独自の文化と自然に遊ぶ! 種子島
  • 国内

51

鉄砲伝来から宇宙開発まで!

独自の文化と自然に遊ぶ! 種子島

2014.10.20

鹿児島市から南へ約115kmに位置する種子島は、鉄砲伝来の歴史や日本最大のロケット発射場「種子島宇宙センター」の存在などで知られる島。美しい海に囲まれた島で、独自の文化や自然を楽しむ島旅を!

1

9:00

種子島シーカヤックセンター

所要時間約3時間

種子島の自然と文化を楽しむ旅。まずは、「種子島シーカヤックセンター」のシーカヤック半日ツアーで、南の島の美しい自然を体験しよう。日本海水浴場88選にも選ばれる浦田ビーチや日本最北端のマングローブ自生地として知られる湊川など、その日のコンディションによってコースはさまざま。いずれも絶景と冒険気分を楽しめるツアー内容となっている。熟練のガイドが案内してくれるので、ビギナーでも安心だ。

DATA

種子島シーカヤックセンター(ランドアース)

住所 鹿児島県西之表市西之表字古園6387-40
Tel 0997-23-5139
時間 シーカヤック半日コース9:00~12:00、13:00~16:00
休日 要予約(悪天候などによる中止あり)
料金 シーカヤック半日コース8,000円(用具レンタル・保険料込み)
アクセス 種子島空港より車で約40分

車で約5分

2

12:05

種子島開発総合センター(鉄砲館)

所要時間約30分

続いては種子島の歴史を知るために「種子島開発総合センター」へ。鉄砲伝来ゆかりの南蛮船をモチーフにした個性的な建物の中には、ポルトガルから初めて日本に伝来した鉄砲や国内で初めて生産された火縄銃をはじめ、世界各地から集めた貴重な古銃が展示されている。そのほか、種子島の歴史や自然にまつわる資料も揃っているので、ぜひ立ち寄ろう。

DATA

種子島開発総合センター(鉄砲館)

住所 鹿児島県西之表市西之表7585
Tel 0997-23-3215
時間 8:30~17:00(入館は~16:30)
休日 毎月25日(7・8月は除く)、資料整理日等
料金 大人420円、高校生270円、小・中学生130円
アクセス 種子島空港より車で約35分

車で約40分

3

13:15

八千代寿司

所要時間約45分

続いては、島間漁港で水揚げされた魚介類をはじめ、地元食材を使ったランチが人気の「八千代寿司」へ。毎日、市場から直送される魚介類を使った刺身定食や寿司定食、日替わりの花籠ランチ、地魚を使ったコースなどがおすすめ。春のミズイカやトビウオ、夏のアオハタやヒメダイ、秋のキビナゴやイセエビ、冬のアラやアサヒガニなど、種子島ならではの四季の味覚を楽しもう。

DATA

八千代寿司

住所 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5297-47
Tel 0997-27-0066
時間 11:30~14:00(13:30L.O.)、17:00~23:30(23:00L.O.)
休日 火曜(7月・8月・11月・12月は予約制)
料金 朝取り立て刺身定食972円、朝取り立て寿司定食972円、日替わりの花籠ランチ972円、地魚を使ったコース1,620円~など ※日替わりの花籠ランチ以外はすべて予約制
アクセス 種子島空港より車で約20分

車で約25分

4

14:25

千座の岩屋

所要時間約20分

種子島の東海岸に位置する「千座の岩屋(ちくらのいわや)」は、島を代表する名勝のひとつ。太平洋の荒波が長い年月をかけて作り上げた海蝕洞窟は、その名の通り1,000人が座って入れるほどの広さから名付けられている(現在は砂の堆積により1,000人が座るスペースはない)。干潮時には洞窟の奥まで歩いて入っていくことができるため、自然の雄大な営みを感じながら、探検気分が楽しめる。「千座の岩屋」を訪れる際は、事前に干潮時刻を確認しておこう。

DATA

千座の岩屋

住所 鹿児島県熊毛郡南種子町平山浜田
Tel 0997-26-1111(南種子町観光課)
時間 見学自由(洞窟に入れるのは干潮時のみ)
休日 なし
料金 無料
アクセス 種子島空港より車で約40分

車で約25分

5

15:10

種子島宇宙センター宇宙科学技術館

所要時間約1時間30分

続いては、いよいよ日本最大のロケット発射場として知られる「種子島宇宙センター」内にある「種子島宇宙センター宇宙科学技術館」へ。宇宙開発をテーマに数々の展示を行う館内では、日本の主力大型ロケットH-ⅡAロケットの打ち上げの様子を映像や音響で臨場感豊かに追体験できる「ロケット打ち上げシアター」をはじめ、人工衛星や国際宇宙ステーション計画などに関する見どころがある。また、宇宙関連のグッズの販売を行うミュージアムショップも人気。宇宙へのロマンをかき立てられるスポットだ。

DATA

種子島宇宙センター宇宙科学技術館

住所 鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永宇麻津
Tel 0997-26-9244
時間 9:30~17:00(7~8月は~17:30)
休日 月曜(祝日の場合は翌日休み)、8月は原則無休、年末年始(12月29日~1月1日)
料金 入館無料
アクセス 種子島空港より車で約50分

車で約25分

6

17:05

門倉岬

所要時間約45分

種子島の文化と自然をめぐる旅。1日の締めくくりに訪れたいのが、1543年に鉄砲が伝来した場所として知られる「門倉岬」だ。種子島の最南端に位置するこの岬の周辺は公園として整備されており、断崖絶壁の上から海の大パノラマを望む展望スポットとしても人気。鉄砲伝来紀功碑や御崎神社などの見どころもあるので、ゆっくりと旅の一日を振り返ろう。

DATA

門倉岬

住所 鹿児島県熊毛郡南種子町西之
Tel 0997-26-1111(南種子町観光課)
時間 入場自由
休日 なし
料金 無料
アクセス 種子島空港より車で約1時間

全体マップ

立ち寄りスポット

天女ヶ倉展望所

見る 天女ヶ倉展望所

西之表市安納の高台に位置し、種子島で最も高い場所に位置する展望スポットとして人気。「天女ヶ倉(あまめがくら)展望所」からは、東海岸の海をはじめとする360°の大パノラマが楽しめる。ハングライダーやパラグライダーの離陸地としても人気が高い。

DATA

天女ヶ倉展望所

住所 鹿児島県西之表市安納
Tel 0997-22-1111(西之表市観光課)
時間 入場自由
休日 なし
料金 無料
アクセス 種子島空港より車で約1時間10分
なかたねふれあいの里

見る なかたねふれあいの里

「なかたねふれあいの里」は、種子島の中央部に位置する滞在型体験施設。広々とした園内には、宿泊用ロッジ3棟のほか、園内の「黒糖伝承館」では、12月~翌3月までのさとうきび収穫期間に、黒糖製造体験が楽しめる。

DATA

なかたねふれあいの里

住所 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5930
Tel 予約0997-27-3800(中種子町公共施設管理公社)
時間 8:30~17:15(黒糖製造体験は要予約)
休日 12月28日~1月3日
料金 入場無料、宿泊料金1泊2日基本料金6人部屋7,000円(税抜)、8人部屋9,000円(税抜)、宿泊1名あたり1,000円(税抜)、黒糖製造体験1工程1,000円(税抜)、原料費1,000円(税抜)
アクセス 種子島空港より車で約15分

ひとことコメント

2014年11月30日に種子島宇宙センター大型ロケット射場で打ち上げ予定の小惑星探査機「はやぶさ2」をはじめ、打ち上げの瞬間を見学できるのも種子島旅行の醍醐味。今後の打ち上げ予定などは、JAXAのホームページで確認しよう!
吉原徹

ヒストリックスポット ★★★★
カルチャー ★★★★
マーベラスビュー ★★★★★
リラックス ★★★★★
グルメ&ショッピング ★★★★★

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ