こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は高知編。高知県へ2泊3日で行ってきました。実は、この企画で高知を訪れるのは2回目です。前回は高知市内が中心だったのですが、今回は、せっかくなので伺える範囲内で各地に伺おう!ということになり、室戸市や安芸市、香美市、香南市、奈半利町なども。高知県は広いです。ダイナミックな海あり、山あり。それに伴って美味なる海産物、畜産物、野菜など。知れば知るほど、魅力の虜(とりこ)になっちゃう、そんな高知県!さて、今回も旅が始まります。
画像1: 高知でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

地元名産の“ちりめんじゃこ”が決め手!「安芸釜あげちりめん丼」

かつて岩崎弥太郎などが育った安芸市には、「都市と農村のふれあいの場」がコンセプトの『廓中ふるさと館』という軽食施設があります。安芸市特産品のナスを使用した「ナスカレー」や「ナスのたたき」など、地域の特産品を使用したメニューが特徴なんですが、最近、話題の一品があるんですね。それが「安芸釜あげちりめん丼」。安芸名産のちりめんじゃこをふんだんに使用したご当地グルメ丼で、市内15軒で味わうことができます。大葉やみょうが、大根おろしも載って、ヘルシーな味わい。秘伝のポン酢ダレをかければ、さっぱりとした風味も楽しめます。ちりめんじゃこを使用した料理をもうひとつご紹介しましょう。それが今回、『廓中ふるさと館』のリニューアルオープンをきっかけに誕生した「ちりめんパスタ」。こちらもちりめんじゃこがふんだんで、細パスタとの相性もぴったり。日本的なちりめんとイタリア的なパスタの融合は、全然、違和感がないのも凄いです。やはり、ポン酢が合いますね~。

廓中ふるさと館(かちゅうふるさとかん)
住所高知県安芸市土居1017-1
電話0887-34-0701
営業9:00~17:00
定休日月曜日(祝日の場合は営業)
料金安芸釜あげちりめん丼900円、ちりめんパスタ750円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

冬でも大評判のかき氷を求めて、香美市まで走ってきた。

今度は香美市にやってきました。しかも周囲は畑や山林が広がる地。こちらに1軒のギャラリーカフェが、ポツンと経っています。それが『たろまろギャラリーカフェ』です。撮影・ギャラリーなどの多目的なスペースと事務所を兼ねた香北の自然のなかに立つスタジオをカフェとしても使用しているそう。ちなみに写真館としての屋号は『ラフディップ』。写真家の武内忠昭さんの奥様と、写真家スタッフなどで切り盛りしています。さて、そんな『たろまろギャラリーカフェ』なんですが、イチオシが一年を通して味わえる「かき氷」です。定番から限定までさまざまなメニューがあります。例えば「ミルクナッツ」は、シャッシャッと削られた氷には優しい甘さのミルクがかかっています。ナッツの香ばしさもぴったり。ミルクは地元のジャージー牛乳。生クリームや砂糖も使用しているそう。「ちょこまっちょ」は、チョコ抹茶ならぬ、ちょこまっちょ。そんなネーミングの楽しさもいいですね!また、「芋ミルク」は、武内家で採れた土佐金時が載っています。

たろまろギャラリーカフェ
住所高知県香美市香北町太郎丸510-1
電話0887-59-2500
営業11:00~18:00(17:30L.O.)
定休日火曜日、まれに不定休
料金ミルクナッツ650円、ちょこまっちょ550円、芋ミルク700円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

あわびで炊いた珍しき「あわびめし」を堪能

高知グルメ2泊3日の旅も、いよいよ最後の1軒となりました。 高知龍馬空港発、羽田空港行きの最終便は、19時半ごろ。なので高知市内の店舗でも大丈夫ですが、今回は特に近い、香南市の『あわびめし 栄楽』へ。空港までクルマで10数分の近さです。 土佐くろしお鉄道夜須駅から約300m。「なぜ、こんな隠れ家的な立地に?」と驚きましたが、昔は店舗の正面あたりが海水浴場で、その食堂だったそう。昭和47年の創業です。こちらは「あわびめし」が名物なので、今回は「潮風コース」をいただきました。「あわびめし」は、あわびを削ってから一緒に炊いていて、ふわりと良い香りも漂います。大きな海老フライも2本ついていて、食べごたえがありますね。また、貝の小鉢が添えられていました。時期により変わるそうですが、今日は地元で採れた「よだれ貝」というもの。とろみのある、珍しい貝です。さらに煮物や酢の物、お新香なども付いていました。

あわびめし栄楽(えいらく)
住所高知県香南市夜須町千切536-111
電話0887-55-3508
営業11:00~15:00ごろ、17:00ごろ~21:00ごろ、土日11:00~21:00ごろ(あわびなくなり次第終了)
定休日月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金潮風コース2,300円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

“JAL国内線ファーストクラス機内食”採用の2つの大福を高知龍馬空港でGET!

今回も番外編です。高知龍馬空港出発ロビーのある2階『ビッグサン』は、空港ビル直営店ならではの充実したラインナップ。600種類以上の高知みやげ。豊かな海・山・川に育まれた素材を使った味覚をはじめ、銘菓、地酒、ご当地キャラグッズ、土佐の伝統工芸品など。そのなかから、特にオススメの2品をご紹介。まずは、「沢渡の茶大福」。高知県仁淀川町の沢渡。この谷で生まれた生の茶葉のやさしい香りと風味を楽しんでほしくて、茶葉をそのまま食べられる大福を作ったそう。ありそうでなかった、甘さ控えめの茶葉のスイーツ。ふんわりと柔らかい大福生地を楽しめる「しろ」と、粉茶をまぶしてお茶の風味が前面にでた「みどり」の2種類の味が楽しめます。もうひとつが、「銀不老大福」。明治7年創業、皇族の常宿としても知られる老舗旅館『城西館』のオリジナル商品です。高知県長岡郡大豊町のみで生産される稀少価値の高い銀不老豆を使用した大福。クリームと白あんの二層で仕上げたまろやかテイストが嬉しいです。いずれもJAL国内線ファーストクラス機内食採用の逸品です。

ビッグサン
住所高知県南国市久枝乙58番地 高知龍馬空港2階
電話088-863-2907
営業ターミナルビル開館時間~19:30
定休日無休
料金沢渡の茶大福2個入324円、銀不老大福8個入り1,296円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.