画像: 「おいしい」山形をご紹介!紅花で山形県河北町の魅力を体感

JALふるさと応援隊〔山形県〕 池上・佐藤・酒井

画像1: ※撮影時のみマスクを外しています

※撮影時のみマスクを外しています

皆さま、こんにちは!
日本航空客室乗務員、JALふるさと応援隊(山形県)の池上、佐藤、酒井です。

皆さんは山形県の文化の礎である"最上紅花"をご存知ですか?
聞いたことがない方も多いかもしれませんが、その歴史は江戸時代にまで遡ります。
色鮮やかな紅花は、山形県からはるばる京都まで運ばれ、口紅や染料として京都の町を彩っていました。
この度、山形空港からほど近い山形県河北町にて、河北町役場および河北町観光協会、河北べに花会、DMOさくらんぼ山形の皆さまにご協力をいただき、古くから伝統ある最上紅花生産活動を私たちJALふるさと応援隊(山形県)のメンバーがお手伝いしその魅力を体感してきました。

~最上紅花生産活動~

今回は4月の種まきから7月の収穫まで一連の流れに携わらせていただきました。紅花の摘み取りは初めてでしたが、河北べに花会の皆さまが山形弁で「とげに気をつけてね」「この紅花が取れ時だね」などと優しく教えてくださるので、いつのまにか夢中になってしまいました!紅花は飾るだけではなく、染料として紅花染めなどに形を変えて美しく表現し続けていることに県花としての魅力を感じました。ぜひ、河北町で紅花の魅力を体験してみてはいかがでしょうか?

画像: ~最上紅花生産活動~
画像2: ※撮影時のみマスクを外しています

※撮影時のみマスクを外しています

画像3: ※撮影時のみマスクを外しています

※撮影時のみマスクを外しています

~紅花染め体験~

シルクのハンカチに紅花の染料をつけ、10分ほど生地を揉みながら漬け込む工程を2回繰り返し、色止め、洗浄を行うと紅花の赤色が鮮やかな染物の完成です。
紅花は染料の素の紅餅に液剤を加えることで濃い紅色、ピンク、黄色と色を出すことができ、紅花の黄色い花のイメージからは想像がつかない発色の良さも魅力です。

画像4: ※撮影時のみマスクを外しています

※撮影時のみマスクを外しています

画像1: ~紅花染め体験~
画像2: ~紅花染め体験~

【お問い合わせ先】河北町紅花資料館

URLhttps://www.benibananosato.jp/guide/miru/shiryoukan/
住所〒999-3511山形県西村山郡河北町谷地戊1143

~山形空港の愛称「おいしい」山形空港とは??~

山形空港の愛称にもなっている「おいしい山形空港」なぜこの名称になったかご存知ですか?
この「おいしい」という言葉には単に食べ物の味がいいという意味だけではなく、「好ましい」、「見事だ」という意味もあり、山形県の食がおいしいだけではなく「景色、温泉、祭りなどすべてがおいしい」そんな思いが込められて「おいしい山形空港」という愛称になったそうです。
ここで、河北町の「おいしい」文化を代表する郷土料理「冷たい肉そば」をご紹介します!
鶏ダシベースの冷たいスープに具材はネギと親鳥のみと非常にシンプルですが、コシの強い田舎蕎麦が特徴の一度食べたら虜になってしまう魅力的な一品です。
河北町には、この本場の冷たい肉そばを食べられるお店が町のいたるところに点在しています。店舗によって若干味が違うので、ぜひ、皆さんのお気に入りのお店を見つけてもいいかもしれませんね!

画像1: ~山形空港の愛称「おいしい」山形空港とは??~
画像2: ~山形空港の愛称「おいしい」山形空港とは??~

山形空港は羽田空港から約1時間で到着する東北の空の玄関口です。山形空港から河北町までは車で約15分とアクセスも抜群ですので「おいしい食とおいしい景色」を堪能しにぜひ足をお運びください。

【お問い合わせ先】河北町役場商工観光課

URLhttps://www.town.kahoku.yamagata.jp/
住所〒999-3511山形県西村山郡河北町谷地戊81

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。
よろしければ、アンケートにご協力ください。

This article is a sponsored article by
''.