こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は大阪編。大阪市周辺へ2泊3日で行ってきました。JAL2泊3日グルメの旅では、以前にも大阪に伺った事があります。第3回なので、もう3年位前になりますね。なので、2回目の登場です。人気スポットゆえの、再度のご紹介。相変わらずエネルギッシュな街ですが、お洒落な雰囲気の飲食店なども多いのです。そんな中、今回は、大阪空港から梅田への阪急線あたり、そして天王寺までの大阪市営地下鉄御堂筋線沿線をターゲットに回ってみました! さて、今回も旅が始まります。
画像1: 大阪でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

素敵な雰囲気で味わう朝食は、案外リーズナブル

1軒目は、中の島にあるカフェレストランへと向かいました。ダイビル本館。もともと1925年(大正14年)に建てられた旧ダイビルのレンガなどを再利用し、2013年(平成25年)に完成した高層ビル。その1階にあるのが『Dallmayr Cafe & Shop』(ダルマイヤー カフェ&ショップ) 。『ダルマイヤー』の起源は1700年頃。雑貨店としてスタートし、特に1900年頃には、ヨーロッパを代表するデリカテッセンとして、バイエルン王室およびドイツ帝国皇帝に「皇室御用達」として重用され、その後、コーヒー部門、紅茶部門を立ち上げて、双方の分野において品質の高い商品を数多く生み出してきました。その日本初となるフラッグショップ&カフェが、2013年7月にオープンしたというわけ。今回のお目当ては、11時まで提供なさっている「朝食プレートセットメニュー」。この優雅な雰囲気ですから、凄く高価なイメージがありますが、なんと、ドリンク付きで770円。また、カフェタイムには「ティーサロンセット」も良いでしょう。バウムクーヘンや本日のケーキなどが選べますが、イチオシはバウムクーヘンです。

Dallmayr Cafe & Shop (ダルマイヤー カフェ&ショップ)
住所大阪府大阪市北区中之島3-6-32ダイビル本館1F
電話06-6479-0202
営業8:00~19:00、土日祝10:00~20:00
定休日無休
料金朝食プレートセットメニュー770円、イルガフェッチェ FrenchPress 350ml1,240円 ティーサロンセット1,430円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

阿倍野の人気たこ焼き店は、何もつけずに味わうのがベスト

大阪名物のグルメといえば、多種多様なものがありますね。お好み焼き、イカ焼き、串カツ……。さすが“くいだおれの街”です。“たこ焼き”も、もちろんそのひとつ。今では全国に広がったたこ焼きですが、元祖の『会津屋』が考案したのが、昭和10年。以来、80年、大評判の料理となりました。『あべのたこ焼き やまちゃん本店』は、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気店です。こちらのたこ焼きは、味付けがさまざまで迷います。どれがイチオシか伺うと、なんと、何もつけない「ベスト」だそう。というのは、鶏ガラに約十種類の果実・野菜で4時間煮込んだスープと、昆布・かつおの和風だしをブレンドして出来た自慢の生地なんだそう。スープは毎朝4時から鶏ガラに玉ネギ・キャベツ・ニンジンなど季節によって種類を変える野菜と、パイナップル・リンゴなどの果物を10種以上合わせ、4時間煮込んで作るのだとか。そこに、昆布とかつおでとった和だしをブレンドし、粉を加えているので、まさに風味豊かなのです。

あべのたこ焼き やまちゃん本店
住所大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-34
電話06-6622-5307
営業11:00~23:00、日祝11:00~22:00
定休日第3木曜日
料金8個400円ほか

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

マスター交えてワインを飲む、そんな明るいオステリア

阪急線沿線には、こだわりのレストランが随所に見られます。今回伺った『Osteria giada』(オステリア ジャダ)もその1軒。石橋駅からすぐのオステリアです。オステリアとは、イタリアの「わいわい楽しめる大食堂」のこと。美味しいイタリア料理やワインをいただきながら、美味しく楽しい時を過ごせます。というのも、マスターの三浦裕介さんも一緒になってワインを飲んでいる、そんなお店なのです!ワインはもちろんFOODも充実するのがこちらの魅力。たとえば「前菜5種盛り合わせ」は、アキレスとヒヨコ豆のトマト煮、椎茸のパテ詰めなど、5種類が組み合わさっておりました。リクエストで内容は替えられるのだとか。さすが、和気藹々としたレストランです。「20~21時になると照明を暗くして、ロウソクを置くんです。さらにムーディーな感じになりますよ」と笑う三浦さん。そして今日も、明るい笑い声が聞こえるオステリアになるのでした。

Osteria giada(オステリア ジャダ)
住所大阪府池田市石橋2-1-5 ヴィラ ヴァン クレール1F
電話072-761-7177
営業18:00~翌1:00(24:15L.O.)
定休日木曜日
料金ポテガス・エグーレン メルセデス エグーレン カルベネ・ソーヴィニヨン 2012 ボトル3,000円、コルデロ ディ モンテツェモロ アルネイス ランゲ4,500円、前菜5種盛り合わせ1,680円、ボロネーゼ1,200円、マルゲリータ750円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.