こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は函館編。北海道の函館へ2泊3日で行ってきました。江戸時代末期から対外貿易港として外国と日本の架け橋となり、幕末から明治にかけて五稜郭を拠点にした函館戦争の舞台にもなった歴史的にも重要な地。平成28年3月には北海道新幹線も開業と、さらに賑わいを見せています。「JAL旅プラスなび」でも、函館編は2回目。みなみ北海道編を含めると、3回目の登場です。さて、今回も旅が始まります。
画像1: 北海道・函館でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤
テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

はこだて自由市場のカフェで海鮮丼!

函館グルメ2泊3日の旅、初日の1軒目は、「はこだて自由市場」へGO。今回向かったのが「COFFEE マルシェ」です。マスターの八木雅之さんは、JT(日本たばこ産業株式会社)に勤めていましたが、脱サラしてカフェを継いだそう。市場にこうした安心できるカフェがあると嬉しいですね。コーヒーには、七飯岳の名水を使用しているとか。実はこちら、料理も有名。特に、好きな海鮮を載せられる「市場海鮮丼」が人気。好みのネタをお願いすると、八木さんが市場内の店舗に取りに行くというスタイル。そりゃあ、鮮度抜群ですよ。というわけで、有頭エビ、ウニ、イクラ、イカの載った海鮮丼をオーダー。有頭エビの髭からして、もう、素晴らしいです。さらに、この時期はミョウバンを使用していない、前浜ウニ!イカは真イカ。お米も北海道産ほしのゆめを使用。鮮度の良さはもちろん、アットホームな雰囲気にも魅了され、最初から大満足のスタートとなりました。八木さんありがとうございました!

COFFEE マルシェ
住所北海道函館市新川町1-2 はこだて自由市場内
電話0138-22-7686
営業7:00~17:00
定休日日曜日
料金市場海鮮丼(有頭エビ、ウニ、イクラ、イカ)
2,800円、銀ダラ定食1,700円、コーヒー400円(料理とセットで200円)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

湯の川町にある隠れ家的なレストラン

函館駅と函館空港の間に、湯の川温泉があります。江戸時代初期に発見され、湯治場として知られました。そして明治時代に本格的に掘削し、一大温泉街が形成されました。そんな湯の川温泉付近の海岸線が眺められる地に、隠れるように建っているのが「Assiette Caprice」(アシェット キャプリス)。オーナーシェフの林田成幸さんは、函館のホテル「オークランド」でシェフを務め、閉館後、自らのレストランを構えました。民家を改築した、テーブル席とカウンターのみのこぢんまりとした雰囲気ですが、おひとりでなさっているので、丁度良いのだとか。ランチはA.B.Cの3種類。Cの「シェフおすすめミニコース風ランチ」が特にオススメで、魚か肉が選べます。この日に味わったのは、肉バージョンの「ポークの煮込みシチリア風ショートパスタ添え」のタイプ。ちなみにチキンのタイプもあります。スープやオードブル、デセールのほか、パンやコーヒーor紅茶も。魚バージョンの場合は、こちらの「舌平目のチーズ風味衣焼きサルサデポモドーロ」などがあります。

Assiette Caprice(アシェット キャプリス)
住所北海道函館市湯の川町1-2-20
電話0138-59-3336
営業11:30~15:00(14:00L.O.)、17:00~21:00(20:00L.O.)
定休日不定休
料金A スパゲティランチ1,300円、B キャプリス風チョイスランチ1,450円、C シェフおすすめミニコース風ランチ1,700円 ※料理の内容は変わります

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

お通しにびっくり。美味しいお酒にびっくり。

「二代目 佐平次」は、ここでしか飲めない日本酒などが揃っていて、しかも都度、変わっていくという。純米酒好きの僕にとっては、もう、天国のような1軒です。「二代目 佐平次」では、まずお通しにびっくりします。こちらはお通しというより、オードブル的な一皿。千数百円しそうな感じですが、700円とリーズナブルです。もちろん料理もオススメ。「おぐに和牛のステーキ 塩わさびおろしとマスタード」は、北斗市のおぐに牧場の和牛を使用。赤身(とうがらしか、もも肉)をミディアムレアで仕上げています。ジューシーで甘いビーフにびっくり。「時鮭のムニエル 焦がしバターソース」も旨い!!「道南は良いですよ。海も山もあるので、美味しい食材が豊富なので」とご主人の山形智さん。「料理は時間がかかりますよ」と笑いますが、もちろん構いません。日本酒飲みながら、じっと待つのもまた楽しいですし。それに、待つだけの価値が十分にあります!

二代目 佐平次
住所北海道函館市五稜郭町4-13
電話0138-51-3939
営業18:00~24:00 (23:30L.O.)
定休日月曜日
料金鍋島650円(100CC)、農楽蔵4,800円~(ボトル)、お通し700円、おぐに和牛のステーキ 塩わさびおろしとマスタード1,650円、時鮭のムニエル 焦がしバターソース980円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.