こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は釧路編。北海道の釧路市へ2泊3日で行ってきました。釧路市は北海道の東部、太平洋側に位置し、面積が1362.92キロ平方メートルと、広大。「釧路湿原」「阿寒」の二つの国立公園をはじめとする雄大な自然も有し、また釧路空港や港湾のほか大規模な製紙工場などもあり、物流拠点としての位置づけも。気温も、今夏はちょっと暑かったですが、例年は夏場でも最高気温が20度前後と過ごしやすく、居住しやすい街としても有名です。グルメ的にも名物も多く、また「霧の街」「夕日の街」としての側面も持ち、様々な風景の顔も見られます。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 北海道・釧路でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

ボリュームたっぷりの豚丼を釧路で

豚丼。それは北海道の帯広発祥のご当地グルメとして全国的に有名です。でも、釧路にもこだわりの豚丼を提供なさっているレストランがあるのです。その名も「ぶた福」。ひとくちに豚丼と言っても、最近はバリエーションを持たせる店舗も増えてきました。こちらも種類豊富です。ロース豚丼、バラ豚丼、ミックス豚丼、カレー豚丼。新メニューに、しそ豚丼、豚カレーセットなども。たとえば、「ロース豚丼」は登場した瞬間、おおっ!と声が出てしまうほど、たくさんの豚ロース。しかも厚みもあり、食べ応え抜群。滑らかでしっとりとした豚ロースで、上質な豚丼といった趣です。また、「バラ豚丼」は、豚バラがまさにふんだん。その数なんと20数枚。食べても食べても無くならないようなボリュームに驚きます。さらに、「カレー豚丼」は、深みのある味わいです。カレーもまろやかな味わいで、豚肉との相性もぴったり。まさにボリュームたっぷり。タレも卓上にあるので、途中でかけることも可能です。ちなみに「豚丼のタレ」は販売なさっているので、おうちで豚丼なんてのもよいかもです。

ぶた福 (ぶたふく)
住所北海道釧路市大楽毛西1-15-8
電話0154-57-4635
営業11:00~14:30、17:00~20:00
定休日火曜日
料金ロース豚丼880円、バラ豚丼880円、カレー豚丼880円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

昭和が残る喫茶で、素敵なアーモンド・オ・レを

道東一の繁華街である釧路の末広町に、約45年前から営業している喫茶店があります。末広ビル入口すぐの階段を下りて、地下一階。雑居ビル的な雰囲気の中に、ポツンと佇む、洒落た外観の「仏蘭西茶館」。マスターは鈴木克衛さん。地元、釧路の出身で、1972年(昭和47年)にお店を始めました。メニューは、オープン当時と殆ど変わっておらず、ドリンク、パフェ、パンくらい。ただ、珍しいのは釧路の多くの喫茶店には「アーモンド・オ・レ」というホットドリンクがある点。アーモンド・オ・レは、ホットミルクにアーモンド顆粒、生クリーム、そして上から炒ったアーモンドスライスを載せて、出来上がり。ほんのり甘いのはアーモンド顆粒の味だそう。「仏蘭西茶館」では、よつ葉牛乳を使用しています。また、「チョコレートパフェ」は季節のフルーツを合わせるのがポイント。伺った時期はメロンやバナナなどでしたが、冬~春は苺が載るそう。生クリームの優しさやチョコレートレートの香ばしさなど、普通に見えて、丁寧さと安定の味わいが楽しめます。

仏蘭西茶館 (ふらんすさかん)
住所北海道釧路市末広町5-5 末広ビルB1F
電話0154-22-9666
営業11:00ごろ~24:00
定休日不定休
料金アーモンド・オ・レ500円、チョコレートパフェ600円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

屋台からスタート。歴史も炉端焼きのおいしさに加わる

選りすぐりのグルメが集う釧路ですが、絶対に外せないのが炉端焼き。今や全国で見受けられるスタイルですが、こちら釧路が発祥とも言われています。中でも人気なのが「万年青(おもと)」。私も10年程前にテレビのプロデューサーさんに連れてきて頂いてから大ファンになり、釧路に来るたびに訪れています。創業は昭和31年。切り盛りなさっている髙見要香さんのお母様が、屋台で始めたそう。カウンターの前には海産物や野菜、果物などがずらりと並び、全てがおいしそうで目移りしてしまいます。最初は「玉子焼き」。「万年青」の名物です。そして、やはり端焼き。髙見さんが焼き台の前に座り、焼いてくださいます。厚岸から届いたかきを用いた「焼きがき」は、もうたまりません。口にほうばった瞬間、ほくほくとした熱さで、思わずハフハフ。また、港町の釧路ですから、やはり「ほっけ」は欠かせません。身が厚く、焼きたてで熱々のほっけ。大ぶりで食べ応えもありますね。そのほか「万年青」ではおでんも大評判。毎日コトコトと煮込まれたおでんは、歴史を感じさせる深い味わい。ずっと、長く、支持される良さ。それが「万年青」には溢れています。

万年青 (おもと)
住所北海道釧路市栄町4-2
電話0154-24-4616
営業17:00~翌4:00
定休日月曜日
料金玉子焼き500円、ほっけ2,000円(大きさによる)、かき400円/個、阿寒ポーク1,200円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

空港BLUESKY限定「カタラーナ」をぜひお土産に

さて、今回も番外編です。今回は釧路空港2階「BLUESKY」から、とっておきのお土産をご紹介させて頂きます!それは「horo酔カタラーナ」。釧路空港限定、しかも「BLUESKY」限定。ここでしか購入できない商品。釧路の人気フレンチレストラン「イオマンテ」のシェフ舟崎一馬氏が、釧路で人気の地酒、「福司」を使って完成させた釧路のスイーツです。もともと「イオマンテ」はプリンも人気で、それをモチーフに作られたカタラーナ。カタラーナとは、プリンとアイスクリームの両方の良いところを楽しめるスイーツ。こちらの商品は、純米酒の芳醇な香りと新鮮なミルクと卵のカスタード、そして北海道産生クリームを贅沢に使用しています。そしてアクセントのゲランド塩が絶妙なバランスの味わいを醸し出しています。冷凍食品(保冷剤付き)。いただく時に冷えすぎて硬い場合にはすこしだけ半解凍状態にしてお召し上がりいただくと、クリームや日本酒の風味をより濃厚に楽しむことができます。
※カタラーナは「出発ロビー店」のみ販売しております。

JALUX BLUE SKY たんちょう釧路空港店
住所北海道釧路市鶴丘2 たんちょう釧路空港2F (出発ロビー店)
電話0154-57-5274
営業初便~最終便出発の30分前まで
定休日無休

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

冬の釧路へおトクに行こう!往路に釧路空港利用で1名5,000円引

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.