こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。
そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。
題して・・・JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!
今回は広島編。2泊3日で、広島県の三次市、呉市、広島市、福山市、そして庄原市を回りました。風光明媚な三次や庄原、海軍や自衛隊、造船工場で有名な呉、県庁所在地で中核を為す広島、福山藩もあり現在も人口第2位の福山。さまざまな地で多種多様な存在感を示す広島県。さて、今回も旅が始まります(^^)
画像1: 広島のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
画像2: 広島のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は1万軒を超える。

画像3: 広島のご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

三次の新名物グルメ「三次唐麺焼」を「たむ商店」で

三次市(みよしし)は広島県北部に位置する、人口約5万人の市です。「霧の町」と称されるほど霧が発生する地で、企業の工場のほか農業なども盛んで、ワイナリーもあり、観光的にも人気のスポット。

こちらで今、話題の新ご当地グルメが「三次唐麺焼(みよしからめんやき)」です。県内にはオタフクソースと並んで有名な毛利醸造株式会社のカープソースがあり、その本社および工場があるのが三次。さらに一般発売されていないカープソース辛口と、同じく三次で1921年(大正10年)創業の江草製麺「唐麺(からめん)」を組み合わせて誕生したお好み焼きで、第5回広島てっぱんグランプリでも優勝したそう。商工会議所青年部 三次唐麺焼プロジェクトには約40店舗(全国)が加盟する中、「たむ商店」に伺いました。駅前の三次市交通観光センター2階で、広々とした店内。早速、作っていただけば、提供時間がとても早いのにも驚きます。唐麺と玉子、キャベツなどを別々に焼いて組み合わせる手法で、他店では20分くらいが通常なのに、10分かからず完成。早く提供するため小麦粉ベースの生地すら無い!麺もソースも辛いタイプですがバランスが良く、ピリ辛テイストが後をひきます。

たむ商店(たむしょうてん)

住所広島県三次市十日市南1-2-23 三次市交通観光センター2F
電話0824-62-5354
営業時間11:00~14:00(L.O) 17:00~21:00(L.O)
土日祝11:00~21:00(L.O)
定休日無休
価格三次唐麺焼 950円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

三次「ながどて」で、十勝若牛の「ステーキ丼」

国道184号線.の馬洗川沿いに「お食事処ながどて」。この界隈は古くから「長土手」と呼ばれている地区で、約半世紀前にドライブインとしてスタートしました。ご主人の竹元明人さんは2代目で、大阪の調理師専門学校を出た後、会社員を経て、実家を継いだのだとか。メニューを拝見すれば、定食や丼、めん類、カレーとバリエーション豊富です。さらに丼にはかけうどん(ハーフ)などのセットメニューがあったり、日替わりがあったり。「地元の方のほか、バイクのツーリングの方とか観光客さんも多いですね」と竹元さん。ご飯もボリュームたっぷりゆえに味つけは甘辛くしているそう。特に「ステーキ丼」は、地元の精肉店から「美味しいから使ってみて」と紹介された北海道の十勝若牛に切り替えてから大評判に。しかもお母さまの弟さんが山口県でレストランをなさっていて、そこで教えてもらったステーキソースの味も加わり、さらに秀逸に。お米も三次の「ひとめぼれ」を使うこだわりや、サラダやお新香、お味噌汁もついて大満足。ゆったりとした席の配置で、安心感がただようのも魅力です。

お食事処ながどて

住所広島県三次市南畑敷町859-4
電話0824-63-6452
営業時間11:00~14:00 16:30~19:00
月曜は11:00~14:00のみ
ラストオーダーは閉店時間に店を出るのにまにあう時間
定休日火曜日
価格ステーキ丼(味噌汁・サラダ付) 1400円(税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

三次で約70年。やきとり「鳥小屋」の名物「とり足」

全国に個性派やきとり店が存在します。三次にも有名店「鳥小屋」があります。創業は約70年前。現在は大岩豊さんが暖簾を守っています。店舗は三次市役所の近くで、駅からだと徒歩10数分。なかなかの堂々とした店構えで、カウンターのほかお座敷、個室などが。時代の流れで、店内には自動の体温測定器、そして消毒スプレー、カウンターなどに透明のパーテーションも設置され、ソーシャルディスタンスも万全です。大岩さんは大阪体育大学を出て地元で体育の講師をしていたそう。「昼は先生、夜はやきとりを焼いていた」のですが、その後に調理師専門学校にも通い、講師をやめて正式に家業を継ぎました。鶏は県北の親鶏を使用。岡山で加工されて、いわば“逆輸入的”に戻って来た鶏。名物は「とり足」で、予め蒸して程度に脂を落として旨みを閉じ込めて、オーダーが入ってから焼き上げます。ちなみに、炭は一度、日をおこせば長持ちする上土佐備長炭を用いています。そして一興なのは串の味付けが基本的に塩のみ! 串自体も「かしわ」(鶏肉、正肉)は長ネギ入り、「もつ」は様々な部位、「かわ」は長ネギとキンカンが刺さっています。わりと長めにじっくりと焼き上げるスタイルです。

鳥小屋(とりごや)

住所広島県三次市十日市中3-13-5
電話082-462-2948
営業時間17:00~22:30(22:00L.O)
定休日日曜日
価格つきだし 300円
とり足 700~800円
かしわ 150円
もつ 150円
かわ 150円
(いずれも税込)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.