こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は南あわじ市編。本州と四国の間にある、兵庫県は淡路島の南側、南あわじ市へ2泊3日で行ってきました。南あわじ市は淡路島の南部に位置し、南部と西部はそれぞれ播磨灘、紀伊水道に面し、北部の先山山地、南東部の諭鶴羽山地、西の南辺寺山塊に囲まれ、中央部には三原平野が広がっています。また、紀淡海峡には、周囲約10キロメートル、人口約700人の沼島が浮かんでいます。うず潮が見られるのも有名。
2016年1月11日には「あわじ国」として独立を宣言して、地元出身のタレント、上沼恵美子さんが官房長官に就任し、現職の中田勝久市長が大統領となり、壮大なフィクションを交えながら同市の魅力をPRする特設サイト( http://www.awajikoku.com/ )がインターネットで公開されました! 地理的には兵庫県ですが、徳島空港から大鳴門橋を通れば市内へは約30分という近さ。案外と便利な市なのです。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 兵庫・南あわじ市でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

道の駅とは思えぬ真剣な料理を「うずしお」で

今日も良い天気で、青空が広がっています。そんな快晴の日にぴったりなのが『道の駅 うずしお』。大鳴門橋が一望でき、満潮と干潮の際には、橋のたもと付近から、うず潮を見る事ができるそう。そんな『道の駅 うずしお』を一躍有名にしたのが「あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店」です。こちらには第3回全国ご当地バーガーグランプリにて1位に輝いた「あわじ島オニオンビーフバーガー」と、第4回にて2位に輝いた「あわじ島オニオングラタンバーガー」などがメニューにあります。また、「道の駅うずしおレストラン」では、目の前に大鳴門橋と紺碧の海が広がっています。そんな壮大な景色とともに、旬の島食材が堪能できます。たとえば、「白い海鮮丼」皿の上には、その日の入荷から目利きで選んだ新鮮な白身の地魚5種類がズラリと並びます。他の『道の駅』よりも、とても真剣に料理を見つめている素晴らしさ。地元の食材をふんだんに使用するこだわりぶりにも嬉しくなりました!

あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン本店/道の駅うずしおレストラン
住所兵庫県南あわじ市福良丙947-22 道の駅うずしお 内
電話0799-52-1157(代表)
営業【オニオンキッチン本店】9:30~17:00(FOOD16:30L.O.)、土日祝9:00~17:00L.O. 【道の駅うずしおレストラン】カフェ9:00~16:30、食事11:00~16:30(16:00L.O.)
定休日無休
料金あわじ島オニオンビーフバーガー600円、あわじ島オニオングラタンバーガー600円/白い海鮮丼1,800円、淡路牛鉄火丼1,500円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

マルシェで地元食材などの買物、イートインでピザや海鮮丼!

『道の駅 福良』、その核となる1軒が「福良マルシェ」です。食の宝庫である淡路島の食材が集結した「福良マルシェ」は、地元のものだけしか扱わないというコンセプトのもと農産物、海産物、加工品にまで生産者の顔が見える提供の仕方をなさっています。いわば、全ての食品は「淡路島の美味しいもの」にこだわっています。そして、こちらのイートインには名物料理が2つあります。まずは「淡路島ピザ」。オーダーしてから生地を手で伸ばし始める、いわばナポリ風のピザです。面白いのは、しらすを載せる点。これが意外にもピザにぴったり!新しい味わいです。つぎは「海鮮丼」これは物販コーナーに様々なお刺身(お造り)が売られているので、好きなものを購入し、ごはんか酢飯を選んで自分好みの海鮮丼を作ろうというもの。魚は毎朝、クボタ水産さんが新鮮な魚を届けてくれるそう。そんな、マルシェのこだわりを支持してくださる仲買人さん、生産者さんなどがいらっしゃるので、美味しいものが提供できるというわけです。

福良マルシェ
住所兵庫県南あわじ市福良甲1530-2 道の駅 福良 内
電話0799-52-1244
営業10:00~18:00、土日祝9:30~18:00
定休日無休
料金淡路島ピザ500円、セルフ海鮮丼620円~

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

“ふくらし粉”不使用で、国産小麦粉&米粉、地元の卵、こめ油で作ったシフォンケーキ

淡路島グルメ2泊3日の旅も、最後の1軒となりました。向かった先は、シフォンケーキのお店、『fortune』。店主は天野さつきさん。『道の駅うずしお』で月に2回開催される朝市に出展していたところ大評判となり、店舗化したそう。実は『fortune』を最後に訪れる事にしたのは、無添加だから。冷蔵で3日間しか持ちません。国産小麦粉を使用したシフォンケーキで、いわゆるベーキングバウダーのような“ふくらし粉”すら用いない自然派タイプ。国産小麦粉と地元、北坂養鶏場の「淡路島たまご」などで構成されています。それと、米粉ですね。米粉配合のシフォンケーキで、油は今、話題の「こめ油」を使用。もちろんテイクアウト可能ですが、イートインスペースでも「淡路島牛乳」などとのセットでいただけます。人気の「淡路島プレーン」はシンプルで、通常のシフォンケーキよりも食材の良さがダイレクトに出た感じ。このほか、「淡路島レモンヨーグルト」や「チョコマーブルしふぉん」など、淡路島の優しさが溶け込んだような、素敵なシフォンケーキをいただきました。

fortune (フォーチュン)
住所兵庫県南あわじ市福良甲1530-2 道の駅 福良 内
電話0799-52-3607
営業10:00~18:00(なくなり次第終了)
定休日水曜日、第2、4火曜日
料金淡路島プレーン260円(カット)、淡路島レモンヨーグルト 280円(カット)、チョコマーブルしふぉん280円(カット)、淡路島牛乳270円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

南あわじ市ならではの“玉ねぎ”を使用したお土産をゲット!

さて、今回も番外編。 大鳴門橋にほど近い『うずの丘 大鳴門橋記念館』へと伺いました。淡路島南ICすぐ近くにあり太平洋と瀬戸内海にかこまれ四国の山々を背景に、大鳴門橋や鳴門海峡を眺められる風光明媚な高台にあります。今回ご紹介するお土産は3つ。まずは、淡路島産の玉ねぎである「潮風玉ねぎ」。南あわじ市阿万吹上の阿部農園さんの作品。潮風を受けて伸び伸び育ったため、特に甘い玉ねぎなのだそう。つぎに、「玉葱×わさびドレッシング」。淡路島産玉ねぎと伊豆産本わさびが出会った「ツ~ンと甘い!」がクセになる味に仕上げたドレッシングです。さらに「クレイジーオニオンジャム」。なんと、淡路島産玉ねぎがジャムにまでなっちゃいました。スパイシーで刺激的な大人の万能ジャム。お肉、パン、クラッカー、チーズ、ハム、野菜サラダ、揚げ物のソースのほか、カレーの隠し味にも良いのだとか。

うずの丘 大鳴門橋記念館 (うずのおか おおなるときょうきねんかん)
住所兵庫県南あわじ市福良丙936-3
電話0799-52-2888
営業9:00~15:30(15:00L.O.)
定休日無休
料金うずの丘海鮮うにしゃぶ3,800円(税別)、潮風玉ねぎ 1.5kg560円(税込み)、玉葱×わさびドレッシング400円(税別)、 クレイジーオニオンジャム695円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.