カリブ海の誘惑
  • 海外

7

カリブ海の誘惑

2018.02.08

記事をクリップ

SNSで共有する

  • クリップ一覧
閉じる

北米と中南米の間に位置し、青く澄んだ海にいくつもの島々が浮かぶカリブ海地域。メキシコやジャマイカ、キューバ……など、一度は訪れてみたい憧れの国々が点在するこのエリアには、旅人を惹きつけてやまないいくつもの魅力があります。カリブ海が世界中の人々に愛される理由を、5つのテーマに分けてご紹介します。

澄んだ海と純白の砂。楽園のようなビーチが多数!

メキシコ湾の南に広がるカリブ海は、大小700以上もの島々が浮かぶ多島海。このエリアが旅人を魅了する最大の理由といえば、なんといっても海の美しさでしょう。熱帯気候に位置し、一年を通して日照に恵まれるカリブ海には、青い海と白い砂が織りなす楽園のようなビーチが、数多く点在しているのです。多様な島々で構成されるカリブ海には、実にさまざまな個性を持ったビーチがあります。例えばメキシコのユカタン半島に位置する「カンクン」の「プラヤ・デルフィネス」やジャマイカの「モンテゴベイ」にある「ドクターズ・ケーブ・ビーチ」はリゾートムード満点の人気ビーチ。

また、タークス・カイコス諸島の「グレース・ベイ」など、知る人ぞ知る美しいビーチもあります。ターコイズブルーからコバルトブルーへと美しいグラデーションを描くカリブ海のビーチは、一度目にしたら忘れられないほどの美しさ。サンゴが発達しているエリアも多いので、スノーケリングやダイビングを楽しむのもおすすめです!

世界のVIPを魅了する美しきリゾート地の数々。

燦々と降り注ぐ太陽の下、極上のビーチでラテン音楽を聞きながらゆったりとくつろぐ……。カリブ海にはそんな至福のリゾートを楽しめるエリアが、豊富に揃っています。例えばメキシコの「カンクン」は、カリブ海を象徴する大型リゾート。アットホームなホテルからラグジュアリーホテルまで、旅のスタイルに合わせて選べる多種多様なリゾートが揃っています。日本からのアクセスも良く、周辺に多くの見どころがあることも魅力です。また、ジャマイカの「モンテゴベイ」もバリエーション豊かなリゾートが楽しめるおすすめのエリア。マリンスポーツからゴルフまで、さまざまなアクティビティを体験できるのもポイントです。このほか、キューバ最大のビーチリゾート「バラデロ」やバハマの「ナッソー」なども、近年人気急上昇中のリゾートです。いずれのリゾート地にも世界水準の高級リゾートがひしめき合っているので、ハネムーンなどの特別な旅先として選んでみるのもおすすめです。

ビーチリゾート×世界遺産を楽しめる。

せっかくカリブ海まで足をのばすのだから、ビーチリゾート以外の旅の楽しみも味わいたい!カリブ海には、そんな旅心を満足させるさまざまな見どころがあります。例えば「カンクン」を訪れるのなら、ぜひユカタン半島に位置する「古代都市チチェン・イッツァ」に足を運んでみるのがおすすめです。マヤ文明が残した巨大ピラミッド「カスティーヨ」をはじめとする遺跡群は、中南米を代表する世界遺産のひとつです。また、ユカタン半島には地表にできた陥没穴に地下水などが溜まってできた“セノーテ”も点在。真っ青な水に満たされた神秘の泉でスノーケリングを楽しむことができます。いずれもカンクンからの日帰りツアーなども利用できるので、手軽に訪れられることも魅力です。このほかにも、ジャマイカで世界遺産の「ブルーマウンテン」を訪れたり、キューバの首都ハバナで世界遺産「オールド・ハバナとその要塞群」を見学したり……。ビーチリゾート×世界遺産という贅沢な旅を叶えられることも、カリブ海ならではの魅力です。

旅情を盛り上げるラテンミュージックの音色。

カリブ海の旅は、常にラテンミュージックの音色とともにあります。ジャマイカのレゲエやトリニダード・トバゴのカリプソ、キューバのサルサ、メキシコのマリアッチ……など、ときに陽気でときに哀愁に満ちたラテン音楽は、旅情を掻き立てる最高のスパイス。カリブ海各地のリゾートエリアや都市部では、生演奏を楽しめるライブハウスや地元の人々で賑わうナイトクラブなども多数!ぜひ現地の熱気に触れてみてください。また、レゲエ好きならジャマイカの首都キングストンにある「ボブ・マーリー博物館」はマスト。ボブ・マーリーが実際に住んでいた家を利用したミュージアムは、ボブ・マーリーファンなら涙モノの空間です。

新鮮な海の幸からスパイシーな肉料理まで!

おいしい料理やお酒との出合いも、カリブ海の大きな魅力のひとつです。メキシコの「カンクン」で新鮮な海の幸のバーベキューを楽しんだり、ジャマイカの「モンテゴベイ」でスパイシーな名物料理ジャークチキンを味わったり、キューバの「バラデロ」で家庭的な豆料理フリホーレスに挑戦してみたり……。カリブ海では国や地域ごとにさまざまな名物料理があるので、ぜひ色々な料理にトライしてください。

また、カリブ海周辺はお酒が美味しいことでも有名。強烈な日差しの下で味わうビールはもちろんですが、メキシコのテキーラやジャマイカやキューバのラムなどのスピリッツを使ったカクテルも豊富です!

注目のイベント

2018年3月20日

ククルカンの降臨

世界遺産「古代都市チチェン・イツァ」のピラミッド「カスティーヨ」で1年に2度、春分の日と秋分の日にだけ見ることのできる現象。ピラミッドに落ちる影がククルカン(羽毛をもつ蛇の神)が降臨しているように見える神秘的な光景を望むことができる。

ひとことコメント

年間を通じて温暖なカリブ海周辺には、乾季(11月〜4月)と雨季(5月〜10月)があります。乾季は特に陽射しが厳しいので暑さ対策は必須。雨季はスコールに備えて雨具などを用意するのがおすすめです。また、8月〜10月はハリケーンの時期なので、この時期に旅するなら天気のチェックをお忘れなく。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

ここに行くならこのツアー

地上の楽園カリブ海ツアー特集

息を呑むようなブルーパラダイスで時間を忘れてラグジュアリーな休日をお過ごしください。

気持ちをシェアしよう!

コメントを書く・みんなのコメントを読む

アメリカ 記事一覧

ClipRanking

アメリカ・カナダ・中南米

ウユニ塩湖の夕景

カリブ海の誘惑

再熱するNYのビール文化。ディープなバー巡りでクラフトビールを味わう

ニューヨーク在住デザイナーが注目する街・トライベッカを巡る

アメリカ、憧れの名門ゴルフコースへ

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ