こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・
JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は道東編。北海道の釧路市、白糠町、厚岸町へ2泊3日で行ってきました。
釧路へは2年前の2017年9月に訪れていますが、今回は釧路市都心部の西側にある緑豊かな牧草地なども広がる白糠町、そして牡蠣の養殖で有名で、厚岸大橋や洋望台、愛冠岬など風光明媚な厚岸町にもご訪問。もちろん人口約17万人で北海道5大都市のひとつである釧路市では前回とまた違った様々な飲食店に。風景の素晴らしさに食材の美味しさなど、まさしく素晴らしきラインナップ!!
さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 北海道・道東でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

画像2: 北海道・道東でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

寿司も美味!牡蠣を約20個使用したコースも美味!

釧路駅周辺から東方向にクルマで約1時間の地に厚岸町があります。千島列島からの親潮や汽水湖である厚岸湖などにより、サンマや昆布、鮭など数十種類もの豊富な海産物に恵まれた地。特に厚岸産の牡蠣はブランドとして全国に名を馳せています。そんな牡蠣を堪能するため大御所の「桜亭」にご訪問です。寿司をメインに郷土料理も提供なさる1軒。回転寿司の「かざぐるま」も系列店です。「かきコース」をいただきました。牡蠣のフライや牡蠣酢、牡蠣寿司、牡蠣汁、牡蠣の柳川風といった5品が一同に会した姿は、まさに圧巻です。まずはフライを。うわぁ大ぶりでミルキーな味わいとサクサクとした香ばしさが共存。牡蠣酢も爽やかな酸味が加わり、良い箸休め的にもなりますね。牡蠣寿司も美味ですが、夏場は生を出さない主義だそうで、料理は季節で変わるみたい。牡蠣汁も旨みが溶けこみ、柳川風は玉子と出汁との相乗効果が。「マルえもん」という種類の牡蠣を使用し、「かきコース」には全部で約20個も入っていて、大満足。他にも十数種類の海産物が載った「上生散し」も大評判。おお、器からたくさんの海産物がはみ出しています!

桜亭 (さくらてい)
住所北海道厚岸郡厚岸町真栄2-149
電話0153-52-3702
営業11:00~21:00(20:30L.O)
定休日だいたい水曜日(電話が確実)
料金かきコース(5品) 1785円(税込)
上生散し 1900円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

厚岸を一望の特等席で、フレッシュな牡蠣を食べ比べ

水族館や総合展示販売、魚介市場、レストランなどが一堂に介する「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」。道の駅的な厚岸の一大スポットで数多くの観光客も訪れます。牡蠣尽くしのレストランエスカル、牡蠣小屋的な炭焼き炙屋もありますが、今回はOYSTER BARの「オイスターバール ピトレスク」へ。店内すぐに新鮮な生牡蠣がずらりと並んでいたり、厚岸大橋や海などを見渡せる眺めの良い雰囲気だったりと、開放感もGOODです。厚岸といったらやはり牡蠣ですね。ショットグラスに生牡蠣とソースやジュレを加えた「オイスターシューター」がありました! しかもノンアルコールとアルコール入りタイプがあり、全7種類から選べます。そして今、話題のウィスキーを生牡蠣に垂らして味わうスタイルも人気。厚岸の蒸留所NEW BORNと厚岸産の生牡蠣3点セット。現在は3種類の原酒を選択可能ですが、2020年にはフルボトルタイプが登場とか。料理を堪能したあとは1階のお土産店で、やはり厚岸産の牡蠣を用いた商品なども購入できます。「金のかき醤油」に代表されるコンキリエ限定のオリジナル商品もあり、どれにしようかワクワクします!

オイスターバール ピトレスク
住所厚岸郡厚岸町住の江2丁目2番地 厚岸味覚ターミナル コンキリエ2階
電話0153-52-4139(代表)
営業11:00~20:00(19:30L.O)
定休日月曜日 (7・8月は無休)
料金オイスターシューター 3点セット 1280円(税込)
生牡蠣三点 厚岸NEW BORNセット 1700円~2200円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

牡蠣の生産者・中嶋さんの話も楽しいオイスターバー

※このお店は現在閉店しております。

厚岸で生まれ育ち、三代に渡り牡蠣業を営んでいる中嶋均さん。昭和50年代の牡蠣の大量斃死事件をきっかけに全力で支えるようになったそう。そんな中嶋さんが自身の会社であるカキキンの2階に開設したのがオイスターバーの「牡蠣場」です。林業グループも立ち上げて植え、25年以上育てた落葉松を用いた店内からは、厚岸の素晴らしき海が広がります。三陸の牡蠣(稚貝)を厚岸で育てたワイルドさを持つマルえもんと、厚岸生まれで人工的に育てたエリート的な味わいのカキえもん、そして5年以上のあさりも、生で味わえたり。アルコールとの相性を考えて、小ぶりなタイプを提供なさっています。他にも、もちろん自家製の干し牡蠣を堪能できたり。そしてなんといってもお酒です。生ビール(サッポロクラシック)やウィスキー、サワー、日本酒などさまざまありますが、厚岸で3年前に開業した蒸留所NEW BORNの希少な実験的3種類ウィスキーをぜひ(なくなり次第終了。2020年にフルボトルが出る予定)。オイスターファーマー中嶋さんの牡蠣への愛で最高の料理となった牡蠣とアルコール、さらに素晴らしき景色で、まさに至極の時を過ごせます。

牡蠣場 (かきば) ※このお店は現在閉店しております。
住所北海道厚岸郡厚岸町奔渡1-128 カキキン2F
電話0153-52-5277(代表)
営業17:00~翌0:15(23:30L.O)  日祝17:00~23:15(22:30L.O)
定休日18:00~22:00ごろ。 金土日くらいに営業(不定休)(電話が確実)。他の日時は3日前までに予約で。
料金ウィスキー厚岸 NEW BORN 1400円~1800円(税込)
カキえもん 生(SS) 1P 150円(税込)
マルえもん 生(S) 1P 100円(税込)
あさりえもん 生 1P 100円(税込)
干し牡蠣 500円(税込)
牡蠣のピザ 1200円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.