こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は高知編。高知県へ2泊3日で行ってきました。実は、この企画で高知を訪れるのは2回目です。前回は高知市内が中心だったのですが、今回は、せっかくなので伺える範囲内で各地に伺おう!ということになり、室戸市や安芸市、香美市、香南市、奈半利町なども。高知県は広いです。ダイナミックな海あり、山あり。それに伴って美味なる海産物、畜産物、野菜など。知れば知るほど、魅力の虜(とりこ)になっちゃう、そんな高知県!さて、今回も旅が始まります。
画像1: 高知でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

スパイスふんだんのスープカレーを安芸市でいただく

今日は、安芸市から高知市へと向かいます。まずは安芸市の国道55号線沿い。近くにはシダ群落で有名な伊尾木洞もあります。駐車場にクルマを停めて向かえば『安岡重機』の建物が。あれ?と思って入っていくと、同じ敷地内に『chez nous』があります。こちらでは、「霧の森大福」「あぐり窪川の豚まん」「満天の星大福」などを出がけ、自らもスープカレー店を営むフードプロデューサーの大原一郎氏の指導のもとに誕生したスープカレーを味わえます。17種類のスパイスが隠し味となって、深みのある味わいに仕上がっています。例えば「安芸なすとトマトのスープカレー」は、安芸市の野菜の良さがふんだんに表れた一品。「高知産ニラと親鳥のスープカレー」は高知名物のニラと、親鳥のぎゅっと詰まった弾力が楽しめます。ライスは、バターライスと十穀米から選ぶことができます。また、もちろんこのままでも美味しいのですが、卓上には、スパイシーに食べたい方向けの「ガラムマサラ」、辛いのが好きな方向けの「ホットスパイス」もあります。

chez nous(シェ ヌウ)
住所高知県安芸市下山1626-1(安岡重機内)
電話0887-34-3666
営業11:00~15:00
定休日日曜日
料金安芸なすとトマトのスープカレー800円、高知産ニラと親鳥のスープカレー1,000円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

高知ならではの土佐茶を、きちんとした淹れ方で楽しむ

高知2泊3日グルメの旅、2日目の2軒目にして、ようやく高知市内へと足を進めました。やはり、都会ですね。人口約33万6千人の高知市。お洒落な飲食店も多いです。四万十川流域や津野町、佐川町、四万十町などの山間地域で主に栽培されている土佐茶を味わえるカフェ。それが『土佐茶カフェ』。NPO法人「ワークスみらい高知」の運営です。土佐茶は苦味がなく、味の深さと香りの豊かさから静岡県などの高級茶ブランドとして買付けされるほど人気が高く、その品質は全国主産県のなかでも常に上位ランクされています。この隠れた銘茶ともいうべき土佐茶を県外はもとより、高知の人にも知ってもらいたい、というのがコンセプト。産地こだわりの上煎茶、ブレンド茶など10~15種類あり。今回いただいたのは池川/かぶせ茶「かぶせ煎茶」。「かぶせ煎茶」は摘み取り前に茶畑に覆いをかぶせて栽培するため、濃い旨みと甘い香りがじっくりと味わえる、ぜいたくなお茶です。「あんみつ姫」などのデザートや料理も充実!

土佐茶カフェ
住所高知県高知市帯屋町2-1-31
電話088-855-7753
営業11:00~19:00(18:30L.O.)
定休日水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金かぶせ煎茶500円、あんみつ姫580円

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

高知市内でジビエが味わえる!

シカやイノシシなどの、いわゆるジビエが高知市内でいただける、営業は木、金、土の夜のみ。そんな噂を耳にし、今宵は、こちらへ。 『Nook’s Kitchen(ヌックスキッチン)』。オーナーシェフは、西村直子さん。以前はニュージーランドに約12年住み、シカなどを提供する料理店で働いていたそう。高知へ戻った今は、大学院の修士課程でジビエを活用した地域活性化やマーケティング戦略などを研究する傍ら、講演活動や、ジビエの料理店を営んでいます。オススメの「超豪華!イノシシ、シカ、ソーセージ5種盛り、焼き野菜付き」(日替わり)は、まさに圧巻。低温調理の皮つきイノシシロースやイノシシグリル、シカのサルシッチャ、シカのローストなどが、たくさん載って、4,600円。また、ニュージーランドのメレンゲ菓子「パブロバ」も楽しめます。ジビエというと高級なイメージがありますが、こちらでは「もっと敷居を低く、気軽に味わって欲しい」そう。気軽に来られる高知市の方が羨ましい、そんなことを思うのでした。

Nook’s Kitchen(ヌックスキッチン)
住所高知県高知市本町3-2-48 鍋島ビル1F
電話080-3920-7471
営業18:00~23:00(22:30L.O.)
定休日日~水 (木、金、土のみ営業)
料金超豪華!イノシシ、シカ、ソーセージ5種盛り、焼き野菜付き4,600円、シカ骨つきスネ肉のモロッコ風煮込み、マッシュポテト添え1,650円、パブロバ900円(メニューは日替わりです)

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

現在、国際線・国内線の各運航にあたっては新型コロナウイルス肺炎の影響で一部運休・減便・時間変更を行っております。最新の情報は以下をご確認ください。
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Recommend

This article is a sponsored article by
''.