由布院/金鱗湖
  • 国内

98

大分県 

由布院/金鱗湖

2014.03.20

霧に包まれる美しい湖

金鱗湖は湖底に温泉と冷泉が湧いている珍しい湖で、霧に包まれる冬の早朝の風景は幻想的。名前の由来は明治初期の儒学者・毛利空桑が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見て名付けたといわれています。近辺には由布院の湯どころが豊富に揃っています。
(11月頃の風景です)

アクセス: 由布院駅から約1.5km(徒歩約30分)

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ