画像1: 現地にいるからお勧めしたい!
鹿児島 冬の出水(いずみ)通の旅

鹿児島県 出水市観光特産品協会 出来谷(デキタニ)

鹿児島県出水市(いずみし)へ出向しております出来谷(デキタニ)と申します。皆さん出水市をご存じでしょうか?
鹿児島県の北西部にその市はあります。日本国内では全国的な知名度はありませんが、毎年1万羽以上の「ツル」がシベリアよりこの季節、出水へ舞い戻ります。また早朝には1万羽以上のツルが一斉に飛び立ち、朝日と相まって、幻想的な風景を奏でます。世界中の野鳥愛好家・フォトグラファー達が世界中のいつかは行きたい場所の一つとしてあげるコアなスポットとして知られております。11月には「出水ツルの越冬地」として、ラムサール条約湿地に登録されました。
さらに文化においては、「島津家の発祥地」として知られ、出水麓(いずみふもと)地区に点在する武家屋敷群は、日本遺産に認定されております。ますます出水市は盛り上がってまいります。冬の鹿児島。ぜひお越しいただきたく今回は地元の人が愛する食や魅力スポットをご紹介いたします。いつか出水市へ足をお運びくださいませ。

出水ツルの群れ

画像: 出水ツルの群れ

見回りのツルおじさん

画像: 見回りのツルおじさん

出水麓武家屋敷群/税所邸

画像1: 出水麓武家屋敷群/税所邸

【お問合せ先】(一社)出水市観光特産品協会

住所鹿児島県出水市上鯖渕715番地16
Tel0996-79-3030
営業時間8:30~17:30

ツルの飛び立ちを見て、武家屋敷群を歩きそろそろお腹が空いてきます。つぎにご紹介するのは、地元の人が長年愛する食事場所を2つご紹介。

一つ目は「お好み焼き たんぽぽ」です。なんてことはありません。普通のお好み焼きです。
でも魔法のマヨソースをかけると地元の人が長年愛す、「出水の味」へと変貌します。さらっとした酸味の利いたクセのあるマヨソースがたまりません!一度食べたら忘れられない味に。焼きあがるまで地元ご主人との会話を楽しむのもいかがでしょう。さらにおいしくなります。

画像2: 出水麓武家屋敷群/税所邸

【お問合せ先】おこのみ焼き たんぽぽ

住所鹿児島県出水市本町5-31
Tel0996-62-7602
営業時間11:00~19:00(水・木曜日 定休日)

二つ目は、「東雲の里 生そば 草の居」です。店主が厳選したそばの実を、毎朝石臼で丁寧に挽いた香り豊かな手打ち十割そばをいただけます。提供する際のお皿も店主が焼いたものを使用しており、喫茶や陶器のギャラリーも併設しています。また東雲の里園内は毎年、季節により「あじさい」や「紅葉」の大パノラマが楽しめます。食事の後は散歩をしながら四季折々の風景を楽しむのはいかがでしょうか。

【お問合せ先】東雲の里 生そば 草の居

住所鹿児島県出水市上大川内2881
Tel0996-68-2133
営業時間そば 11:30~なくなり次第終了(木・金曜日 定休日)
喫茶 11:30~16:30
URLhttp://www.nippon-no-ajisai.net/restaurant01/

お腹も満たし、つぎにご紹介するのは、インスタグラムで話題沸騰。金物屋の若女将が選んだ器のお店「吉村金物店 うつわ屋」をご紹介。波佐見焼(長崎)や有田焼(佐賀)、美濃焼(岐阜)、信楽焼(滋賀)、小石原焼(福岡)の皿やマグカップ、酒器、鍋など若女将の目利きによる商品を展示。「商店街を活気づけたい」が若女将のコンセプト。店頭販売のみですが、インスタグラムを見て、首都圏・関西圏内から若い世代の方たちが吉村金物店さん目当てに来店され、観光誘客と地域おこしに貢献いただいております。出水へお越しの際は記念におひとついかがですか?
※「吉村金物店」の「吉」は土に口が正式表記

【お問合せ先】(有)吉村金物店 うつわ屋

住所鹿児島県出水市本町11-24
Tel0996-62-0032
営業時間だいたい08:00~ざっくり17:30(日曜日 定休日)
インスタグラムhttps://www.instagram.com/goryo0115/

吉村金物店 うつわ屋さんでじっくりと品物を見定めると、もう夕方です。夕食はどこにしようかと迷います。
出水市はツルも有名ですが、養鶏も盛んな街として知られ、鶏卵産出額が日本一となりました。
なんといっても「鳥刺し」は絶品です。出水市内どこのお店もおいしいですが、絶対行くならこのお店をご紹介します。「味処 心(じん)」です!ちょんまげ料理長による包丁さばきで、それぞれの部位を美味しく食べることができます。鹿児島の甘い醤油がよく合います。締めは「ふわふわTKG」で鶏料理を満喫。併設しているホテルに源泉かけ流しの温泉もあるので、心も体もリフレッシュできます。

【お問合せ先】味処 心(じん)

住所鹿児島県出水市昭和町11-22(ホテル桃晃1F)
Tel0996-79-4510
営業時間16:00~22:45(大晦日・元旦 定休日)
インスタグラムhttps://www.instagram.com/ajidokorojin.tokoten/

最期に観光・食事ときたらお土産を買ってかえりますよね。いろいろと特産品はあるのですが、
ご近所さんやお知り合い、会社の仲間に買うならこれ!ふく鶴むなかたの「万羽鶴最中」です。今は亡きご主人が開発し、この味を奥様が守ってきました。最中を口の中へ入れた時のあんこの絶妙の固さ、しっとり感。それでいて弾力を感じる。甘さも鹿児島の和菓子らしく控え目で、きっと「最中」の世界観が変わります。出水にはバラ菓子という文化が根付いており、1個単位で買えるのも魅力のひとつです。

【お問合せ先】ふく鶴むなかた

住所鹿児島県出水市明神町430
Tel0996-67-1131
営業時間8:00~19:00(日曜日は17:00まで)
インスタグラムhttps://www.instagram.com/munakata1058/

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.