こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・
JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は道東編。北海道の釧路市、白糠町、厚岸町へ2泊3日で行ってきました。
釧路へは2年前の2017年9月に訪れていますが、今回は釧路市都心部の西側にある緑豊かな牧草地なども広がる白糠町、そして牡蠣の養殖で有名で、厚岸大橋や洋望台、愛冠岬など風光明媚な厚岸町にもご訪問。もちろん人口約17万人で北海道5大都市のひとつである釧路市では前回とまた違った様々な飲食店に。風景の素晴らしさに食材の美味しさなど、まさしく素晴らしきラインナップ!!
さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 北海道・道東でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

画像2: 北海道・道東でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

朝から豪華な海鮮丼などをお得に味わう

釧路では朝食をいただける飲食店が数十軒あります。ホテルも朝食付きだったりも。そんな中、今、話題なのが「釧ちゃん食堂」。釧路港の「くしろ水産センター」1階。JR釧路駅の西方約2㎞で、目の前の港には大型漁船が停泊していたりと、まさに「海産物」の聖地。運営しているのは株式会社マルヤ笹谷商店(ちなみに釧路町で「釧之助」という、水族館まであるお土産店&飲食店も運営していて、そちらの2階にもあります)。店内は広々としていて朝7時からの営業。メニューを拝見すれば数十種類の定食、丼などがあり、ワクワクします。その中から「焼き釧さば定食」を。脂の乗った釧路で採れた鯖を、香ばしく焼き上げています。マルヤ笹谷商店は自社で加工、販売までなさる企業なので、確かな技術で一年中おいしい鯖を提供できるというわけです。ごはんや汁もの、香の物などもついて850円はお値打ち。そして「海鮮丼」。登場した瞬間にびっくり。こんなにたくさん入っているとは。内容は時期により変わるそうですが、アブラガレーやサーモン、甘えび、まぐろ、いくら、ウニ。旬の6種の海産物がふんだんで1250円と超お得!信じられません!

釧ちゃん食堂 (せんちゃんしょくどう)
住所北海道釧路市浜町3-18 くしろ水産センター1F
電話0154-25-1117
営業7:00~15:00
定休日日曜、祝日
料金焼き釧さば定食 850円(税別)
海鮮丼 1250円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

釧路ラーメンの代名詞。あっさり醤油の「まるひら」

北海道といえばラーメンも有名ですが、札幌、旭川、函館に続いて第4のご当地“釧路ラーメン”も評判です。あっさり醤油スープに細めのちぢれ麺。懐かしさすら感じます。その代名詞ともいえるのが「ラーメン まるひら」。創業は昭和34年。現在は4代目の平野正夫さんが奥様、息子さんたちと切り盛りなさっています。メニューはラーメン(正油・塩)のみという至ってシンプルな構成です(大盛、特大あり)。ライスやお酒も無い。カウンターとテーブル席、小上がりで構成された店内には観光客のほか地元の常連さんも多いです。「ラーメン(正油)」。運ばれてきた瞬間に、芳醇な魚介と醤油の風味がふわりと漂ってきます。カツオ節ベースの1杯は、透き通る中にコクが詰まった味わい。熱々なのも嬉しいですね。スープを飲み続けても全く飽きが来ず、最後まで飲み干せそうなほどの美味しさ。麺もいいですね~。これぞ釧路ラーメン的な、小麦粉の良さが伝わる、細めの、ややちぢれ麺。優しい口あたりなのですが、意外と伸びづらいのにもちょっとびっくり。チャーシューも海苔も器の模様も素敵ですね!朝9時半から営業なのも嬉しいです。

ラーメンまるひら
住所北海道釧路市浦見8-1-13
電話0154-41-7233
営業9:30~17:00
定休日水曜日、第2,4木曜日
料金ラーメン(正油) 700円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

釧路湿原で堪能! 牧歌的1軒家& JAZZ、料理

釧路市鶴野にある「Restaurant OZ」。たんちょう釧路空港とJR釧路駅の中間(どちらもクルマで約15分)の地点に位置しています。通り沿いですが周囲は釧路湿原で、まさに丹頂鶴が見れることも。なんとも素敵な建物です。創業は1992年。現在の2代目である鈴木優作さんの父上が建築デザイナーで、こちらも設計なさったそう。「建築中は、牛舎でも建てるの?とか言われたみたい」と笑う鈴木さん。ちなみに店内にグランドピアノや楽器があるのは、レストランを任された母上もジャズボーカリストだったそうで、音楽も出来るスペースに。鈴木さんも音楽をなさっていて、今も釧路でジャズを盛り上げたいとこちらでも音楽イベントをなさるとか。「花畑牧場のラクレットチーズとジャンボソーセージの鉄板焼」を。おお、熱々の鉄板からはチーズなどがジュージュー音を立てて登場です! トロトロチーズ&食べ応えのあるソーセージで大満足。「イエローカレー」はマレーシアのカレー的なアジアンテイストで、ココナッツミルクも優しく効いてます。東京の有名イタリアンで腕を揮った弟さんも戻ってきて一緒に切り盛り。他にもさまざまな料理が堪能できます。

Restaurant OZ (レストラン オズ)
住所北海道釧路市鶴野143-13
電話0154-52-5452
営業【日~水】11:00~21:30(20:30L.O)
【木~土】11:00~22:00(21:00L.O)
※クローズタイム15:00~17:00(夏休み・冬休み・土日・祝日を除く)
定休日火曜日
料金花畑牧場のラクレットチーズとジャンボソーセージの鉄板焼 1100円(単品) セット(サラダ・ライスorパン・コーヒーor紅茶)1500円(税別)
イエローカレー 1000円(税別)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

釧路空港でJALっぽいお土産「釧羽鶴」をGET

いかがでしたでしょうか?道東グルメ2泊3日の旅。海産物や肉料理、ラーメンなど相変わらず層の厚い釧路市はもちろん、白糠町の羊牧場直営の羊料理、厚岸町で牡蠣三昧と、まさに贅沢なグルメ3日間でした。さて、今回も番外編です! 釧路の玄関口といえば、たんちょう釧路空港。その2階にあるのがJALUX BLUE SKY 釧路空港 出発ロビー店。お菓子、海産品、ファンシー雑貨、乳製品と、道東のお土産が勢揃い。中でも今、人気なのが「釧羽鶴(せんばづる)」という商品です。製造しているのは株式会社 Flanders 釧路芦野店。実家も洋菓子店を営み、洋菓子専門学校を卒業後、フランスでも修業経験のある村上友一さんが経営する企業。「釧羽鶴」は2016年に誕生したスイーツで、北海道は釧路の鶴をイメージしたパッケージが素敵です。空港では「JALUX BLUE SKY」出発ロビー店でしか購入できないのでぜひぜひ。なんとなくパッケージも日本航空的な雰囲気もしますね。いわゆる洋風のミルクまんじゅうで、北海道産いんげん豆を用いた白生あんと生クリームの優しい口あたりと甘さに惹かれます。皮のしっとりとした食感も素敵です。

JALUX BLUE SKY 釧路空港 出発ロビー店 (ジャルックス ブルー スカイ)
住所北海道釧路市鶴丘2番地 たんちょう釧路空港 2F
電話0154-57-5274
営業8:20~19:50
定休日無休
料金釧羽鶴 単品 130円(税込)
釧羽鶴 5個入り 697円(税込)
釧羽鶴 10個入り 1296円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について、編集部からのお知らせ
https://ontrip.jal.co.jp/notify

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.