文化と自然を楽しむメルボルン
  • 海外

103

文化と自然を楽しむメルボルン

2014.07.15

記事をクリップ

SNSで共有する

  • クリップ一覧
閉じる

オーストラリアの南東部に位置し、ビクトリア州の州都として発展するメルボルン。四季折々の木々に彩られたこの街は、オーストラリアきってのおしゃれシティとして有名。さらに少し足をのばすだけで大自然にふれられる街としても知られている。今回のモデルプランでは、街遊びと自然遊びの両方を叶える、2日間の旅をご提案!

  • 1日目
  • 2日目

1

12:00

メルボルン・セントラル

所要時間約1時間

メルボルン・セントラル

文化を楽しむ街歩き&自然を楽しむ絶景ドライブ。メルボルンを取り巻く魅力を楽しむ2日間。1日目はメルボルン市内をゆっくりと散策しながら、この街に息づく伝統やカルチャーを楽しもう。まず訪れたいのは「メルボルン・セントラル」。ここは、その名の通り、街の中心部に位置するショッピングセンター。メルボルン・セントラル駅に直結しているため、旅の起点としても便利なロケーションだ。ショッピングセンター内にはおしゃれなショップやレストランのほか、映画館やボウリング場などのレジャー施設も!メルボルン市民の飾らない日常を垣間見えるのも大きな魅力。

DATA

Melbourne Central(メルボルン・セントラル)

住所 211 La Trobe St, Melbourne
Tel 61-3-9922-1100
時間 10:00~19:00(木曜・金曜は~21:00)
休日 なし
料金 入館無料
アクセス メルボルン・セントラル駅よりすぐ

歩いて約15分

2

13:15

デグレーブ・エスプレッソ・バー

所要時間約1時間

小さなレーンウェイ(路地)におしゃれなカフェが点在するメルボルンは、オーストラリアきっての“カフェの街”としても知られています。「デグレーブ・エスプレッソ・バー」は、そんなメルボルンを代表する人気カフェ。おしゃれなレーンウェイのひとつ・デグレーブストリートに面して建つクラシカルなカフェは、朝から晩まで地元の人々で賑わう場所。ゆったりとコーヒーブレイクを楽しもう。
※写真はデグレーブストリートのイメージです

DATA

Degraves Espresso Bar(デグレーブ・エスプレッソ・バー)

住所 23 Degraves Street, Melbourne
Tel 61-3-9654-1245
時間 7:00~21:00(土曜・日曜は~18:00)
休日 なし
アクセス フリンダース・ストリート駅より徒歩約3分

歩いてすぐ

3

14:20

センター・プレイス

所要時間約30分

レーンウェイと呼ばれる小さな路地歩きが楽しいメルボルン。デグレーブストリートでコーヒーブレイクを楽しんだ後は、歩いてすぐのレーンウェイ「センター・プレイス」を散策しよう。石畳が敷き詰められたこのレーンウェイは、地元のビジネスパーソンや学生などで賑わう通り。通りに面してかわいいショップやバー、レストランなどがずらりと並んでいて、ヨーロッパのどこかに迷い込んだような気分で散策を楽しめる。すぐ近くのマンチェスター・レーンやロスセイ・レーンにも足を運んでみよう。

DATA

Centre Place(センター・プレイス)

住所 Centre Place, Melbourne
アクセス フリンダース・ストリート駅より徒歩約5分

歩いて約6分

4

14:55

ACMI(オーストラリア映像博物館)

所要時間約2時間5分

続いては、メルボルンを代表する広場のフェデレーション・スクエアへ。博物館やレストランなどが建ち並び、数多くのイベントなども行われるこの場所で、ぜひ訪れたいのが「ACMI(オーストラリア映像博物館)」。ここは、南半球最大の規模を誇る映像とビデオアートの博物館。世界最大級の最先端スクリーン「ステイト・オブ・ザ・アート」で上映される数々の作品を楽しめるほか、映像に関する展示が豊富。ミュージアムショップも充実しているので、おみやげ探しにもおすすめ!

DATA

ACMI(Australian Centre for the Moving Image)(ACMI(オーストラリア映像博物館))

住所 Federation Square, Melbourne
Tel 61-3-8663-2200
営業時間 9:00~深夜(ギャラリーは10:00~17:00)
休日 クリスマス
料金 上映作品やワークショップにより異なる
アクセス フリンダース・ストリート駅より徒歩約2分

歩いて約10分

5

17:10

ユーレカ・スカイデッキ88

所要時間約30分

日が傾いてきたら、メルボルンの街を一望するリバーサイドの絶景スポットへ。2007年にオープンした92階建てのビル、ユーレカ・タワーの88階に位置する「ユーレカ・スカイデッキ88」は、南半球で最も高い展望台。地上300mから見渡す360°のパノラマは、息を飲むほどの美しさ。特にビルの外に張り出した全面ガラス張りの展望台「ジ・エッジ」は、スリル満点の絶景体験を楽しめる空間だ。

DATA

Eureka Skydeck 88(ユーレカ・スカイデッキ88)

住所 7 Riverside Quay, Southbank,
Tel 61-3-9693-8888
時間 10:00~22:00(入場は~21:30)
休日 なし(ジ・エッジは悪天候による中止あり)
料金 スカイデッキ大人20ドル
アクセス フリンダース・ストリート駅より徒歩約5分

宿にチェックイン

6

9:00

ベルズ・ビーチ

所要時間約1時間

街遊びを楽しんだ翌日は、レンタカーでオーストラリアの大自然を体験!海沿いに続くグレート・オーシャン・ロードをドライブしよう。最初に訪れたいのが、世界中のサーファーが憧れるサーフスポット「ベルズ・ビーチ」だ。メルボルンの中心部から車で約1時間20分ほどに位置し、ビーチサイドの町・トーキーにはおしゃれなサーフショップやレストランも点在。切り立った岩壁と美しい海が織りなす風景は、サーファーならずとも一見の価値あり!

DATA

Bells Beach(ベルズ・ビーチ)

住所 Jarosite Road, Bells Beach, Victoria
アクセス メルボルン中心街より車で約1時間20分

車で約1時間45分

7

11:45

グレート・オトウェイ国立公園

所要時間約2時間

続いては、グレート・オーシャン・ロードからアクセスしやすい国立公園「グレート・オトウェイ国立公園」へ。渓谷沿いに美しい滝や森が広がるこの国立公園は、なんと野生のコアラに高確率で遭遇できる場所。手つかずの自然が広がる園内でのトレッキングは、オーストラリアのワイルドな自然を五感で感じられる体験だ。

DATA

Great Otway National Park(グレート・オトウェイ国立公園)

住所 Great Ocean Rd, Lorne, Victoria
アクセス メルボルン中心街より車で約2時間45分

車で約1時間

8

14:45

12人の使徒

所要時間約1時間

続いては、グレート・オーシャン・ロード最大の見どころ「12人の使徒」へ。ポート・キャンベル国立公園に位置するこの名勝は、波と風雨によって浸食された巨大な奇岩群を望める場所。海の上にそそり立つ50m級の奇岩群は、まさに大自然が作り出した芸術作品。海と太陽、奇岩と波が織りなす圧倒的な光景は、絶景ドライブの締めくくりにふさわしい。

DATA

Twelve Apostles(12人の使徒)

住所 Port Campbell, Victoria
アクセス メルボルン中心街より車で約3時間45分(グレート・オトウェイ国立公園を経由したルートの場合)
  • 1日目
  • 2日目

全体マップ

立ち寄りスポット

買う トゥーラックとサウスヤラ

メルボルンで最もおしゃれなエリアと言われているのが、市内を流れるヤラ川の南に位置する「トゥーラックとサウスヤラ」だ。最先端のブティックや国内外の有名デザイナーブランドのショップが点在するこのエリアには、アートギャラリーも多数。メルボルンの“今”を感じるなら、ぜひ訪れたいエリアだ。

DATA

トゥーラックとサウスヤラ

アクセス サウスヤラ駅周辺
ロイヤル・エキシビジョン・ビルディング(王立博覧会ビル)

体験する ロイヤル・エキシビジョン・ビルディング(王立博覧会ビル)

1880年開催のメルボルン万国博覧会のために建設された「ロイヤル・エキシビジョン・ビルディング(王立博覧会ビル)」。万博用の建造物としては世界でも最古の建物といわれており、2004年にはオーストラリアではじめての世界文化遺産にも登録されている。イベント開催時以外には内部を見学できるガイドツアーも開催されているので、ビルの周辺に広がる美しいカールトン庭園とともに楽しもう。

DATA

ロイヤル・エキシビジョン・ビルディング(王立博覧会ビル)

住所 Corner Nicholson Street and Victoria Parade, Carlton, Victoria
時間 見学自由(ガイドツアー開催時間は要問い合わせ)
休日 見学自由(ガイドツアー開催日は要問い合わせ)
料金 見学無料(ガイドツアー大人10ドル、子ども7ドルなど)
アクセス フリンダース・ストリート駅より徒歩約30分

ひとことコメント

メルボルンは天気が変わりやすいことで有名な街で、「1日のなかに四季がある」とも言われるほど。また、海岸線沿いは風が強く気温以上に寒く感じることが多いので、街歩きや絶景ドライブを楽しむなら、薄手のレインウェアなど、気軽に羽織れるものを用意するのがおすすめです!
吉原徹

ヒストリックスポット ★★★★★
カルチャー ★★★★★
マーベラスビュー ★★★★★
リラックス ★★★★
グルメ&ショッピング ★★★★★

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

気持ちをシェアしよう!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

モデルプラン 記事一覧

ClipRanking

オセアニア・太平洋

食マニアの現地編集者が語る「メルボルンを100%味わう」コツ

文化と自然を楽しむメルボルン

メルボルンの夜景

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ