サグラダ・ファミリア
  • 海外

83

スペイン 

サグラダ・ファミリア

2015.09.30

巨匠・ガウディが遺した"永遠の尖塔"

建築家アントニオ・ガウディの未完の遺作にして、バルセロナのシンボル「サグラダ・ファミリア」。 1882年の着工から現在も建設が続けられ、ガウディ没後100周年にあたる2026年に完成が予定されている、大胆かつ緻密な世界的巨大建築です。 2005年には「生誕のファサード」部分がガウディの作品群として、世界遺産に登録されました。

アクセス: バルセロナ空港からは電車でサンツ駅まで移動し、地下鉄に乗り換えサグラダ・ファミリア駅へ。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ