旅行好きな読者の皆さんの中には、旅先の日程をたくさん組み込むことによって、いい意味で「充実した疲労感」を得るのが旅の醍醐味と思っている方もいるかもしれません。そんな刺激的な旅が好きな方にこそ、今おすすめしたいのが「ウェルネス旅」です。発見や非日常が味わえて、しかも滞在中ずっとリラックスした状態で心も体も満たされる。そんな新しい旅のカタチを紹介します。
画像1: 旅するほどに、心も体も健やかに。徳島のリゾートホテルで過ごす「ウェルネス旅」

「ウェルネス旅」の魅力

ウェルネス旅で得られるのは、心と身体の両方にもたらされる究極のリラックス感。行く前よりも元気になって帰ってくることができるという、一味違った後味こそが、すなわちウェルネス旅の効果であり魅力です。

より効果を実感するための鍵は、自然が感じられる環境、身体にいい食べ物と飲み物、適度な運動、そして質の高い休息の4つの要素です。最近ではリラクゼーションを売りにしたホテルや旅行プランも増えていますので、どれを選んでいいか悩んだ時には、この4つの要素がしっかりそろっているかどうかをチェックするといいでしょう。

もちろん、「リラックスすること」だけに気を取られて、旅先でやりたかったことを我慢するのでは、逆にストレスが溜まってしまいます。ホテルでの空いた時間に部屋で読書したり見たかった風景を見に出かけたりと、思うままに過ごす旅本来の醍醐味も忘れたくないものです。

旅をすることで元気になる、そんな新しい価値観で選ぶ旅に出発しましょう。

水平線が海と空を隔てる贅沢な眺めのホテル

アオアヲ ナルト リゾート

徳島阿波おどり空港から車で30分ほど、鳴門北ICで降りると目の前に現れるのが『アオアヲ ナルト リゾート』。阪神方面から1時間ほど、東京からも飛行機を利用すれば2時間弱で来られるアクセスの手軽さながら、国立鳴門公園内に位置し、渦潮で有名な鳴門海峡と紀伊水道を一望できる自然豊かなロケーションを楽しめることから、国内外からの人気を集めるリゾートホテルです。

画像1: アオアヲ ナルト リゾート

この旅のお目当ては「タラソウェルネスプラン」。海洋自然を活かしたアクティビティや海の幸を使った料理など、海(タラソ)にまつわる心と体にやさしい内容が盛り込まれた、特に女性におすすめしたいプランです。

ロビーに設置された大きなステンドグラス、写真映えする落ち着いた色使いのインテリアなど、館内はリゾート感がありながらもはしゃぎすぎない大人な雰囲気。5つのレストランと2つの大浴場があり、好みに応じて使い分けられます。

画像2: アオアヲ ナルト リゾート

客室は全室オーシャンビュー。部屋の窓からは、青い海と空に加え大鳴門橋や淡路島が間近に見られる、絶好のロケーション。

画像3: アオアヲ ナルト リゾート

テラスに出て潮風に当たりながらこの風景を眺めているだけでも心がゆっくりとほぐれていくのを感じます。そして、客室で過ごすだけでもリラックスできそうなこの環境に、ウェルネス旅への期待が高まります。

画像4: アオアヲ ナルト リゾート

海からの風は、打ち寄せる波のしぶきによって発生したマイナスイオンなど癒やしにつながるといわれる成分が含まれていて、呼吸をするだけで心地よくなれるのは海沿いに立つホテルならではの特権。夏には、ホテルのすぐ横にあるプライベートビーチで、海水浴やマリンレジャーが楽しめます。

今回の「タラソウェルネスプラン」の特典のひとつは、客室にマイナスイオン枕や低反発枕、テンピュールピローなど7種類もの枕が用意されていること。好みや体調、気分に合わせて自由に枕を選ぶことで、睡眠の質をぐっと高めることができるよう配慮されています。

画像5: アオアヲ ナルト リゾート

また、お部屋で一息ついたら、まず飲んでもらいたいのがプラン特典の「すだちドリンク」。ピンポン球ほどの大きさの柑橘類・すだちは徳島の特産品として知られ、1階にあるカフェテラスオーゲではそのすっきりとした酸味を活かしたドリンクを提供しています。

抗酸化力のあるビタミンCとクエン酸が疲労回復や免疫力アップに効果があるとされるすだちですが、レモンやライムともまた違った独特の風味は、徳島に来たことを強く実感させてくれます。海を眺めながら、輪切りのすだちが入ったグラスを傾け、この後の過ごし方をゆっくりと思案する…そんな素敵な時間から、旅は始まります。

画像6: アオアヲ ナルト リゾート

館内5つのレストランではどこも地元の幸をふんだんに使った料理が用意されていて、徳島・鳴門の魅力を食べ物の面からも存分に堪能することができます。

朝食は通常ビュッフェスタイルですが、自分で選んだ料理を客室にテイクアウトすることも可能。海を見渡せるテラスで、三密のリスクや人目を気にせずにゆっくりといただけるのは、嬉しいポイントです。

画像7: アオアヲ ナルト リゾート

もちろん多くの人が利用するホテルですから、今心配なコロナへの対策も万全。ロビー入り口での体温チェックやレセプションカウンターに設置されたアクリル板で、不安の少ないステイを楽しめるよう心がけられています。

画像8: アオアヲ ナルト リゾート

自然に包まれながらのボディメンテナンス

毎週金・土・日曜と祝日に「タラソウェルネスプラン」の週末限定特典として行われているのが、免疫力アップのためのスロートレーニングです。朝8時から行われるこのトレーニングでは、インストラクターが一人ひとりに合わせて丁寧に指導してくれるので、運動に自信のない人でも安心して参加することができます。

画像1: 自然に包まれながらのボディメンテナンス

まずは裸足になって砂浜を軽く散歩します。裸足で地面の感覚を直に感じながら歩くなんて、普段の生活ではなかなかない感覚。実はこの散歩にも大きな意味があり、足運びがしにくい砂浜を歩くことが準備運動になると同時に、歩きながらする会話の中でインストラクターが参加者のスポーツ経験や体力を把握し、それを考慮したトレーニング内容を組み立てていきます。

画像2: 自然に包まれながらのボディメンテナンス

散歩が終わったら、いよいよトレーニングがスタート。バランス感覚を養う片足立ちや、マット上での腕立て伏せの基礎など、トレーニング内容は体験者の体力や目的に合わせて、身体を痛めないよう無理のない範囲で提案してくれます。

トレーニングは約40分。終わる頃には肌がしっとりと汗ばんできますが、それを海からの風がやさしく乾かしてくれるような感覚があり、心地よく感じられます。ここで教えてもらった基本的なトレーニングを、自宅に帰ってからも習慣として続けていきたいという、前向きな気持ちになれる体験でした。

画像3: 自然に包まれながらのボディメンテナンス

また「タラソウェルネスプラン」では、レンタサイクルも利用可能です。ホテル周辺の素敵な風景を、ぜひ自分の足で探してみてください。近くにある大鳴門橋記念館へと続く急な坂道を攻略するなら、電動アシスト付きのタイプを選ぶことをおすすめします。

画像4: 自然に包まれながらのボディメンテナンス

ひとしきりアクティビティを体験し終わったら、その疲れをホテル本館1階の露天風呂や8階の展望風呂で癒やしましょう。地底1,200mから湧く天然温泉は海のミネラル成分と重曹を含み、お肌のメンテナンスにも最適です。

体と心に健康的なものを取り込んで元気になれる「ウェルネス旅」は、自分自身をいたわってあげる旅と言えるでしょう。旅している時間を楽しむことはもとより、この旅をきっかけとして、家に帰ってからの生活スタイルを改善するヒントも見つかるかもしれません。

画像4: 旅するほどに、心も体も健やかに。徳島のリゾートホテルで過ごす「ウェルネス旅」

ココロもカラダもキレイに ~旅にもウェルネスを~

カンタン便利組み立て自由なツアー「JALダイナミックパッケージ」で行く、ウェルネス旅

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.