青森

春の弘前公園で、満開の桜に縁取られたハートの空を探す

春、ハートを探す旅

弘前公園

日本三大桜名所の1つとして知られる弘前市の弘前公園。例年満開を迎える4月下旬頃、約2600本のさまざまな種類の桜が咲き競います。近年、園内の隠れ名所として人気を集めているのが、重なった桜の枝がぽっかりあいて、空の形がハートのように見えるスポット。春の弘前公園で、桜のピンクに縁取られたハートの空を探してみませんか?

必見! 桜色に染まる西濠の水鏡

例年、4月下旬頃から2週間にわたって開催される「弘前さくらまつり」。そのメイン会場となる弘前公園では、2本の桜の木の枝が重なり合ってできたハート型のスポットが大人気。近くの切り株にはハートマークの目印がついているので、ぜひ花見をしながら探してみてください。また、西濠の両岸に延々と連なるソメイヨシノの桜並木も見どころの1つ。お濠の水鏡に桜のトンネルが映し出される風景は、圧巻のひと言です。散った花びらがお濠の水面をピンク色に染め上げる「花筏(はないかだ)」も必見です。

夜桜とライトアップされる弘前城

白亜の弘前城は、城下町・弘前のシンボル。慶長15(1610)年に津軽藩2代藩主・信枚が築城に着手し、その翌年に完成させたものです。本丸には棟方志功が命名した「御滝桜」、二の丸には現存する日本最古のソメイヨシノと見所多数。ライトアップされた天守閣が、夜桜とともに闇に浮かび上がる幻想的な光景は見逃せません。夜桜に縁取られた夜空のハートマークも、幻想的でおすすめです。

りんごの街でアップルパイに舌鼓!

弘前市では、名産の“青森りんご”を使ったアップルパイがご当地スイーツとして人気。市内のカフェをめぐり、各店自慢の味を食べ比べてみては?

太宰治記念館「斜陽館」

五所川原市の「斜陽館」は、太宰治の父が明治時代に建てた屋敷で国の重要文化財。併設の資料館で太宰が愛用した執筆用具や直筆原稿などを見学できます。

INFORMATION

場所 青森県弘前市下白銀町1(弘前公園)
青森空港から弘前駅までバスで約55分→弘前駅よりバスで約15分→「市役所前」下車、徒歩約4分
お問い合わせ 弘前市役所公園緑地課
TEL 0172-33-8739
http://www.city.hirosaki.aomori.jp

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Recommend

あなたへのおすすめ

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ