こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は登別・洞爺エリア編。2泊3日で、北海道の南西部、通称「西いぶり」と呼ばれる白老町、登別市、室蘭市、伊達市、豊浦町、洞爺湖町、壮瞥町を巡りました。日本を代表する温泉、迫力あふれる自然景観、奥深いアイヌ文化のほか、絶品グルメなど魅力満載の地。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 北海道・登別、洞爺エリアのご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 北海道・登別、洞爺エリアのご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は1万軒を超える。

画像3: 北海道・登別、洞爺エリアのご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

白老町「たらこ家虎杖浜」で本物のたらこに出会う

登別・洞爺エリアの中でも一番東側にある白老町は人口約16,000人の町で、海、川、山、森と様々な自然にあふれた地。白老牛や虎杖浜たらこなどの特産品のほか、競走馬の産地としても知られています。カネシメ松田水産株式会社は大正2年の創業。松田幸男社長曰く「創業当初はタラ類の塩干加工が主体でしたが、昭和の初め頃からはたらこ加工を主軸にしております」。まさに目の前が太平洋という立地で、直売所の「たらこ家 虎杖浜」も運営しています。

店内には、たらこがメインで、海産物なども販売。そして食堂も。「たらこ家スペシャル」をいただきました。真鱈の昆布〆やサーモン、いくらも載っていますが、主役は、やはり、たらこ!スケトウダラの卵を生から塩漬けしているので、驚くほどのなめらかさが格別です。粒と粒の間にうまみ成分があり、それを上手に活かしているので、旨みも抜群。漬け込み、冷蔵、液切り、熟成などの工程を経て1週間がかりで完成するそう。まさに“本物のたらこ”、ここにあり。ちなみに10/1~3/31が漁の解禁日で、未成熟卵のガム子、成熟卵の早真子、完熟卵の真子、過完熟卵の目付、過熟卵の水子と変わり、完熟するほど大きく、柔らかくなり、旨みも増すそう。たらこの世界も奥が深いです!

たらこ家 虎杖浜 (たらこやこじょうはま)

住所北海道白老郡白老町虎杖浜185
電話0144-87-3892
営業時間11:30~14:30 (売店は9:00~17:00)
定休日無休

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

お菓子やプレミアムビール、かつ料理など「わかさいも本舗登別本店」で満喫

「わかさいも本舗」は創業昭和5年(1930年)。若狭函寿氏が「洞爺湖温泉の名物を作ろう」、しかも「サツマイモのとれない土地で、焼きいものおいしさを表現したい」という思いから誕生した銘菓「わかさいも」が有名ですが、その他にも、北海道産の大豆を使用し、しっとりなめらかな口どけに仕上げた和風すいーとまろん「北海道あんまろん」、北海道産の生クリームにこだわった、やはり、しっとりなめらかな口どけの和風すいーとぽてと「北海道あんぽてと」、自慢のまんじゅう生地に風味豊かな黒糖とほんのり醤油を練り込んだ「わかさいも本舗のおいしいまんじゅう」など、様々な商品が。さらに生菓子(ケーキ)なども評判です。

なんと自社製造のプレミアムビールまで。「鬼伝説」という麦芽100%生ビールで、フルーティーな香りと芳醇な味わいのレッドエール、ホップの効いた爽快なピルスナー、そしてジャパンクラフトビア・セレクション2012において全国出品111種類の頂点「グランドチャンピオン」を受賞した柑橘系の香りと強い苦味のペールエールの3種類をラインナップ。さらに併設の「登別かつ吉」では、ひれかつやロースかつなど美味なかつ料理も堪能でき、回転寿司「ちょいす」では、新鮮な寿司をお得に味わえます。

わかさいも本舗登別本店 (登別かつ吉) (わかさいもほんぽのぼりべつほんてん、のぼりべつかつきち)

住所北海道登別市若山町2-29-3
電話0143-85-4110
営業時間10:00~21:00 (登別かつ吉は11:30~21:00(20:00L.O))
定休日無休

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

登別温泉街で「登別閻魔やきそば」や新鮮な海鮮料理を提供

江戸時代から存在を確認され、明治時代より観光地として栄える登別温泉。市の北東部の谷間から9種類の温泉が豊富に湧く、世界的に有名な温泉地です。そんな温泉街の通りに面する「温泉市場」。店内には様々な生簀が並び、全て紫外線殺菌装置を完備。水温を一ケタ代にキープし、鮮度を保つことで素材本来の味や食感を提供なさっています。

一番人気は登別市全域で37万食も提供しているご当地グルメの「登別閻魔やきそば」。北海道産小麦の平麺を使用、閻魔大王指定の秘密のタレを使用、登別市または近郊の食材を使用という“掟”のある焼きそば。また、めったにお目にかかれない希少なかにめしである「毛がにめし」も名物。さらに、生本マグロ以外は登別前浜や近郊の室蘭、白老、噴火湾で水揚げされた食材をメインに使用した「10色前浜丼」も評判。他にも幻の高級魚マツカワをとれたての活魚で仕入れて活〆などを施した「マツカワぶっかけ丼」、前浜産のたらこを使用した生パスタタイプの「前浜たらこスパゲティ」、玉ねぎの旨みや24種類以上のスパイスを使用した本格手作り「シーフードカレー」など、どれも美味です!

温泉市場 (おんせんいちば)

住所北海道登別市登別温泉町50(えんま堂となり)
電話0143-84-2560
営業時間11:00~16:30(16:00L.O)(金土日祝~17:00(16:30L.O))
定休日不定休
価格登別閻魔やきそば 980円(税込)
自家製 毛がにめし 数量限定 1980円(税込)
10色前浜丼 2270円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.