建築分野で最も権威のある賞のひとつ、プリツカー賞を受賞したことでも知られる建築家・坂 茂(ばん しげる)氏。坂氏の建築の特徴といえば、自然との調和です。紙や木を使った坂氏の建築には、包み込むような優しさがあり、その空間に身を置くことで満たされた時間を過ごすことができます。本記事では淡路島に新しくオープンしたスポットをはじめ、坂茂建築を肌で感じることのできる日本各地の宿泊施設を紹介します。

【兵庫】淡路島の森に開業「禅坊 靖寧」

国生み神話の島・淡路島の森の中にまるで浮いているかのような佇まいの「禅坊 靖寧(ぜんぼう せいねい)」。2022年4月にオープンした、座禅リトリートの施設です。

淡路島は兵庫県に属していますが、実は徳島空港を利用するのが便利。レンタカーで寄り道しながら下道を走るのも楽しいですし、淡路島を縦断する高速道路を走れば、徳島空港から約1時間でアクセスできます。

画像1: 【兵庫】淡路島の森に開業「禅坊 靖寧」

禅坊 靖寧は、坂氏の設計の特徴ともいえる、自然との調和が色濃く感じられる建物。山々を眼下に見るような高さを誇る建物ではなく、周囲の山の稜線を越えないように設計されているため、森に溶け込むような佇まいが印象的です。

画像2: 【兵庫】淡路島の森に開業「禅坊 靖寧」

チェックインを済ませると、3年以上熟成させた葉や茎を使った、まろやかな風味の三年番茶でのおもてなし。一息つくと、この空間が建物内にありながら、木の香りに満たされていることに気が付くでしょう。禅坊 靖寧は、国産杉を使った木造建築。建物全体で清々しい木の香りが感じられます。

画像3: 【兵庫】淡路島の森に開業「禅坊 靖寧」

ぜひテーブルにも注目してください。テーブルの脚には、紙管(しかん)が使われています。坂氏は、世界中のどこでも手に入る紙管を用い、被災した人々の災害住宅や難民のためのシェルターを造る建築家として世界に広く知られています。

建物の天井にも、テーブルとは太さの異なる紙管が使われています。紙管は、坂茂建築を象徴する建築資材なので、どのような使い方がされているかを見るのも楽しみのひとつです。

画像4: 【兵庫】淡路島の森に開業「禅坊 靖寧」

また、坂茂建築に関する書籍を集めた開放的なラウンジもあります。禅体験の合間にぜひ利用してみてください。

泊まるのはホテルではなく「宿坊」

禅坊 靖寧は新しい施設なので、ついつい「ホテル」と言ってしまいそうになりますが、泊まるのはホテルではなく、各個室に禅の言葉が付けられた「宿坊」です。

画像1: 泊まるのはホテルではなく「宿坊」
画像2: 泊まるのはホテルではなく「宿坊」

廊下の左右に18の宿坊が並び、それぞれの部屋に「日日是好日」「諸行無常」「色即是空」「知足」といった言葉が付けられています。どの部屋にあたるかは当日のお楽しみ。自分に与えられた言葉の意味を考えることも、日常生活に戻ったときの何かの気付きに繋がるかもしれません。

画像3: 泊まるのはホテルではなく「宿坊」

無駄なものを省いた小さいながら居心地の良い空間と、畳のベッドを見た瞬間、「起きて半畳、寝て一畳」という言葉が頭をよぎる人もいるのではないでしょうか。余計なものがない自然に囲まれた空間は、自分と向き合う時間にぴったりでしょう。

ちなみに宿坊は宿泊だけではなく、日帰りプランで個々の休憩室としても利用可能です。

禅体験と禅坊料理

シンギングボウル(鈴)の心地よい音色が鳴り響くと、禅体験が始まる時間。360度淡路島の森を見渡せる開放的な空間で、森に浮かぶような“空中禅”を楽しめます。

画像1: 禅体験と禅坊料理

禅にはストイックなイメージがあるかもしれませんが、ここでの禅体験は、禅にヨガやリラックスの要素を加えたオリジナルプログラム。専用の椅子が用意されていて、正座や胡坐が苦手な人も、ストレスなく集中することができます。

暖かな陽射しや、雨が木々を叩く音、鳥のさえずり、森を通る風の音を感じながら、マインドフルネスな体験に心身をゆだねてください。

画像2: 禅体験と禅坊料理

禅体験の後は、禅坊料理を。豆腐や淡路島の野菜、時には料理長が摘んできた山菜などを楽しめます。油や動物性食品、砂糖を一切使わずに、驚くほど豊かな味わいを表現。禅体験で心を開放した後は、余計なものが含まれていない健康的で優しい料理で、体も労ってあげましょう。

日本の伝統文化に親しむ

画像1: 日本の伝統文化に親しむ

自由に茶道や書道に親しむ時間も設けられていて、好きな場所で体験ができます。

例えば書道の時間。一文字一文字、丁寧に目の前の書と向き合うことは、自分と向き合うことに通じるものがあります。筆を進めるにつれ、心が満たされていくことでしょう。

ちなみに、建物のあちらこちらで見られる禅坊 靖寧のロゴや書道の監修は、書家の紫舟さんによるものです。

画像2: 日本の伝統文化に親しむ

茶道体験は、全長100mのウッドデッキで行ってみてはいかがでしょうか。木々が織りなす緑のグラデーションを眺めながら、大自然と自分に向き合う時間を持つことができます。おもてなしの心を学びながら、季節を感じるお茶碗で、自分のための一服を点てます。

自然と調和した空間で、自身も自然に回帰して溶け込む。そんな坂氏の建築とおもてなしによって生まれるこの時間を、ぜひ現地で体感してみてください。

※プログラムの内容は、お申し込みプランによって異なります

禅坊 靖寧(ぜんぼう せいねい)

住所兵庫県淡路市楠本字場中2594-5
電話090-7801-4063
webhttps://www.zenbo-seinei.com/

次のページでも、坂茂氏の建築を体感できる全国の宿泊施設をご紹介していきます。

関連記事

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.