路線バスで巡る長崎 佐世保・平戸の旅
  • 国内

3

西村愛のゴーゴートリップ

路線バスで巡る長崎 佐世保・平戸の旅

2019.10.24

佐世保駅から路線バスに乗り約1時間半。長崎県北部、平戸瀬戸にかかる大きな赤い橋「平戸大橋」を渡り、本土から平戸島へ。古くから海外と交流を行っていた日本初の貿易港・平戸港は、16世紀には国際色豊かな日本の玄関口として繁栄しました。異国情緒と、城下町である島の雰囲気を感じられる街を散策します。

佐世保から路線バスで、異国情緒あふれる平戸島へ。

  • 路線バスで島を渡るのも珍しくなくなってきたこの連載…。佐世保から路線バスを使い、平戸島へと到着しました。西肥バスのバス停は、オランダの国旗を上下逆にした色になっているのですが偶然でしょうか??

  • パッと目に飛び込んでくるのは山頂近くから存在感を放つ「平戸城」。どこからでも見えるランドマーク的お城です。

  • 海岸に最も近い道「海岸通り」やそれに沿うバスやフェリーのターミナルは、埋め立てられたエリア。旧市街地にあたるのはそこから山手にあたる「オランダ商館通り」で、古い家々が並ぶ風情ある道です。

  • オランダ商館通りはその名前通り、道沿いに歩いていくと「平戸オランダ商館」に到着します。これは1639年に建てられた倉庫の復元です。当時はオランダ商館関連施設が港沿いにたくさん並んでいたということです。

  • 日本初の南蛮貿易港であった平戸。日本とオランダとの貿易が始まったのもここが最初です。昔の地図に描かれている旗の場所にオランダ商館がありました。この絵を見ると、港を中心に海沿いに街が出来ていることがわかります。

  • 「こしょろジャガタラ文」。禁教令の下、外国人と結婚した女性やその子供たちは国外追放になりました。流されたジャガタラ(ジャカルタ)から故郷を思いその悲しくも切ない気持ちを更紗にしたため、ふくさに縫い合わせてこっそりと日本へ送ったのがコチラ。とても珍しいものです。

  • 海岸沿いには「ジャガタラ娘像」もあります。たくさんの西洋人が行き来していた平戸では外国人と日本人が結婚し、その子供が生まれることも珍しくなかったことでしょう。平戸の歴史は様々な運命に翻弄されてきた歴史とも言えます。

  • オランダ商館を後にしてオランダ坂を登ります。商人の街は港沿いにできましたが、武家屋敷などは高い場所に建てられました。坂を登って平戸藩主であった松浦家の私邸へ向かいます。

  • 石垣と白壁が続く豪邸「松浦史料博物館」へ。

  • まずは外から建物を鑑賞。県指定の有形文化財に指定されています。明治26年に建てられたとは思えないほどの保存状態の良さです。

  • 敷地内には茶室「閑雲亭」があります。平戸藩で伝えられてきた茶道流派です。閑雲亭は、第37代松浦詮が明治期に建築しました。

  • わび・さびを感じさせる質素な空間ではありますが、茅葺屋根の一面が垂れ下がったような独特の形で、存在感があります。お茶を一服頂戴します。

  • 鎮信流の作法でいただくお抹茶。鎮信流はお茶を飲んだ後にお菓子を食べるのではなく、お茶を飲む合間にお菓子を食べるそうです。お菓子は平戸の郷土菓子「カスドース」です。

  • カスドースはカステラを揚げて砂糖をまぶしたお菓子。食べた時にざらめのサク…ッとした食感があります。砂糖の甘さが抹茶と相性を引き上げていました。

  • 樹齢は詳しくわかっていないものの、400年を超えるのではないかと言われる大ソテツ。長崎ではソテツの木を良く見かけます。これはカトリックの儀式の中で使うからと教えてもらいました。儀式「枝の主日」にはシュロの葉の代わりにソテツの葉を用いてミサが行われます。

  • まるで灯台のように、どこからでも見える平戸城。次の日は朝早起きして平戸城に登りました。

バスで島へ向かうのも島内をバスで巡るのにも中心になるのが、「平戸桟橋バス停」がある平戸市観光交通ターミナル。観光案内所やタクシー乗り場、フェリー乗り場もある観光の基点であり、さらに周辺には飲食店や土産物店なども立ち並びます。
ポルトガル船が佐世保に入港したのが1550年。平戸藩主であった松浦隆信がポルトガル船との交易を許可し、それ以降西洋との交流が始まりました。その後の平戸は港に面してオランダ商館が立ち並び、貿易の拠点として外国人が行き来する国際色豊かな街へと成長します。当時は平戸から銀がたくさん輸出されていました。外国の文化や人、言葉など全てが珍しかった時代、平戸の人々は外国人と共に平戸の街を大きく発展させました。
平戸では、城を意識して作られることが多い他の城下町とは違い、港を中心にした街が形成されてきました。江戸時代中期に再建された平戸城や、藩主であった松浦氏の私邸は海側からも良く見えたそうです。石垣や城壁、建物はそびえたち、圧倒的な存在感を与え、迫力と威厳を感じさせていたということです。
南蛮文化を受け入れ、貿易により発展していった平戸の様子は、「松浦史料博物館」で見ることができます。中には茶室もありお茶をいただくこともできます。

  • 路線バスで島を渡るのも珍しくなくなってきたこの連載…。佐世保から路線バスを使い、平戸島へと到着しました。西肥バスのバス停は、オランダの国旗を上下逆にした色になっているのですが偶然でしょうか??

  • パッと目に飛び込んでくるのは山頂近くから存在感を放つ「平戸城」。どこからでも見えるランドマーク的お城です。

  • 海岸に最も近い道「海岸通り」やそれに沿うバスやフェリーのターミナルは、埋め立てられたエリア。旧市街地にあたるのはそこから山手にあたる「オランダ商館通り」で、古い家々が並ぶ風情ある道です。

  • オランダ商館通りはその名前通り、道沿いに歩いていくと「平戸オランダ商館」に到着します。これは1639年に建てられた倉庫の復元です。当時はオランダ商館関連施設が港沿いにたくさん並んでいたということです。

  • 日本初の南蛮貿易港であった平戸。日本とオランダとの貿易が始まったのもここが最初です。昔の地図に描かれている旗の場所にオランダ商館がありました。この絵を見ると、港を中心に海沿いに街が出来ていることがわかります。

  • 「こしょろジャガタラ文」。禁教令の下、外国人と結婚した女性やその子供たちは国外追放になりました。流されたジャガタラ(ジャカルタ)から故郷を思いその悲しくも切ない気持ちを更紗にしたため、ふくさに縫い合わせてこっそりと日本へ送ったのがコチラ。とても珍しいものです。

  • 海岸沿いには「ジャガタラ娘像」もあります。たくさんの西洋人が行き来していた平戸では外国人と日本人が結婚し、その子供が生まれることも珍しくなかったことでしょう。平戸の歴史は様々な運命に翻弄されてきた歴史とも言えます。

  • オランダ商館を後にしてオランダ坂を登ります。商人の街は港沿いにできましたが、武家屋敷などは高い場所に建てられました。坂を登って平戸藩主であった松浦家の私邸へ向かいます。

  • 石垣と白壁が続く豪邸「松浦史料博物館」へ。

  • まずは外から建物を鑑賞。県指定の有形文化財に指定されています。明治26年に建てられたとは思えないほどの保存状態の良さです。

  • 敷地内には茶室「閑雲亭」があります。平戸藩で伝えられてきた茶道流派です。閑雲亭は、第37代松浦詮が明治期に建築しました。

  • わび・さびを感じさせる質素な空間ではありますが、茅葺屋根の一面が垂れ下がったような独特の形で、存在感があります。お茶を一服頂戴します。

  • 鎮信流の作法でいただくお抹茶。鎮信流はお茶を飲んだ後にお菓子を食べるのではなく、お茶を飲む合間にお菓子を食べるそうです。お菓子は平戸の郷土菓子「カスドース」です。

  • カスドースはカステラを揚げて砂糖をまぶしたお菓子。食べた時にざらめのサク…ッとした食感があります。砂糖の甘さが抹茶と相性を引き上げていました。

  • 樹齢は詳しくわかっていないものの、400年を超えるのではないかと言われる大ソテツ。長崎ではソテツの木を良く見かけます。これはカトリックの儀式の中で使うからと教えてもらいました。儀式「枝の主日」にはシュロの葉の代わりにソテツの葉を用いてミサが行われます。

  • まるで灯台のように、どこからでも見える平戸城。次の日は朝早起きして平戸城に登りました。

2020年“城ホテル”が誕生!街のシンボル「平戸城」。

  • 津乃上製菓の「平戸城もなか」。お城を見ながら、という楽しい食べ方。平戸城にそっくりなもなか皮につぶあんたっぷり。

  • 亀岡神社側から平戸城へと登ります。前夜の雷雨で相当雨が降った後でしたが、道は整備されていて問題なく登れました。

  • 朝の神社への道はすがすがしく気持ちがいい空気です。

  • 何度も90度カギ型に折れ曲がる城郭までの道を歩きます。美しく復元された石垣が続きます。

  • 城内にある亀岡神社。秋の例大祭は「平戸おくんち」。松浦藩主をお祀りする神社です。

  • いよいよ登城です!が、このチケット売り場あたりも平戸城の見ておくべき重要なスポットなんです。

  • 北虎口門付近の石垣。こちらは現存です。

  • 北虎口門から天守へと続く石垣。こちらも現存です。

  • 平戸城は今後改築に入ります。「懐柔櫓」は外観そのままに中をコンクリート造にし、泊まれる城として、ホテルへと生まれ変わる予定です。

  • 平戸城へ登ると360度とても見晴らしが良いんです。平戸と本土を結ぶ橋「平戸大橋」も見えます。

  • 石垣好きの私も大満足のお城でした!泊まれる城の開業が待ち遠しいです。

平戸城は街のあちこちから様々な角度で眺めることが出来る、ランドマーク的な建物です。
実はこのお城、2020年夏頃に「城ホテル」として生まれ変わる計画があり、今後大きな注目を集めそうなお城なのです。
国内どこを探しても、常に泊まれるホテルとして営業しているお城は今現在なく、この平戸城が「城ホテル」になれば“日本初”。泊まれるようになるのは懐柔櫓(やぐら)で、今後天守閣と共に改築されていきます。海外では古城がコンサートホールやホテルになっているところは珍しくありませんが、日本の城としてはとても斬新で、思い切った計画です。今まで城に興味がなかった人や外国人観光客の関心を集めそうな、楽しい企画です。
ここでご紹介するのは改築前の平戸城。このお城からの絶景をぜひみなさんにも知っていただくべく、天守閣へ登城してきました。海に囲まれた高台にあるお城は眺望をさえぎるものは何もなく、平戸で有名な教会や平戸大橋など、どの方角を見ても平戸の街を一望できる最高のロケーションです!
平戸市内にある和菓子屋さんでは平戸城そっくりな「平戸城もなか」を食べて、さらにお城に親近感を持ちました。

  • 津乃上製菓の「平戸城もなか」。お城を見ながら、という楽しい食べ方。平戸城にそっくりなもなか皮につぶあんたっぷり。

  • 亀岡神社側から平戸城へと登ります。前夜の雷雨で相当雨が降った後でしたが、道は整備されていて問題なく登れました。

  • 朝の神社への道はすがすがしく気持ちがいい空気です。

  • 何度も90度カギ型に折れ曲がる城郭までの道を歩きます。美しく復元された石垣が続きます。

  • 城内にある亀岡神社。秋の例大祭は「平戸おくんち」。松浦藩主をお祀りする神社です。

  • いよいよ登城です!が、このチケット売り場あたりも平戸城の見ておくべき重要なスポットなんです。

  • 北虎口門付近の石垣。こちらは現存です。

  • 北虎口門から天守へと続く石垣。こちらも現存です。

  • 平戸城は今後改築に入ります。「懐柔櫓」は外観そのままに中をコンクリート造にし、泊まれる城として、ホテルへと生まれ変わる予定です。

  • 平戸城へ登ると360度とても見晴らしが良いんです。平戸と本土を結ぶ橋「平戸大橋」も見えます。

  • 石垣好きの私も大満足のお城でした!泊まれる城の開業が待ち遠しいです。

日本にキリスト教を伝えたザビエルの訪問地、平戸の「聖フランシスコ・ザビエル記念教会」。

  • 聖フランシスコ・ザビエル記念教会。平戸にも美しい教会があるのでご紹介していきましょう。今回の旅では個人的にも教会巡りをとても楽しみにやってきました。

  • 平戸はフランシスコ・ザビエルとの関係が深い街。ポルトガルの船が平戸に来航したと聞きつけ、鹿児島にいたザビエルは平戸へと駆け付けました。その際平戸島や生月島で布教したことが始まりで、この地域の住民の多くがそれをきっかけにキリスト教に改宗しました。

  • 教会の敷地内には、平戸殉教者の碑もありました。藩主がキリスト教布教を許したことで多くの信者が生まれた平戸でしたが、それ故弾圧の悲劇も多く、この地域一帯で400人もの人が亡くなったと言われています。

  • 教会の鉄塔を見ると左右対称になっていないと気づきます。これはこの教会の特徴で、建築途中の財政難により写真右側にあるはずの塔の一つが完成しなかったということです。

  • 教会脇にある「ルルド」。フランス南部のルルドの泉はカトリック巡礼地で、それを模したものが長崎の教会には数多く見られます。

  • 教会の裏側にまわり込む道を下っていくと、「寺院と教会風景」という看板が。これはシンボリックな風景が見られる人気のスポットで、私も見てみたいと思っていました。

  • 寺院脇の坂道のどの角度からも見ることが出来る、“ならでは”の景色。現在は修復中でしたが寺院屋根のその先に教会の塔が見えるという風景は長崎らしく、一見の価値ありです。

  • さて、平戸で見てきた他2つの教会もご紹介したいです。どちらも西肥バスで行くことが出来ますが本数は少ないです。最初は紐差教会。規模の大きな教会で、長崎に数々の名教会建築を残した鉄川与助の作品です。

  • 私が聖堂内に入った時はステンドグラスのピンクの色に包まれるような時間帯で神秘的でした。また天井には亀甲のような図柄や古典的な花々が描かれた装飾が施されていて、素晴らしい建物です。

  • お次はレンガ造りの宝亀教会です。こちらはかわいいイメージの教会です。木造建築でファサードにはレンガ、基礎には石が使われています。

  • 中も外も全てにおいて「尖頭アーチ型」で統一されています。内部と同じく鮮やかなステンドグラスがファサードにも使われています。

  • 宝亀教会でもらえるパンフレットはカットすると教会堂の形になるデザインです。ぜひもらって帰りましょう!

フランシスコ・ザビエルを乗せたポルトガル船が鹿児島に来航したことで、キリスト教が伝来したのが1549年。翌年、平戸にポルトガル船が入港したという話を聞いたザビエルは、初めて平戸の地を訪れました。その後も日本各所を布教してまわったザビエルですが、平戸には、日本に滞在した2年間で合わせて3度も訪問したそうです。そんなことで、平戸にはしっかりとキリスト教が浸透していきました。禁教令が敷かれた時代になっても、信者らは潜伏キリシタンとなって脈々と教えを守り伝え続けたのです。
禁教令が解かれると、長崎の各地には次々と教会が建てられました。平戸では紐差教会や宝亀教会などに続いて1931年、「平戸カトリック教会」が建てられました。その後、平戸にキリスト教を布教したザビエルを称え、「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」とも呼ばれるようになったということです。
教会堂の脇に「ルルド」が建てられています。これはフランス「ルルドの泉」を模したもので、キリストの母である聖母マリア信仰の証でもあります。カトリックにはマリア信仰がありますが、長崎では特にマリア信仰が強いと感じました。またこの教会には平戸で殉教した人たちのための碑も建てられていました。
その他にも平戸や、平戸と橋でつながる生月島には多くのキリシタンの歴史が残されています。「寺院と教会を一度に眺められるスポット」も、平戸らしい景色として観光客に人気です。
次のページでは潜伏キリシタン関連の世界遺産スポットへ向かいます。禁教令時代の人々とキリスト教との関わりを学ぶ「世界遺産を巡る定期観光バス」ツアーに参加しました。

  • 聖フランシスコ・ザビエル記念教会。平戸にも美しい教会があるのでご紹介していきましょう。今回の旅では個人的にも教会巡りをとても楽しみにやってきました。

  • 平戸はフランシスコ・ザビエルとの関係が深い街。ポルトガルの船が平戸に来航したと聞きつけ、鹿児島にいたザビエルは平戸へと駆け付けました。その際平戸島や生月島で布教したことが始まりで、この地域の住民の多くがそれをきっかけにキリスト教に改宗しました。

  • 教会の敷地内には、平戸殉教者の碑もありました。藩主がキリスト教布教を許したことで多くの信者が生まれた平戸でしたが、それ故弾圧の悲劇も多く、この地域一帯で400人もの人が亡くなったと言われています。

  • 教会の鉄塔を見ると左右対称になっていないと気づきます。これはこの教会の特徴で、建築途中の財政難により写真右側にあるはずの塔の一つが完成しなかったということです。

  • 教会脇にある「ルルド」。フランス南部のルルドの泉はカトリック巡礼地で、それを模したものが長崎の教会には数多く見られます。

  • 教会の裏側にまわり込む道を下っていくと、「寺院と教会風景」という看板が。これはシンボリックな風景が見られる人気のスポットで、私も見てみたいと思っていました。

  • 寺院脇の坂道のどの角度からも見ることが出来る、“ならでは”の景色。現在は修復中でしたが寺院屋根のその先に教会の塔が見えるという風景は長崎らしく、一見の価値ありです。

  • さて、平戸で見てきた他2つの教会もご紹介したいです。どちらも西肥バスで行くことが出来ますが本数は少ないです。最初は紐差教会。規模の大きな教会で、長崎に数々の名教会建築を残した鉄川与助の作品です。

  • 私が聖堂内に入った時はステンドグラスのピンクの色に包まれるような時間帯で神秘的でした。また天井には亀甲のような図柄や古典的な花々が描かれた装飾が施されていて、素晴らしい建物です。

  • お次はレンガ造りの宝亀教会です。こちらはかわいいイメージの教会です。木造建築でファサードにはレンガ、基礎には石が使われています。

  • 中も外も全てにおいて「尖頭アーチ型」で統一されています。内部と同じく鮮やかなステンドグラスがファサードにも使われています。

  • 宝亀教会でもらえるパンフレットはカットすると教会堂の形になるデザインです。ぜひもらって帰りましょう!

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ