こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は登別・洞爺エリア編。2泊3日で、北海道の南西部、通称「西いぶり」と呼ばれる白老町、登別市、室蘭市、伊達市、豊浦町、洞爺湖町、壮瞥町を巡りました。日本を代表する温泉、迫力あふれる自然景観、奥深いアイヌ文化のほか、絶品グルメなど魅力満載の地。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 北海道・登別、洞爺エリアのご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 北海道・登別、洞爺エリアのご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は1万軒を超える。

画像3: 北海道・登別、洞爺エリアのご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

室蘭カレーラーメンの元祖「味の大王 室蘭本店」

全国には様々なご当地ラーメンがあります。北海道でも札幌の味噌、旭川の醤油、函館の塩。そして第4の味とも言われるのが室蘭のカレーラーメン。その元祖が「味の大王」です。JR室蘭駅の西方、約400m(徒歩約5分)。創業は昭和47年で現在はのれん分け店などを含めて計4店舗。最初は小柳富資さんのお兄様が室蘭市輪西でなさっていて、こちらは支店だったのですが、今は小柳さんが引継ぎ、室蘭本店という位置づけです。

「もともとはカレーラーメンは一日10食くらいしか出なかったんですよ」ずっと味噌ラーメンのほうが人気だったのだとか。それが雑誌やテレビでカレーラーメンが取り上げられるようになり、一躍有名に。決め手は2006年に「室蘭カレーラーメンの会」が発足したのが大きかったとか。もちろん「味の大王」が元祖ですが、今では室蘭地域にある約50のラーメン店のうち、約6割のお店でカレーラーメンを提供しているカレーラーメン王国となりました。
旨味と甘味、塩味、辛味が綺麗にバランスの取れた1杯は、ワカメも彩りを添えています。そこに自家製のコシのある熟成ちぢれ麺。店内にただようカレーの香ばしさも相俟って、思い出したらまた味わいたくなる美味しさです。

味の大王室蘭本店 (あじのだいおうむろらんほんてん)

住所北海道室蘭市中央町2-9-3
電話0143-23-3434
営業時間11:00~19:30ごろ
定休日火曜日(祝日は営業)
価格カレーラーメン 830円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

製鉄で栄えた輪西で「小がね」の「かつ丼」

風光明媚な地球岬などを有する室蘭市は、かつて鉄鋼の町として栄えました。特に輪西地区はメイン通りに人が溢れ、すれ違うのも大変だったとか。その輪西で長年ファンの多い人気店が「小がね輪西店」です。もともとは函館で創業。こちらにも店を構えたそう。現在は創業者の甥である秦真司さんと奥様が継ぎ、切り盛りなさっています。

店内に伺えば、テーブルと小上がりのあるアットホームな雰囲気。そば、うどん、丼、定食などがありますが、最近、特に評判なのが「かつ丼」です。暫し待ち、登場すれば、想像とは違う“かつ膳”的なビジュアルで、ちょっとびっくり。かつとご飯が分かれているタイプで、しかも、一人用の鍋で固形燃料で温められています。そして蓋をとれば、卵とじのかつの載った器から香ばしき匂いと湯気がジュワーっとのぼります。

「すでに完成してますが、ずっと熱々で提供したいので」と秦さん。北海道産ロースを使用したぶ厚い豚かつに、数種類のカツオやサバなどで採った出汁も下支えの、北海道産たまねぎなど使用の、ややしょっぱめな卵とじテイスト。国産米(こしひかり)を用いたご飯とともに、思わず完食です♪

小がね輪西店 (こがねわにしてん)

住所北海道室蘭市輪西町1-35-5
電話0143-44-3501
営業時間11:00~20:00
定休日水曜日
価格かつ丼 1100円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

牧場の自社製乳製品が活きる伊達のレストラン「洋麺茶屋 牧家」

北海道伊達市。江戸時代末期から明治にかけての仙台藩一門である亘理伊達家当主、伊達邦成が移住し、開拓した地。市内の「だて歴史の杜」と銘打たれた広々とした敷地内には「だて歴史文化ミュージアム」や「道の駅」などがあり、観光スポットとしても評判です。

その一画にあるのがレストラン「洋麺茶屋牧家」。隣の全国的に有名なファミリーレストラン「びっくりドンキー」と同じ建物ですが、実は同じグループなのです。伊達市の内浦湾を望む丘陵地帯に牧場を構え、約80haの牧草地でアングラー種などの乳牛を、放牧を基本に飼育し、牛乳や飲むヨーグルト、ナチュラルチーズ、まんまるの「白いプリン」などを生産・販売したりも。天井の高さに圧倒されつつ、店内に向かえば、農家の納屋をイメージした雰囲気と賑やかな装飾で、アミューズメントパークのようなワクワク感が。イチオシは「トマトとモッツァレラのパスタ」、そして自社製チーズをたっぷり使用した「チーズピザ」や「プレーンヨーグルト」など。その他、自社製の乳製品を使用したデザートも人気です。また、雑貨の販売や季節のイベントも行っています。

洋麺茶屋牧家 (ボッカ)

住所北海道伊達市梅本町57-1の内
電話0142-21-4040
営業時間8:00〜24:00(23:30L.O)
※8:00~10:00はモーニングメニューのみのご提供(10:00より通常メニュー)
定休日無休
価格飲むヨーグルト(プレーン) 330円(税込)(500mlボトル販売は561円(税込))
トマトとモッツァレラのパスタ 990円(税込)
チーズピザ 1540円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.