こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は釧路編。北海道の釧路市へ2泊3日で行ってきました。釧路市は北海道の東部、太平洋側に位置し、面積が1362.92キロ平方メートルと、広大。「釧路湿原」「阿寒」の二つの国立公園をはじめとする雄大な自然も有し、また釧路空港や港湾のほか大規模な製紙工場などもあり、物流拠点としての位置づけも。気温も、今夏はちょっと暑かったですが、例年は夏場でも最高気温が20度前後と過ごしやすく、居住しやすい街としても有名です。グルメ的にも名物も多く、また「霧の街」「夕日の街」としての側面も持ち、様々な風景の顔も見られます。さて、今回も旅が始まります!
画像1: 北海道・釧路でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

その数なんと数百種類!市場で味わうラーメン

釧路には和商市場という有名な市場があります。でも、道を隔てた隣にくしろ丹頂市場があるのはご存じでしょうか?こぢんまりとしていますが、地元の方々には「朝市」と呼ばれ、朝6時から営業しているのも人気の所以です。そんなくしろ丹頂市場の人気店が「ら~めん工房 魚一(うおっち)」です。ご主人は、吉泉(よしいずみ)守さん。メニューを拝見すれば、なんとも豊富な印象です。基本形でも塩、醤油、味噌(赤)、味噌(白)、魚醤、エビ醤の6種類あり、それぞれ、あっさり、こってりがあるほか、さまざまなバリエーションが。組み合わせの数は、数百種類ですね。今回いただいたのは、「アサリ魚醤」の「あっさり」の「細い麺」。スープは鶏中心でトンコツ、玉ねぎ、キャベツを用いた優しい味わい。煮干しやカツオ節、宗田節、本ガツオなども用いているのと、魚醤も使用しているので、魚風味もしっかりと立っています。そこにアサリの旨味も加わった贅沢な味わい。もう1品いただいた「エビ醤」の「こってり」の「太い麺」も美味!「原価も4割を超えちゃってるんです」と苦笑いする吉泉さん。一生懸命さが表れた1杯。市場の中で味わうラーメンもまた格別です。

ら~めん工房 魚一 (うおっち)
住所北海道釧路市幸町13-1 くしろ丹頂市場内
電話0154-23-4541
営業9:00~16:30(L.O.)
定休日日曜日
料金「アサリ魚醤」の「あっさり」の「細い麺」1,060円、「エビ醤」の「こってり」の「太い麺」930円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

大正15年創業。釧路を代表するお寿司屋さんでランチ

釧路を代表するお寿司やさんといえば、大正15年創業の「八千代本店」です。眼の前に広がる太平洋から毎日水揚げされる新鮮な魚介類。「鮮」にこだわった海の恵みの卓越したおいしさ、季節の食材を贅沢に味わうことができます。ネタはもちろん、さらに4つのこだわり。備長炭の還元水で厳選された米を炊いています。また、赤酢を使用した独自の合わせ酢を使用。そしてシャリとネタのバランスをひきたてる醤油、さらに緑茶と抹茶を特別ブレンドしたお茶。
これらがすべてマッチしているので、より一層滋味あふれるお寿司がいただけるというわけ。今回いただいたのは「丹頂膳」というコース料理。コースの丹頂にぎり寿司の内容は都度変わりますが、今回は、いくら、うに、牡丹えび、いか、サーモン、めぬき、おひょうなど。うには浜中産ですが、その他は地物。その他、地場物のお刺身(真いかそうめんのことも)や三代目が考案した名物メニュー・毛がにの甲羅揚げ、小鉢や土瓶蒸しなどが。お寿司やさんは、同じコースでも季節や時期により内容が変わり、旬の味わいも楽しめる良さがありますね。しかも大正15年創業の老舗の風格、そして和やかな雰囲気。ちょっと上質なランチのひとときを満喫できました!

釧路 八千代本店 (やちよほんてん)
住所北海道釧路市末広町3-5
電話0154-22-0218
営業1階:平日11:30~14:30、17:00~23:30、日祝11:30~22:00、2階3階:平日17:00~22:00、日祝11:30~22:00※いずれも料理は21:30L.O.
定休日不定休
料金丹頂膳5,000円(税別)、雲丹舟昆布茶碗蒸し1,000円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

北海道の良さが詰まったラクレットチーズ&黒毛和牛シュラスコ

釧路一の繁華街、末広町。夕暮れの18時になると暖簾がかかり、ポッと明かりが灯る。「酪農家バル ロールベール」。「酪農家バル」と銘打つだけあり、メインは乳製品&肉料理。早速オーダーしたのが「道東チーズ工房のラクレットチーズ」でした。ラクレットとは語源を「削るもの」「ひっかくもの」といい、スイスが原産。ハードタイプですが、案外と柔らかさも兼ね備えていて、このように熱してかけたり。スイスなどでは定番の料理で、チーズの甘~い香りが漂います。続いて、「道産黒毛和牛を使ったシュラスコ」。厨房を拝見したら、すごい仕掛けが!なんとグリルの上で、大きな和牛串がクルクルと自動で回っています。やはり、テーブルのところにシュラスコが登場し、今度は2人がかりで入刀&サーブ。
値段設定も面白いというか明朗会計で、1gあたり14円。なので、テーブルにデジタルはかりが。今回のは101gでした。やっぱり、おいしいですね~。黒毛和牛の旨味とシュラスコのワイルドさを兼ね備えたステーキは、噛めば噛むほど味が出る感じ。

酪農家バル ロールベール
住所北海道釧路市末広町5-5 末広ビル 1F
電話0154-65-6262
営業18:00~翌1:00(24:30L.O.)
定休日日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、翌月曜休み)
料金道東チーズ工房のラクレットチーズ(野菜とパン)950円、プラス海老260円、プラスソーセージ150円、道産黒毛和牛を使ったシュラスコ1gあたり14円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

冬の釧路へおトクに行こう!往路に釧路空港利用で1名5,000円引

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.