こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は南あわじ市編。本州と四国の間にある、兵庫県は淡路島の南側、南あわじ市へ2泊3日で行ってきました。南あわじ市は淡路島の南部に位置し、南部と西部はそれぞれ播磨灘、紀伊水道に面し、北部の先山山地、南東部の諭鶴羽山地、西の南辺寺山塊に囲まれ、中央部には三原平野が広がっています。また、紀淡海峡には、周囲約10キロメートル、人口約700人の沼島が浮かんでいます。うず潮が見られるのも有名。
2016年1月11日には「あわじ国」として独立を宣言して、地元出身のタレント、上沼恵美子さんが官房長官に就任し、現職の中田勝久市長が大統領となり、壮大なフィクションを交えながら同市の魅力をPRする特設サイト( http://www.awajikoku.com/ )がインターネットで公開されました! 地理的には兵庫県ですが、徳島空港から大鳴門橋を通れば市内へは約30分という近さ。案外と便利な市なのです。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 兵庫・南あわじ市でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

うどん店で味わう“淡路島ぬーどる”使用のカレーつけ麺

今日は南あわじ市の有名うどん店『鼓亭』からスタート!『鼓亭』は、創業約30年。以前の場所でも大評判でしたが、大評判すぎて店舗拡張のため、こちらへ移転して10数年。ご主人の赤沢稔さんは大阪で修業を積んで、地元へ戻ったあと、結婚式場などで腕を揮い、独立したそう。自分のお店を持ってからも「地元の人が多いから手を抜けませんね」と、真剣な毎日。もちろん、うどんも美味しいですが、今回いただいたのは「淡路島ぬーどる カレーつけ麺」。淡路島は古くから手延べ麺が有名で、それを活かして誕生したのが乾麺の「淡路島ぬーどる」。『鼓亭』ではカレーつけ麺バージョンを考案したというわけ。細めで、するりと、食べやすい麺ですね。つけ汁がカレー仕立てなんですが、スパイスが効いているものの淡路島ならではの玉ねぎが甘さを引き立てています。チーズや温泉玉子のコクもGOOD。「え?うどん屋さんでこの高レベルって?」と驚きましたが、実は赤沢さんは洋食出身なのだそう。なるほど! 淡路島の“美味”がコラボレーションしたようなつけ麺に敬服しました!

鼓亭 (つづみてい)
住所兵庫県南あわじ市福良甲512-22
電話0799-52-2639
営業11:00~15:00、17:00~20:30
定休日木曜日
料金淡路島ぬーどる カレーつけ麺880円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

地元の新鮮な魚料理に定評のある旅館は、ランチだけでもOK!

灘土生に、凄い旅館があるという噂を耳にし、やってきました。それが『はぶ荘』。旅館ですが、ランチタイムには料理がいただけるみたい。ご主人は斎藤聡さん。料理にとても真剣な方です。「うちは、料理は一流、旅館は三流だからね」と笑います。大阪の調理師学校を出ているそう。大将おすすめと書かれているので「おまかせ定食 (上)」をいただくことに。すると、斎藤さんはおもむろに生簀に行き、なんと、メバルを!これが定食になるのか?そして「おまかせ定食(上)」が登場です。うわぁ、想像よりもずっと豪華な定食。これで2,600円は超お得です!お造りからしてびっくり。天然のさより、あおりいか、たこ。全て、はぶ荘から見える海の沖で採れるそう。鮮度抜群!煮付は、やはり、メバルでした。さきほどまで泳いでいたわけで、まさに新鮮そのもの。柔らかさが違いますね。全体的に優しい味付け。「メバルは5種類あるんですよ。違いが分かる人は、少ないねぇ」と斎藤さん。これだけの高レベルな魚介類を使用して、2,600円。これは、有りえないお得感ですね。

はぶ荘 (はぶそう)
住所兵庫県南あわじ市灘土生15-13
電話0799-56-0128
営業11:00~15:00ごろ
定休日日曜・祝日
料金おまかせ定食(上)2,600円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

南あわじ市の淡路牛を味わい尽くせる焼肉店

南あわじ市は、淡路牛にも定評があります。初日1軒めに淡路うし重 をいただきましたが、今宵は、さらに堪能するべく、焼肉料理店へと足を運びました。『焼肉 平松』は淡路牛を知り尽くした店長が、訪れる人に美味しい牛肉を味わってもらおうと厳選。近隣の指定牧場から直に仕入れ、新鮮で非常に美味しい味の淡路牛をリーズナブルな価格で提供しています。こちらはまさしく淡路牛の鮮度の良さがピカイチ。ずらりと並んだ光景は、まさに圧巻です。見ただけで美味しさが分かります!たとえば、特選上ロース(数量限定)。淡路牛はサシが細かくて、脂が甘いのが特徴。まさに“逸品”の名が相応しきお肉。また、特上ハラミ(数量限定)は、肉のやわらかさの中に、しっかりと歯ごたえが。ガッツリ食べたい人にオススメの部位。決して繁華街でもなく、県道からも少し離れていますが、神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICを出て1分と、クルマなら便利な地にあるのもポイントです。

焼肉 平松 (ひらまつ)
住所兵庫県南あわじ市湊里159
電話0799-36-3015
営業月火木金土&祝前日11:30~14:00(13:30 L.O.)、17:00~22:00(21:30 L.O.)、日祝11:30~22:00(21:30 L.O.)
定休日水曜日
料金特選上ロース(数量限定)2,060円、特上ハラミ(数量限定)1,240円、牛・特上塩タン(数量限定)1,240円、コリコリ(大動脈)590円~、小腸 590円、上ミノ800円、野菜焼き盛り合わせ580円、グリーンサラダ730円、テールスープ870円、ホルモンスープ980円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.