大阪

打刃物の本場で末長く愛用できる“My包丁”を作ろう

新しい季節 オリジナルをつくる旅

堺刃物

室町時代に南蛮貿易の拠点として栄えた“商人の町”堺には、今も多くの伝統産業が受け継がれています。約600年の伝統を持つ「堺刃物」はその代表格。この地で鍛えられた鋼(はがね)の切れ味に優るものはなく、プロの料理人のほとんどが堺産の和包丁を愛用しているといわれるほどです。初めての一人暮らしに包丁は必需品。打刃物の本場で切れ味のよい“My包丁”を手作りしてみませんか?

和包丁の「研ぎ」と「柄付」を体験

堺に店を構える打刃物専門店のなかには、包丁づくり体験ができるところも。「道具屋 和田商店」は、職人さんによるレクチャーを受けながら、「研ぎ」と「柄付」を中心とした、本格的な和包丁づくりを体験することができます。手作り包丁をそのまま持ち帰れるだけでなく、「研ぎ」の技術を学べるので、ご家庭でのメンテナンスもばっちり。また、名入れサービスもあり、末長く愛用できる手作りのMy包丁は、調理の腕前をきっと鍛えてくれることでしょう。

堺刃物ミュージアム

堺刃物についてくわしく知りたいなら、堺伝統産業会館の2階にある「堺刃物ミュージアム」へ。多彩な刃物の展示や、充実した映像・資料などを通して、奥深い堺刃物の世界を紹介しているミュージアムです。高級刃物やプロ用の包丁などの販売も行っています。館内1階の実演コーナーも必見!

堺市立文化館「堺 アルフォンス・ミュシャ館」

19世紀末から20世紀初頭に花開いたアール・ヌーヴォーの代表的画家、アルフォンス・ミュシャの作品を多数展示。生涯にわたる創作活動を紹介しています。

老舗菓子舗「かん袋」のくるみ餅

「くるみ餅」の名の由来は、餡でお餅をくるんで食べるから。堺が南蛮貿易の港町として栄えていた室町時代に考案された伝統の味覚です。

INFORMATION

場所 大阪府堺市堺区神明町東1-1-1(道具屋 和田商店)
関西国際空港から堺駅まで電車(南海本線特急)で約26分/(JR快速)で約40分→堺駅から徒歩約15分。
お問い合わせ 道具屋 和田商店
TEL 072-232-1886
http://www.sakaiwada.com/


堺伝統産業会館(堺刃物ミュージアム)
TEL 072-227-1001
http://www.sakaidensan.jp/


かん袋
TEL 072-233-1218
https://www.kanbukuro.co.jp/index.html


堺 アルフォンス・ミュシャ館
TEL 072-222-5533
http://mucha.sakai-bunshin.com/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Recommend

あなたへのおすすめ

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ