こんにちは、はんつ遠藤です。 僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。 題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は帯広編。北海道の帯広へ2泊3日で行ってきました。このコラボ企画で帯広は2回目ですね。相変わらず、青く、高い空に、白い雲が映えます。雄大な景色。北海道東部の十勝地方のほぼ中央に位置し、自然豊かな印象が強いですが、人口約17万人と北海道第6位なので駅前付近には商業施設も建ち並んでいます。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 北海道・帯広でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

絶景の十勝平野を眺めながら、十勝の食材&ハンガリー料理を

とかち帯広空港に到着した僕は、レンタカーを借りて、まずは「十勝ヒルズ」にある「ファームレストラン ヴィーズ」へ。 こちらでは、あふれる花と緑の向こうに絶景の十勝平野を臨む恵まれた立地の中で、ハンガリーとフランスから一流のシェフを迎えた料理が味わえます。ヘッドシェフを務めるのは、モルドヴァン・ヴィクトルさん。ハンガリーの出身で、5つ星ホテル「ル・メリディアン・ブタペスト」、ミシュランでも星を獲得した老舗「ジェルボー」、ハンガリー共和国駐日大使館などでシェフを歴任。ランチビュッフェは1,600円。メイン料理とサイドビュッフェというシステム。新鮮な十勝産の野菜がふんだんに。野菜のピクルスなどにも、食材の良さが表れています。メイン料理は5種類から1つを選ぶスタイル。なんと、究極の豚肉、ハンガリー政府が“食べられる国宝”と認定したマンガリッツァが。こちらでは十勝産だけでなく、肉料理にハンガリーのマンガリッツァ豚を使用。濃厚な赤身、霜降りでジューシーな肉質は、他の豚肉とは一線を画す味わい!

十勝ヒルズ ファームレストラン ヴィーズ
住所北海道中川郡幕別町字日新13番地5
電話0155-56-1113
営業[夏季]4月下旬~10月末 11:00~15:00(14:30L.O.) 、[冬季]11月~4月下旬 11:00~14:30(14:00L.O.)
定休日月曜日、年末年始(天候などにより営業時間が変更になることも。ディナーは3日前までに予約で営業)
料金ランチビュッフェ1,600円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

帯広っ子のソウルフード「高橋まんじゅう屋」の大判焼

2軒目は、JR帯広駅よりほど近い「高橋まんじゅう屋」へと向かいました。こちらは、電信通り商店街の一画。帯広の方には「たかまん」という愛称で親しまれています。創業は昭和29年。店を切り盛りするのは、3代目であるご主人の高橋道明さん。もともとは祖父の幸造さんと祖母のヒサノさんが清水町で始めて、帯広に出てきたのだとか。当初は喫茶店とアイスキャンデーを提供する「高橋冷菓店」だったそうで、40年前にまんじゅうや肉まん、むしパンを出すように。「以前はまんじゅう屋さんはたくさんあったんですよ。でも今は、うちぐらいですね~」と髙橋さん。今回は当時からある「大判焼(あん)」をいただきました!何度もいただいておりますが、バランスが良いというか、まさに“何個も食べられちゃう”味わい。生地自体が美味しさたっぷりなので、伺えば、全卵も使用しているそう。もちろん“あん”も秀逸。十勝産の小豆を使用した、もちろん自家製のあんは、優しい甘さが活きています。

高橋まんじゅう屋
住所北海道帯広市東一条南5-19-4
電話0155-23-1421
営業9:00~20:00
定休日水曜日
料金大判焼(あん)120円、大判焼(チーズ)120円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

屋台村出身。創作料理&ワインなどが人気

帯広には有名な「北の屋台」という屋台村があります。「帯広を元気にしたい!」というボランティアの人々により2001年に誕生した、銀座通りと西一条通りを結ぶ路地の両側に可動式の店舗で構成される屋台村で、この成功を機に全国から活性化のために同様の屋台村を作りたいと、視察に訪れます。 現在は5期で、20店舗。というのも、こちらは、まず屋台村で店舗を構え、そして市内へと独立していくというのが、大きな流れというか目的。というわけで、3軒目は「北の屋台」からの独立を果たした「Anna Anna」へ向かいます。店主の下川泉巳さんは、大阪や帯広のホテル出身で、「北の屋台」2期目で約3年半、店舗を持ち、こちらへ移転しました。Dining&Wineというだけあり、ワインにもこだわりがあるこちらのお店。もはや名物といって差し支えない「カツサンド」は、十勝産小麦粉を使用した「ますや」の厚切りパンに、十勝野ポークをオリーブオイルで焼いたカツレツ入り。ウスターソースの味付けも爽やか。ちなみに某俳優さんが、このカツサンドが大好きで、映画の撮影の際に差し入れをしたことも。

Dining&Wine Anna Anna (アンナアンナ)
住所北海道帯広市西1条南10丁目8
電話090-1384-6688
営業12:00~14:00、18:00~24:00(23:30L.O.)
定休日月曜日
料金長芋ジャーマン 650円、カツサンド 950円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.