こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は南紀白浜編。和歌山県の南紀白浜へ2泊3日で行ってきました。実は僕、南紀白浜空港は初めてなんです。和歌山県にはもちろん何度も伺っていますが、和歌山市内周辺が殆どで、いつもは関西国際空港から電車というルート。なので、田辺市とか白浜町とかに今回伺って、超新鮮。それに、こんなに便利だったのか!とびっくりです。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 和歌山・南紀白浜でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

紀伊田辺駅前で、新ご当地グルメ「あがら丼」をいただく

※このお店は現在閉店しております。

JR紀勢本線(きのくに線)紀伊田辺駅は、1932年に開業しました。近年は、紀伊山地の霊場と参詣道がユネスコの世界遺産に登録されたこともあり、駅周辺は「都市再生整備計画」に伴う改修が施されました。そんな紀伊田辺駅前の駅前商店街にあるのが『銀ちろ 駅前店』。「紀州の味処」と称する通り、和歌山の様々な郷土料理や名物料理、グルメが味わえます。本店は創業50余年、こちら駅前店も約40年は経っているとか。さて、「あがら丼」をご存じでしょうか?田辺市で2007年に誕生した丼。「あがら」とは田辺の方言で「私たち」という意味。あがら丼とは「当地の旬の食材を使った私たちの自慢の丼」という思いで名付けられ、2015年には13店舗で味わえます。各店舗とも違う内容のため、食べ比べるのも楽しいです。今回伺った『銀ぎろ 駅前店』では「さざなみ弁当」というのが、それです。

銀ちろ 駅前店 (ぎんちろ えきまえてん)※このお店は現在閉店しております。
住所和歌山県田辺市湊990-2
電話0739-22-9277
営業11:00~22:00(21:00L.O.)
定休日不定休
料金さざなみ弁当1,944円

紀伊田辺駅前で、昭和を感じる自家焙煎の喫茶店

かつて全国には、個性的な喫茶店がたくさんありました。そんな、昭和的な喫茶店が、どんどん無くなっていく寂しい世の中です。でも、JR紀伊田辺駅前に、まだ健在。『珈琲専科べる・かんと』。こちらは、自家焙煎のお店です。秤とか、焙煎機とかが、店内に入った左側にありました。素敵ですね。美味しい珈琲が楽しめそう!マスターは、大野貴生さん。最初、強面で難しい方かと思ったら、実は話好きで、いろんなお話を聞かせて下さいました。2時間以上、いた(笑)。大野さんは地元、田辺の出身ですが、東京の大学を卒業したそう。「東京に『邪宗門』という喫茶店があって、大好きだったんですよ。こっちに戻ってきて、何をしようかなと思って、いろいろ考えたけれど、喫茶店をしようかと」と、大野さん。僕はコーヒーに全然詳しくないので、大野さんのおっしゃるコーヒーにまつわる話がとても新鮮で勉強になります。あとは大学生だった頃の話とかも興味津々。

珈琲専科 べる・かんと
住所和歌山県田辺市湊961-5
電話0739-25-0591
営業9:10~22:00すぎ頃
定休日無休
料金アイスコーヒー380円、コーヒーぜんざい580円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

紀伊田辺の「味光路」で、ずっと人気の居酒屋に

JR紀伊田辺駅は、そんなに大きな駅では無いです。乗車人数も2012年のデータで、一日約1,600人。でも「味光路」と呼ばれる駅前の飲食店街には約200軒もの寿司・割烹や居酒屋・焼き鳥・ろばた・焼肉・ラーメン・スナック・クラブ・バーなどがひしめき合っています。そんな「味光路」で、ずっと人気の居酒屋さんが『とっくり』。ご主人の小山薫さんは、京都や大阪などで日本料理の腕を揮い、田辺に戻ってお店を構えたそう。まずいただいたのは、日本酒。さすが、「とっくり」です。そしてこちらでは、おでんも人気です。大根、厚揚げなど定番が揃っています。さらに、田辺界隈は、なんといっても海産物が美味しい地。「お造りの盛り合わせ」を。魚は、その日によって変わります。今回のお造りは、トロ、本まぐろ、いさみ、しまあじ、いか、さば、鯛。「生しらすのかきあげも、どうですか?」と、見せてくださったのが、生しらす。おお、なかなかお目にかかれない逸品です。もちろん地元の田辺で採れたものでした。

とっくり
住所和歌山県田辺市湊1167-4
電話0739-24-7952
営業17:30~22:30
定休日日曜、祝日
料金お酒(ダブル)800円、お造りの盛り合わせ 1,350円など、生しらすのかきあげ650円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.