こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は函館編。北海道の函館へ2泊3日で行ってきました。江戸時代末期から対外貿易港として外国と日本の架け橋となり、幕末から明治にかけて五稜郭を拠点にした函館戦争の舞台にもなった歴史的にも重要な地。平成28年3月には北海道新幹線も開業と、さらに賑わいを見せています。「JAL旅プラスなび」でも、函館編は2回目。みなみ北海道編を含めると、3回目の登場です。さて、今回も旅が始まります。
画像1: 北海道・函館でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤
テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

丁寧な仕込みと食材の良さが中華そばに溶ける

今日はラーメンからスタート。場所は函館市花園町の産業通り沿い。「まんまるてい」という店名に、ほのぼのとした感じを受けますが、ラーメンではなく“中華そば”と称している点から、こだわりが見受けられます。「化学調味料に頼らない1杯を提供しています」とご主人が仰います。壁に張られたメニューを拝見すれば、「しお」「しょうゆ」「みそ」「つけめん」などのラインナップが。まずは「〇特しお(まるとくしお)」をいただきました。優しい味わいの塩スープです。青森のシャモロックと、昆布やカツオなどの魚介系を別々に採って途中であわせるという、いわゆるダブルスープという手法。そこに、国産の海塩2種類をブレンドしたタレが爽やかに効いています。するりとしたストレート麺の喉越しも良く、塩スープにぴったり。続いて、「〇特しょうゆ(まるとくしょうゆ)」も。こちらは、同じスープですが、角の丸いまろやかな醤油テイスト。「しお」よりも少しだけ太め(といっても中細)な麺との相性も良いです。

中華そば まんまるてい
住所北海道函館市花園町20-25
電話0138-54-1290
営業11:30~19:00(スープなくなり次第終了)
定休日水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金〇特しお780円、〇特しょうゆ780円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

御所の串焼き店。カシラ&砂ギモ旨し!

※このお店は現在閉店しております。

全国にはさまざまなご当地やきとりが存在します。北海道も美唄、室蘭、函館などが特に有名。そして、函館でもひときわ人気の1軒が「大門かしらや」です。もっとも、こちらは豚のかしらを串に刺したものが大評判で、店名も「かしらや」なので、やきとり屋さんって感じではないですが。ご主人の荒井賢治さんは、80歳とは思えぬしっかりとした出で立ち。やはり、ずっと一線で活躍なさっている方は違いますね。30年以上前に、脱サラで始めたそう。串の価格も安い! 値上げしたとはいえ、安い! カシラ70円ですよ!「砂ギモ刺身」。鶏は、東北(宮城、福島、青森)から来るそう。クセがなく、食べやすい。新鮮さが抜群です。串も焼いていただきました。炭火でじっくりと焼き上げる王道の姿に、威厳すら漂います。焼き台の前の、モクモクの煙りも凄い!「カシラ」、1人前は5本です。白胡椒を振っていただくのが、通の食べ方なのだそう。相当大量にかけてしまったかと思いきや、まったりとしたほんのり甘めのタレと一緒になると、程よい胡椒の感じとなり、びっくりするくらい旨い!17時から営業開始なのに、16時台にはお客さんが入ってきちゃったりと、まさに大評判のお店です。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

大門かしらや ※このお店は現在閉店しております。
住所北海道函館市東雲町17-4
電話0138-27-1423
営業17:00~22:00(行燈消えたらカシラは終了)
定休日日曜、祝日
料金砂ギモ刺身450円、カシラ 70円(1本)、砂ギモ90円(1本)

東京の王道トラットリアで修業した腕を函館で

函館の観光地として名を馳せる、金森赤レンガ倉庫。その通りを挟んだ向かいにあるトラットリア「ITALIAN GOGO」(イタリアン ゴーゴー)。マスターの袴田拓也さんは、20歳の頃から東京の「ラ・ビスボッチャ」「イル・ボッカローネ」などで修業を積み、函館に戻って独立したそう。以来、約10年。修業先は正統派イタリア料理店というかトラットリアゆえに、王道なイタリアン的な予感が。ワインも常時100種類以上あるそうで、袴田さんのこだわりが息づいています。まず登場したのが「パルミジャーノリゾット」。なるほど!そういえば「イル・ボッカローネ」が同様のメニューを日本で紹介した先駆けだった気が。こちらは、パルミジャーノレッジャーノをくりぬいた中に、北海道産「ななつぼし」を用いたリゾット。爽やかなチーズの風味とコクが加わった逸品です。落ち着いた雰囲気の店内に、最初はドキドキしましたが、袴田さんの物腰の柔らかさなどで次第に和んでいく、そんな1軒。肉料理、魚料理もあり、逆にピザなどもあるので、さまざまなシチュエーションで活躍しそうです。

ITALIAN GOGO(イタリアン ゴーゴー)
住所北海道函館市末広町13-20
電話0138-23-0524
営業12:00~15:00 18:00~23:00(22:30L.O.) ※通し営業の場合も
定休日不定休
料金パルミジャーノリゾット1,300円、イカと焼きなすのバジルソース1,400円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.