やっぱりレンタカーは使わない!自転車で旅する久米島
  • 国内

69

西村愛のゴーゴートリップ

やっぱりレンタカーは使わない!自転車で旅する久米島

2018.07.13

最後の記事になってしまいましたがまだまだお伝えしたい久米島が沢山あります。昨年から始まったこの連載「西村愛のゴーゴートリップ」ですが、なんと旅程全日で一度も雨が降らなかったのはこの久米島が初!ということで、写真が撮れすぎてしまったのです(笑)今回の旅ではほぼ自転車で島一周、また徒歩で、そして船で離島まで行くことが出来ました。さらに久米島のグルメ、どこでも絵になる美しい久米島の景色。最後にまとめてご紹介します!

島の南側は比較的平たんで自転車向き。五枝の松までサイクリング。

  • この日もさとうきび畑を通るところからスタート。癒しの景色。

  • 道路わきにこんな感じの休憩所が作られています。周囲は緑と花に囲まれた楽園です。

  • じんじんロード。イーフビーチと共に久米島の栄えた2大エリア。しかし少しシャッター街となっています。

  • 石敢當(いしがんとう)がところどころに見られました。

  • 「五枝の松」へ到着!

  • 大きな松!…というと背が高いものを想像しますが、この五枝の松は地を這うように横へ広がり、さらに美しく剪定されて巨大な盆栽のようです。

  • うねうねとした幹。

  • 琉球松という種類で葉が長い。樹齢は250年。

  • 松の奥に祠がありました。

  • 学校もさとうきび畑の隣。

  • 途中浜へ寄り道。「アーラ浜」です。夕日のスポットでもあるとのこと。

  • 小さい浜ですが、行くまでの道がとても趣ありました!

  • ちょうど引き潮のタイミング。小さくてちょうどいい大きさの浜でした。

リゾートホテル久米アイランドからさとうきび畑を抜けて儀間エリア・じんじんロードから五枝の松を目指します。道中、休憩所がいくつもあり自転車を使っての島旅にはとても良いと思いました。沖縄らしい魔除けの「石敢當(いしがんとう)」やおしゃれなカフェ、美味しいかき氷などに寄り道しながら樹齢250年の「五枝の松」まで。
五枝の松はパワーを感じるうねうね感と生命力。のどかな場所にあります。

  • この日もさとうきび畑を通るところからスタート。癒しの景色。

  • 道路わきにこんな感じの休憩所が作られています。周囲は緑と花に囲まれた楽園です。

  • じんじんロード。イーフビーチと共に久米島の栄えた2大エリア。しかし少しシャッター街となっています。

  • 石敢當(いしがんとう)がところどころに見られました。

  • 「五枝の松」へ到着!

  • 大きな松!…というと背が高いものを想像しますが、この五枝の松は地を這うように横へ広がり、さらに美しく剪定されて巨大な盆栽のようです。

  • うねうねとした幹。

  • 琉球松という種類で葉が長い。樹齢は250年。

  • 松の奥に祠がありました。

  • 学校もさとうきび畑の隣。

  • 途中浜へ寄り道。「アーラ浜」です。夕日のスポットでもあるとのこと。

  • 小さい浜ですが、行くまでの道がとても趣ありました!

  • ちょうど引き潮のタイミング。小さくてちょうどいい大きさの浜でした。

久米島グルメ!海洋深層水から得られる食の恵みからご当地らしいスイーツまで。

  • リゾートホテル久米アイランドのすぐお隣「スリーピース」が久米島最初のごはんでした。

  • 南国風なこの建物がたまらない!

  • 風が吹き込む野外レストラン。今はやりのダイニングアウトですね。

  • 久米島そば。食べたかったのコレ。

  • ほろほろのお肉。お肉。お肉。3枚入っているので3回言いました!

  • スープは豚骨とかつおベース。あっさりしているのでお肉の美味しさ、麺の香りが引き立ちます。

  • 自然と一体。鳥が頻繁に遊びにやってきてました。

  • こちら、沖縄養殖日本一の車海老の塩焼き。

  • 色んなお店で食べることが出来ますよー。身がやわらかい。

  • そして、やっとやっと食べられた「夜光貝」。前回沖縄で食べそびれてました。

  • まさに食感はアワビですね~。バターソテーおいしー。

  • こちらも不思議な食べ物でした。「魚の皮」というメニュー。鮪の皮なのだそうです。色んなアレンジありました。

  • 車海老、夜光貝、魚の皮をいただいたのはイーフビーチの居酒屋さん、波路でした。

  • イーフビーチは居酒屋さんが多いです。

  • こちら変わりまして自転車旅の途中。嘉手刈(かでかる)地区の住宅街にあるカフェ・スモーカーカ。

  • スウェーデン料理のお店です。英語しか通じませんが、私でも結構通じました。

  • とっても居心地が良く、笑顔のアンナさんが迎えてくれます。

  • 日替わりランチをいただきます。

  • 自家製のパン、サラダ、フムス(ひよこ豆のペースト)。

  • この日はひき肉とトマトのカネロニ。元気で香りの良いイタリアンパセリがどっさり。

  • ミートソースと大きなマカロニ。

  • ボリューミーでおなか一杯。お客さんも多かったです。途中、ヨンナーサイクルの方もいらっしゃいまして言葉を交わしました。島内では一度会った方にまた会ったりと、いい感じのコミュニケーションが取れました。

  • またまたお店が変わり、ざるもずく。やはり久米島ではもずくを食べておかないとー。

  • 手作りの胡麻ポン酢につけて食べるスタイル。つけ麺みたいな食べ方ですよね。

  • 久米島赤鶏。島で育てられた地鶏。オススメの塩焼き、とてもおいしかった!必食です。

  • サクナの胡麻あえ。人生2度目の長命草。久米島ではサクナと呼びます。程よく苦みがあり美味しいです。

  • ざるもずく自家製たれ、久米島赤鶏、サクナをいただいたのはイーフビーチの亀吉でした!

  • 暑すぎる…!ということで、自転車旅途中で立ち寄ったちぃとぅ処 福屋がじゅまる。

  • 仲泊にあります。イーフビーチから空港へ向かう途中、五枝の松へ行く立ち寄りスポットでした。

  • お土産屋さんも併設されています。

  • 元祖みそクッキーのお店なのです。隣には製造工場もありました。

  • 「氷ぜんざい」。沖縄のぜんざいはかき氷。豆は小豆ではなく金時豆です。とっても存在感あります。黒糖と練乳がけでさっぱりです。

  • イーフビーチのおいしいパン屋さん!ここのパンはとてもおいしかったです。

  • バーっぽい雰囲気ですがカフェ営業していました。

  • 国産小麦にこだわるパン。

  • パンを売り切ったら終わりのようでした。しかし次々と買いに来る人たち。

  • 私もオーダー。2種類。どちらも美味しくて、もう少し買って帰ればよかった…。

  • ソーセージのパン。スパイシーな味付け。

  • バターがたっぷり効いた紅芋パン。

  • 久米島珈琲もありました。

  • イーフビーチにあります、くくるパン。オススメします!

涼しい風が吹き込むオープンエアのお店で食べた「久米島そば」、海洋深層水で養殖された日本一の「車海老」「海ぶどう」、島の近海で育った「もずく」、静かな住宅街にひっそりと潜むスウェーデン料理カフェでの「日替わりランチ」、久米島育ちの地鶏「久米島赤鶏」、暑い日に食べたい「氷ぜんざい」。
一気にご紹介します!

  • リゾートホテル久米アイランドのすぐお隣「スリーピース」が久米島最初のごはんでした。

  • 南国風なこの建物がたまらない!

  • 風が吹き込む野外レストラン。今はやりのダイニングアウトですね。

  • 久米島そば。食べたかったのコレ。

  • ほろほろのお肉。お肉。お肉。3枚入っているので3回言いました!

  • スープは豚骨とかつおベース。あっさりしているのでお肉の美味しさ、麺の香りが引き立ちます。

  • 自然と一体。鳥が頻繁に遊びにやってきてました。

  • こちら、沖縄養殖日本一の車海老の塩焼き。

  • 色んなお店で食べることが出来ますよー。身がやわらかい。

  • そして、やっとやっと食べられた「夜光貝」。前回沖縄で食べそびれてました。

  • まさに食感はアワビですね~。バターソテーおいしー。

  • こちらも不思議な食べ物でした。「魚の皮」というメニュー。鮪の皮なのだそうです。色んなアレンジありました。

  • 車海老、夜光貝、魚の皮をいただいたのはイーフビーチの居酒屋さん、波路でした。

  • イーフビーチは居酒屋さんが多いです。

  • こちら変わりまして自転車旅の途中。嘉手刈(かでかる)地区の住宅街にあるカフェ・スモーカーカ。

  • スウェーデン料理のお店です。英語しか通じませんが、私でも結構通じました。

  • とっても居心地が良く、笑顔のアンナさんが迎えてくれます。

  • 日替わりランチをいただきます。

  • 自家製のパン、サラダ、フムス(ひよこ豆のペースト)。

  • この日はひき肉とトマトのカネロニ。元気で香りの良いイタリアンパセリがどっさり。

  • ミートソースと大きなマカロニ。

  • ボリューミーでおなか一杯。お客さんも多かったです。途中、ヨンナーサイクルの方もいらっしゃいまして言葉を交わしました。島内では一度会った方にまた会ったりと、いい感じのコミュニケーションが取れました。

  • またまたお店が変わり、ざるもずく。やはり久米島ではもずくを食べておかないとー。

  • 手作りの胡麻ポン酢につけて食べるスタイル。つけ麺みたいな食べ方ですよね。

  • 久米島赤鶏。島で育てられた地鶏。オススメの塩焼き、とてもおいしかった!必食です。

  • サクナの胡麻あえ。人生2度目の長命草。久米島ではサクナと呼びます。程よく苦みがあり美味しいです。

  • ざるもずく自家製たれ、久米島赤鶏、サクナをいただいたのはイーフビーチの亀吉でした!

  • 暑すぎる…!ということで、自転車旅途中で立ち寄ったちぃとぅ処 福屋がじゅまる。

  • 仲泊にあります。イーフビーチから空港へ向かう途中、五枝の松へ行く立ち寄りスポットでした。

  • お土産屋さんも併設されています。

  • 元祖みそクッキーのお店なのです。隣には製造工場もありました。

  • 「氷ぜんざい」。沖縄のぜんざいはかき氷。豆は小豆ではなく金時豆です。とっても存在感あります。黒糖と練乳がけでさっぱりです。

  • イーフビーチのおいしいパン屋さん!ここのパンはとてもおいしかったです。

  • バーっぽい雰囲気ですがカフェ営業していました。

  • 国産小麦にこだわるパン。

  • パンを売り切ったら終わりのようでした。しかし次々と買いに来る人たち。

  • 私もオーダー。2種類。どちらも美味しくて、もう少し買って帰ればよかった…。

  • ソーセージのパン。スパイシーな味付け。

  • バターがたっぷり効いた紅芋パン。

  • 久米島珈琲もありました。

  • イーフビーチにあります、くくるパン。オススメします!

久米島の絶景をまとめて。

那覇空港から飛行機で30~35分飛んだだけで、一気にのんびり穏やかな島時間。
美しい海と白いビーチ、咲き乱れる花々にとてもリラックスできた旅でした。周囲24キロほどしかない島なので規模的にもまわりやすく、自転車でも十分。バスは残念ながら本数が少ないのですが、上手く使えばぐっと楽になります。
女性ひとり旅の人が多かったのも新鮮!ホテル滞在型でもがつがつアクティビティ型でも、どちらでも楽しめるリゾートでした。
最後はパラパラと雑誌をめくるように写真を見ていただければ幸いです。
夏には直行便でさらに行きやすく。
非日常の時を満喫できる島、久米島レポートでした!

全体マップ

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ