北欧を愛するデザイナーが語る、マリメッコとフィンランドの魅力

INTERVIEW

鈴木 マサル

Masaru Suzuki

  • 国内

46

デザイナー・鈴木マサルインタビュー

北欧を愛するデザイナーが語る、マリメッコとフィンランドの魅力

2017.08.18

大胆な色づかいとダイナミックな構図、それでいてシンプルな色の組み合わせ、愛らしいハリネズミやヒツジ、キリンの柄……。鈴木マサルさんがデザインするテキスタイルは、広げると空間がパッと華やぎ、そこにいる人の気分を高揚させる。フィンランドのテキスタイルメーカー「マリメッコ」のデザインも手がけ、年に2、3回はヘルシンキを訪れるという鈴木さんに、フィンランドでの過ごし方や、仕事を通じて考える北欧と日本の文化についてお話をうかがった。
 
文:上條桂子 写真:森山将人

マリメッコの工場を覗けるだけでも幸せだった。初めて行ったフィンランド

 

OnTrip JAL編集部(以下、JAL):そもそも鈴木さんが北欧のテキスタイルデザインに興味を持たれた最初のきっかけはなんだったのでしょうか?

鈴木マサルさん

鈴木マサルさん

鈴木マサル(以下、鈴木):じつは、もともとはグラフィックデザインをやりたいと思っていたんですが、入れた学科が多摩美大の染織デザイン科(現テキスタイルデザイン専攻)だったんです。最初は葛藤もあったのですが、大学1年生のときに偶然、インテリア雑誌のなかに写真を見つけまして。洗濯物みたいに吊られたマリメッコのテキスタイルが、風にたなびいていたんです。すごく大胆なグラフィックのパターンで、小さなモノクロ写真なのにすごく印象的でした。
 
1980年代の後半ころで、マリメッコなんて日本ではまったく知られていないとき。雑誌は英語だったのですが、キャプションの情報から調べてみたら、どうやらフィンランドの「マリメッコ」という会社のものだとわかって。

 
JAL:その後、実際にフィンランドを初めて訪れたのは2008年とのことなので、ずいぶん後になるのですね。
 
鈴木:2004年に自分のブランド「OTTAIPNU(オッタイピイヌ)」を立ち上げる前は、日々生活するためというか、食べるための仕事として、ごく一般的なカーテンのデザインを手がけていました。ドイツやフランスにテキスタイルの展示会を見に行くことはありましたが、北欧とは縁がなくて。マリメッコもフィンランドも好きだったのですが、見ると胸が痛かったんです(笑)。本当はこういう、鮮やかなものがつくりたいなあと思いながらも、現実の自分はベージュとか、地味な色の無地の生地をデザインしていたので。
 
でもやっぱり、一度理想のテキスタイルづくりに挑戦してみたい、という思いで、OTTAIPNUを立ち上げました。初めてフィンランドに行ったのは2008年、とにかく一度現地でマリメッコを見てみたいと思ってのことでした。当時はコネクションもなかったのですが、まずは工場にメールを入れてみて、でも返事がなかったので直接行ってかけあったのですがダメで。周囲からのぞいてきました(笑)。

オフィスの壁の棚には、自身のブランド「OTTAIPNU」の色鮮やかなテキスタイルが並ぶ

オフィスの壁の棚には、自身のブランド「OTTAIPNU」の色鮮やかなテキスタイルが並ぶ

JAL:他にはどんな場所に行かれたのですか?

 

鈴木:ヘルシンキ市内のマリメッコショップをたくさん巡りました。面白かったですね。現地の主婦の方が、大きなクッションを手に店へやってきて、「これを包む生地をちょうだい」っていう買い方をしてたり。夜、街を歩いていると、部屋の灯りで照らされたマリメッコのカーテンが、ポツポツと窓際に浮かび上がっていたり。また、行ったのは1月末くらいのとても寒い時期だったのですが、そんななかでもマリメッコの生地に綿を入れたコートを着ている人にすれ違ったりもしました。見事に日常のなかに溶け込んでいるのを目の当たりにして、本当に愛されているブランドなんだなと思いました。

出張で行っても、欠かせないのはヴィンテージファブリック探し

 

JAL:その後、フィンランドには毎年必ず行っているそうですが、お仕事ですか?

 

鈴木:はい。2010年からは念願叶ってマリメッコの仕事をするようになったので、毎年2、3回くらい行っています。フィンランドは貴族文化がほとんどない国なので、気負いがなくて親しみやすく、街も安全なのですごくリラックスできます。いつも大阪出張くらいの気分で行っています(笑)。アパートメントタイプのホテルを借りて仕事をしているのですが、快適ですよ。

2017年3月にインテリアと雑貨のブランド「everyday by collex(エブリデイバイコレックス)」から発売されたオブジェのプロトタイプ(原型)。自身初の立体作品

2017年3月にインテリアと雑貨のブランド「everyday by collex(エブリデイバイコレックス)」から発売されたオブジェのプロトタイプ(原型)。自身初の立体作品

JAL:お仕事だけでなく、観光もされますか?

 

鈴木:美術館や建築を見るのが好きですね。また、ヴィンテージファブリック探しは外せません。2010年から本格的に始めたのですが、いまだに見たことのないような柄がたくさん見つかるんですよ。マリメッコはもちろん、無名作家のものでも、ぐっとくるテキスタイルがあったら即買いです。

大好きなマリメッコの仕事をしてはいますが、毎回新しいデザインを提案し続けていて、楽しい反面しんどいこともあります。だから、フィンランドに行く楽しみが他にもあればと思って始めたんです。いまではすっかりハマってしまって、ファブリックを買いに行くために頑張って仕事をしなくっちゃ、という感じです(笑)。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

気持ちをシェアしよう!

Ranking

関東の人気記事ランキング

下準備なしが面白い。モンベル創業者が教える意外な「旅」の流儀

ねこねこパワースポット

旅は人生を豊かにする「種まき」。小山薫堂が1か月旅に出た理由

写真家ヨシダナギがアフリカで学んだ「言葉より大切なもの」とは

人生=旅。60か国を巡った実業家・本田直之が教える成功の秘訣

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ