はじめてのハワイは、やっぱりここから!みんな大好き!ホノルルの旅
  • 海外

317

はじめてのハワイは、やっぱりここから!みんな大好き!ホノルルの旅

2016.04.10

どこまでも雄大な自然や島々で育まれてきた独自の文化、そして南国ならではのスローで穏やかな空気感……。多彩な魅力で多くの旅人を惹きつけるハワイ。その玄関口として愛されるのが、オアフ島に位置するハワイ州の州都・ホノルルです。ハワイ好きなら、誰もが一度は訪れるこの街の魅力をご紹介します。

“はじめてのハワイ”にぴったりの街・ホノルル

※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

オアフ島の南島部に位置し、ハワイ州の州都に指定されるホノルル。かつてはハワイ王国の首都が置かれたこともあるこの街は、古くからハワイの経済や文化、政治の“中心”として親しまれる場所です。また、日本からハワイへの国際線はすべてホノルル国際空港に到着し、ここからカウアイ島やモロカイ島、ラナイ島、マウイ島、ハワイ島への定期航空便が発着すること、ホノルルはハワイの“玄関口”と感じる人も多いことでしょう。

ハワイの“中心”であり“玄関口”でもあるホノルル。はじめてハワイを旅するのなら、まずはこのエリアとじっくり向き合ってみるのがおすすめです。数多くの観光名所やショッピングスポットなどが点在するホノルルには、ワイキキを中心に「これぞハワイ!」と言いたくなるようなリゾートのエッセンスがいっぱい。ぎゅっと凝縮されたハワイの魅力を、気軽に楽しめるからです。ホテルやショップで日本語が通じやすく、ワイキキトロリーをはじめ、ハワイ旅ビギナーでも安心して利用できる交通機関も整備されていることもこの街の大きな魅力。キッズやシニアに優しい設備を備えたホテルも多いので、ファミリー旅行や三世代旅行にも適した街といえるでしょう。

ハワイ象徴する観光名所が目白押し!

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

世界各国から旅人が集まり、日々華やかな雰囲気に包まれるホノルル。この街が多くの人々を魅了する理由のひとつが、エリア内に充実する観光名所の存在です。たとえば、オアフ島のシンボルとして愛される「ダイヤモンドヘッド」は、ホノルル滞在中に何度も目にするランドマーク。1時間半ほどで往復できるハイキングコースが整備されており、山上から眺めるワイキキの街並みは絶景です。

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

また、約4kmに渡って美しい浜が続く「ワイキキ・ビーチ」は、世界で最も有名なビーチといっても過言ではない場所。ビーチ沿いには数多くのリゾートホテルが建ち並び、周辺には「ホノルル動物園」や「ワイキキ水族館」などの観光施設も点在しています。このほか、夕陽の名所として知られる「アラ・モアナ・ビーチ・パーク」やオアフ島東端のビュースポット「マカプウ・ポイント灯台」など、美しい自然を感じられる名所が、ホノルルには点在しているのです。

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

かつてハワイ王国の首都が置かれたホノルルには、歴史や文化の香り漂う観光スポットもたくさんあります。ホノルルのダウンタウンに位置する「イオラニ宮殿」は、米国唯一の王族の公邸として知られる歴史的建造物。美しく気品に満ちた宮殿内は、一般にも公開されており、日本語見学ツアーなども行われています。「イオラニ宮殿」の向かいには、19世紀にハワイ諸島を統一したカメハメハ大王の像があるので、こちらも要チェックです。

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

©Hawaii Tourism Authority(HTA)/ Tor Johnson

また、ハワイの歴史や伝統文化にふれるなら、何百万点もの伝統工芸品や史料を収蔵する「ビショップ・ミュージアム」へ。プラネタリウムやサイエンス・アドベンチャーセンターなどもあるため、キッズも大喜び間違いなしです。

ショッピングやグルメも南国リゾートの大きな喜び

※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

ホノルル旅の醍醐味といえば、やっぱりショッピングははずせません。“ショッピング天国”のホノルルには、セレブ御用達の高級デパート「ニーマン・マーカス」をはじめ、個性豊かな店舗が軒を連ねる「アラ・モアナ・センター」やリゾートムード満点のショッピングエリア「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」、2008年にオープンした「ロイヤル・ハワイアン・センター」、数々のハイブランドが店を構える「ラグジュアリー・ロウ」など、個性豊かな大規模ショッピングモールが多彩に揃っています。また、地元っこに大人気のディスカウントストア「ロス・ドレス・フォーレス」では、多彩な衣料品が20%~60%オフなんてことも!センスの良い掘り出しが見つかると大評判。「ウォルマート」や「ホール・フーズ・マーケット」などのスーパーマーケットには、ハワイならではの日用品や食品が充実。おみやげ探しにももってこいです。

また、充実するグルメも、ホノルルステイの大きな楽しみです。ハワイ伝統の豚の蒸し焼き「カルア・ポーク」やマグロやカツオを香味野菜とともに漬けにした「ポキ」、ボリューム満点の「ロコ・モコ」やハワイ生まれの麺料理「サイミン」などのハワイアンフードは、ぜひとも味わっておきたいところ。ワイキキ東地区の「カパフル通り」などには、ローカルフードの名物食堂が軒を連ねているので、ぜひ足を運んでみてください。このほかにも、スターシェフが腕をふるう高級レストランや、早起きしてでも訪れたいパンケーキの名店、フレッシュなフルーツ……など、ホノルルの旅を彩るグルメは実に多彩。滞在中、「明日は何を食べようかなぁ」と悩むことも、ホノルルステイならではの嬉しいひとときです。

便利で見どころが多く、ショッピングやグルメも充実するのがホノルルの魅力。はじめてのハワイを思い切り楽しむなら、やっぱりこのエリアが正解なのです。

注目のイベント

2016年4月10日

ホノルルハーフマラソン ハパルア2016(オアフ島)

ワイキキ・ビーチを起点に行われるハーフマラソン大会。ビギナーからベテランまで、日本人ランナーも多数参加するイベント。

2016年4月15日~17日

第8回マウイ ハワイアン スティール ギター フェスティバル(マウイ島)

マウイ島のカアナパリビーチで開催されるハワイアンミュージックの祭典。コンサートのほか、ワークショップなども開催される。

2016年4月23日

ギャビー パヒヌイ ワイマナロ カニカピラ(オアフ島)

フラとハワイアンミュージックをテーマに、オアフ島のワイナマロ・ビーチ・パークで開催されるイベント。フードやクラフトなどのブースも出店する。

2016年4月23日~25日

第15回フラ ホオラウナ アロハ(オアフ島)

日本のハラウ(フラ教室)のために開催される年に1度の祭典。コンペティションのほか、エキシビジョンやワークショップなどが行われる。

※写真はイメージです。

ひとことコメント

はじめてのハワイを思う存分楽しむなら、ぜひとも時差ボケ対策を万全に! 日本とハワイには19時間の時差があり、日本を夜に出て、ハワイに朝到着する便が一般的。アイマスクや枕などのアイテムを用意して機内でぐっすりと寝ることが、時差ボケ解消の第一歩。また、アーリーチェックインのホテルなどを利用し、初日は無理せず体を休めることも、旅を楽しむためのポイントです!

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ