こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は札幌小樽編。北海道の札幌・小樽へ2泊3日で行ってきました。札幌・小樽は公私ともに何度も伺っておりますが、毎回新たな発見があります。特に札幌は人口約200万人で、北海道一の大都市。小樽も歴史があり、今も変わらぬ素晴らしい雰囲気。さらに新千歳空港も、相変わらず一大テーマパーク的な楽しさ。「JAL旅プラスなび」でも、3回目の登場です!さて、今回も旅が始まります!
画像1: 札幌・小樽でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

ラムの美味しさを堪能できる要予約ジンギスカン

北海道といえばジンギスカンが有名ですが、ここまでこだわっている1軒も珍しいです。大通西16丁目の『ラムハウスQUEQUERE(ケケレ)』。マスターは遠藤定見さん。北見の出身で、長年ドイツとかヨーロッパでコックをなさっていたそう。メニューを拝見すれば、まず目に飛び込んできた文字が「絶品!ラムの刺身」です。もちろん看板メニューなのでオーダー。新鮮で臭みが全くない!伺えば、アイスランドから生後6か月のラムを1/4頭買いなさっているそう。さて、ジンギスカンをいただきます。遠藤さんは、ヨーロッパでラムの美味しさを知り、北海道に戻ってきて、本当に美味しいラムをみんなに提供したいと思ったら、必然的にジンギスカンスタイルになったのだとか。そんな話を聞くと、さらに美味しさに拍車がかかります。これまた全く臭みがなく、ジューシー&ミルキーなテイストで美味しい!そして、珍しいのは“塩だれ”なんです。バジル、一味、タイム、ナツメグ、シナモン、ローリエなど約20種類のスパイスで構成されていて、ラムの良さをさらにひきたてています。

ラムハウス QUEQUERE (ケケレ)
住所北海道札幌市中央区大通西16-1-11
電話011-611-0299(要予約・2名から)
営業11:30~14:00、17:00~22:00
定休日無休
料金絶品!ラムの刺身890円、野菜五種盛り合わせ720円、特上ラム肩ロース990円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

北海道では珍しき&良さが活きる、スタンドコーヒー店

2015年6月に誕生した『BARISTART COFFE (バリスタートコーヒー)』。北海道では珍しいスタンドコーヒー店だそう。そういえば、喫茶店、カフェはあるものの、確かにスタンドコーヒー店は見かけませんね。「北海道は冬場が寒いので、成り立たないといわれていたんですよ」とヘッドバリスタの竹内雄基さん。でも、この1年、大盛況なのです。コーヒーにかなり思い入れのある竹内さんがいるのも所以ですが、もうひとつ、凄いのが、この「Marzocco」というイタリア製のエスプレッソマシーン。北海道で唯一、特別希少なジャージーミルクを使った、こだわり抜いた「BARISTART LATTE」。厳選したミルク、コーヒーを組み合わせ、自分だけのラテ、コーヒーをバリスタが提案してくれるそう。ミルクはホルスタインとジャージーの2種類。さすが北海道。豆もアラビカ、ロブスタのブレンドから選べます。今回は「BARISTART LATTE」を「ジャージー&アラビカのS」で作っていただきましたが、お見事な出来映え!また、新作の「レモネーダ・エスプレッソ」もオススメです。

BARISTART COFFE (バリスタートコーヒー)
住所北海道札幌市中央区南1条西4-8
電話011-215-1775
営業9:00~19:00
定休日不定休
料金BARISTART LATE ジャージー&アラビカS650円、レモネーダ・エスプレッソ550円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

昼夜で経営が違う、新感覚のラーメン店、やきとり店

全国に、昼と夜とで違うメニューを出す、いわゆる「二毛作店」という飲食店があります。また、夜営業しかしていない居酒屋さんなどのランチタイムだけ借りるという間借り営業というスタイルもあります。でも『Q』は、どちらともちょっと違う、2014年6月にオープンした新しいスタイルの飲食店。夜はやきとり店。ランチはラーメン店。両者とも対等と立場、簡単にいえば「二毛作店」なのだけれども、「2店舗が合わさったスタイル」なのです。今日は夜に訪れたので、やきとり店。「FOOD×DESIGN×LIFESTYLE」がコンセプトの株式会社BUNSの経営。新得地鶏を用いたやきとりや、池田牛などの串、サラダ、一品料理、自然派ワインを提供しています。さっそく炭火焼きのやきとりを注文。「牛&豚マルチョウ串、ねり(つくね)、豚串」は、洗練されたやきとりで美味しくてびっくり。さらに、ラーメンも!「清湯 醤油」は、天草大王のガラと、新得地鶏の丸鶏とガラ、博多地鶏のガラ、はまぐり、サバ、羅臼昆布などで採った醤油スープは透きとおり、中に深みあり!

Q
住所北海道札幌市中央区北1条西2丁目1-3 りんどうビルB1F
電話011-212-1499
営業11:00~15:00 17:00~23:30(22:30L.O.)
定休日日曜日(夜は第1月曜日もお休み)
料金牛&豚マルチョウ串200円、ねり220円、豚串180円、いぶりがっこのクリームチーズ巻480円、新得地鶏刺身(レバー、砂肝、ささみ)1,200円、清湯 醤油 780円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.