす以外の3品です。まずは、「しらすのかき揚げ」。釜揚げしらすは、由比ガ浜などから仕入れて、天然塩で塩分濃度も低めに茹で揚げています。そんなしらすをかき揚げにしたのが、こちら。サクサクと軽い食感、香ばしい味わい。「しらすのかき揚げ」が載った丼もあります。続いて「釜揚げしらす丼」。釜揚げのしらす自体が柔らかくて旨味たっぷりで美味。これを、卵の黄身と特製ポン酢で頂きます。ごはんは熱々です。そして、最後が「釜揚げしらす3色丼」釜揚げしらす、ネギトロ、いくらが載った丼。こちらは、ごはんを赤酢で仕上げています。ネギトロやが生の海産物なので、ごはんも熱々ではなくて、ほんのりと温かい程度でまとめています。釜揚げしらずの味わいはもちろんいいですが、ネギトロやいくらの鮮度も良く、まさに、ヤミツキの味です。

しらす問屋 とびっちょ
住所神奈川県藤沢市江の島1-6-7
電話0466-23-0041
営業11:00~21:00(20:00L.O.)
定休日無休
料金しらすのかき揚げ1枚850円、釜揚げしらす丼890円、釜揚げしらす3色丼1,350円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.